お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

赤い影

G
  • 字幕

イギリス。バクスター夫妻は、突如として愛娘クリスティンを水難事故で失ってしまう。数ヶ月後、ジョンは妻ローラを連れ、教会修復の仕事でイタリアのベニスへと赴いていた。ある日、夫妻は年老いた姉妹と邂逅する。姉ウェンディ曰く、盲目の妹ヘザーには霊感があり、赤いレインコートを着た亡き娘さんの姿が視えるというのだ。その後、姉妹と再会したローラは、亡き娘の言葉を借りたヘザーから「ベニスを去らなければ、ジョンの身に危険が降りかかる」と忠告される。ジョンはその警告に取り合わず、ローラは不安になるのだった。

詳細情報

原題
DON’T LOOK NOW
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1973
制作国
イギリス/イタリア
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

赤い影の評価・レビュー

3.7
観た人
1323
観たい人
3562
  • 3.8

    たくまさん2021/12/06 11:05

    オカルトを全く信じないジョンと完全に信じる訳ではないが娘の死によってオカルトにすがってしまうローラ。それなのに最終的には赤い影を追ってしまうジョン。

    邦題が赤い影とだけあって赤が目立つ。でも赤が全て不吉を表したりしてるわけでは無さそう。なんの意味もない赤が目立っちゃってる。それに伏線に"なりそう"なシーンが長い。それでも後半は目が離せない展開が続くのでなかなか面白かった!

    今まで見たベッドシーンでこの映画のが1番印象に残ったかもしれない。でもベッドシーンちょっと長い笑

  • 3.5

    あかさん2021/12/01 23:03

    ラストナイトインソーホーが影響を受けてる作品ということで鑑賞。

    正直ピンとこなかったけど、解説聞くとなるほどと納得するのと同時に、もっとセリフ一つ一つ集中しながら鑑賞しないとダメだなと痛感しました。

    男女の分かりあえない点としてはミッドサマーに通ずるものがあると感じました。

  • 4.0

    Toineの感想文さん2021/11/23 14:16

    【予感がテーマのオカルトサスペンス】
    娘が居なくなった世界は幻のように感じる。
    時間も止まってしまったのではないだろうか。

    前回レビューした「アリス・スウィート・アリス(1977)」の元になった作品との事で、ドキドキしながら鑑賞いたしました。

    2か国語が使用されていて、多言語映画マニア歓喜。

    夫ジョン役のドナルド・サザーランドさんてキーファー・サザーランドさんのお父様なんですかー!
    親子で俳優されてるなんて知らなかったです。

    虫の知らせから始まる冒頭。
    写真に写った赤いレインコートの後ろ姿が、零した液体で赤く滲む描写に心を掴まれました。

    カットバックの伏線も実験的で斬新です。

    感情より理屈を優先する夫。
    彼と正反対の妻。

    主役夫婦の性格が細かく描かれていたのが印象的でした。

    理論を優先した性格の夫が赤く滲んだ写真に胸騒ぎを感じる場面や、サイキック姉妹が語った夫の能力などオカルト的な何かに運命を誘導されて行く過程が淡々と進みます。

    遠くを通りすぎる赤いレインコートの人物に亡くなった幼い娘の思い出を重ね合わせる。
    「あれは娘ではないか?
    娘にまた会えた!」と強く感じる夫。
    そのような理屈では説明がつかない事が肯定的に描かれていて個人的に大好きです。

    結局、この作品に散りばめられた赤色は物語の結末を予言するモチーフだったということですよね。

    道が複雑に入り組んだ冬のヴェネツィアの街と広いラグーンが、心にぽっかりと穴が空いたような夫婦の憔悴した寂しさを表しているようでした。

    喪失感と共に赴いた地で、娘の影に翻弄され迷路をさまよいたどり着いた場所。
    やっと追い付けたと思ったのに。
    娘の死をなぞるような破滅の結末。
    悲しみ。その想いは幻想。
    永遠に続く走馬灯。

    しかし妻にとってこの喪失が新たな人生を出発するきっかけとなった。

  • 3.5

    櫻イミトナさん2021/11/22 14:24

    英国映画業界人が選ぶイギリス映画ベスト100(2011年発表)の第1位。ちなみに2位は「第三の男」。赤いレインコートを着た愛娘が溺死し悲しみにくれる夫婦が、霊感の強い盲目の女性と出会い、亡き娘からのメッセージと危険予知を伝えられるのだが…。「カットバック編集が目立つ」と思いながら観ていたら、その編集自体がトリック(実はフラッシュフォワード編集)だったという非常に個性的な作品。ニコラス・ローグ監督は出身が撮影監督(「華氏451」など)であり、全編に渡って不穏な視覚映像で押してくる。水の都ベニスのロケーションも印象深い。

  • 3.0

    ベンジャミンサムナーさん2021/11/15 12:03

     主人公が教会の修復をしてる事や、カット内に絵画(?)がよく挿入されてる事から、キリスト教的な外部テクストが含まれてるのかなぁ。
     と、思いながら観てた。

     水の都をあそこまで不穏な感じに切り取ったのは見事だが、一応ベネチアで連続殺人が発生してるという布石があるとはいえ、赤いコートの正体がアレっていうのはちょっと突飛すぎないか?
     

  • 3.5

    Aixさん2021/11/14 22:03

    地球に落ちて来た男や美しき冒険旅行などで知られるニコラスローグのオカルトサスペンス映画。死んだ娘の幻影を追いかける話。

    ヒッチコックとかデパルマ系の作品でした。まあ無理もありません、今作の音楽を担当しているのはピノドナッジオです。彼はデパルマのミッドナイトクロスやボディダブルの曲を作ったことでお馴染みの人だし、さらにさらに今作の原作者に至ってはダフニデュモーリエでした(ヒッチコックの鳥、レベッカの原作を書いた方)。そりゃヒッチコックとかデパルマの雰囲気を感じるわけです。
    今作は物語自体普通なんだけど、編集と映像が印象的でした。特にクロスカッティングが良かったです。古典的なオカルトサスペンスを、映像技術によってより面白くしたんだと思います。

    ヒッチコック、デパルマなど、王道のサスペンス映画が好きな人には宝のような一本になるんじゃないかな。個人的にはぼちぼちといったところです。因みに今作はイギリスだとめちゃくちゃ人気なんだとか。

    余談ですが、スリービルボードのディクソンの母親が見ていたのが今作“赤い影”だったそうです。言われてみれば共通点が多い。。。

  • 4.0

    ShoMさん2021/11/06 17:08

    まずなにより『赤い影』というシンプルな邦題が良い。赤と水面のイメージが怖ろしくも美しい。思わせぶりな演出と、赤のイメージを集積させてからのクライマックスが見事。

    なんとなくアルジェントやデ・パルマの映画とイメージが重なるけど、市川崑の金田一シリーズとか70年代以降のビジュアルで主張するミステリやサスペンス映画は同時代的に誕生したものなんだろうか。

  • 4.0

    TagTakさん2021/11/01 23:40

    ニコラス・ローグによる赤色と水が織り成す幻想的な映像美。編集による素早いジャンプカットと主人公の脳内映像が交錯する、俄に何が起こったか分からないサスペンス性も効果的。不吉や警告の象徴のように画面に映り込む赤が鮮烈。

  • 3.3

    琉太さん2021/11/01 21:30

    ニコラス・ローグ監督作品
    昔の今と全く違うヴェネチアの景色が見れます
    始まりの湖でのシーンから水の都でのシーンと水に関するシーンが色々とありますが映像がとても美しかった
    オカルトホラーのジャンルと聞いていたけどオカルトサスペンスだと思う
    ドナルド・サザーランドは当時38才なのに既にジジ臭いけど凄く背が高い事に初めて気付いた
    とにかく赤がポイントでラストの赤がインパクト大
    ラストのフラッシュバックも映像が無駄に美しい
    ニコラス・ローグ監督らしい映像美

  • 4.0

    田旗浩一さん2021/10/19 10:11

    ヒッチコックとデパルマの間にこの映画を置くとぴったりピースが埋まる。
    ドナッジオの甘美なメロディに乗せてサザーランドが走り彷徨うベニスの運河と街路は迷路さながら。
    盲目の老婆はもちろん神父も警察もすべていかがわしく怪しい。
    暗示の洪水の赤い黙示録。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました