お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

#ハンド全力

G

#ハッシュタグなスポーツはじめました。

熊本地震をきっかけにハンドボールを辞め、無気力に生きていた高校生のマサオは、SNSに投稿したかつての写真が思いがけずバズったことから生活が一変。「#ハンド全力」というハッシュタグを使い、廃部寸前の弱小男子ハンド部員達と、練習に励むフリをして、バズる写真やコメント作りに全力投球。次第に復興の盛り上げ役として注目され、全国からの”善意”を受け取り有頂天になるが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入1,100

青春・学園邦画ランキング

#ハンド全力の評価・レビュー

3.5
観た人
256
観たい人
1328
  • 4.3

    hinaさん2021/05/17 22:36

    懐かしのヨーグルッペ、少しの肌荒れ、眩しすぎてギュンギュンする〜😮‍💨若いなあ〜😮‍💨なんか恥ずかしくてムズムズしたりするけれど、でも制服かわいい〜😮‍💨体操服かわいい〜😮‍💨完全におばちゃん〜てなっています。というのは置いておいてとても良い映画でした。

  • 3.7

    椿さんさん2021/05/07 00:12

    子役で売れた子が成長した姿を観るとほんまに久々に会って成長をしみじみ感じる親戚みたいな気持ちになるよね。
    ハッシュタグとかSNSとか、現代だなぁ。正しく青春映画って感じして良きでした。
    ニコニコしちゃった☺️

  • 3.7

    かめいもさん2021/02/11 23:19

    地元が舞台。松居監督! 観るしかない映画。

    ディープな熊本弁が出て来てむず痒かった。
    個人的注目株、坂東さん、醍醐さん、蒔田さんが出演していたのも胸熱!

    しかも志田さん、仲野さんがカップルで登場なんて…豪華。

    この映画つくってくれてありがとう。

  • 3.1

    JAFFYさん2021/02/04 23:50

    いろんな意味の応援映画。
    ハンドボール応援。マイナー競技とSNSの融合ってとこでイマドキぽいけど、高校生男子のアホなわちゃわちゃ感はいつの時代もあんま変わんないんだな。

    熊本応援。地震からの復興、そして2019年熊本で女子ハンドボール世界選手権が開催された背景もあり、ハンド×熊本なのね。

    そして子役応援。
    子役から大人の役者への過渡期を応援してる感じ。代表選手・安達祐実や志田未来もなるほど。
    みんながんばれ。

    「応援するってよかね、いつも応援されてばっかりだけん」

  • 3.2

    ずんさん2021/01/23 22:25

    子役レジェンド勢揃い
    芋生 悠 蒔田彩珠を目当てに見る価値あり
    仲野太賀はもう俳優として異次元の存在感
    お葬式後のカラオケシーンにグッとくる
    映画って大切なワンシーンさえあれば傑作
    「幸せなら手を叩こう 幸せなら態度で示そうよ」

  • 4.4

    タジン鍋さん2020/12/13 15:01

    近代的な描写で違和感なく観られただけでも良かった。復興×SNS×元子役という掛け合わせで出来ている映画。バラバラになったりしたけれど、元通りになる。青春映画の良さもありつつ、大人たちのやさしさと厳しさがある・・・
    エンタメ映画として楽しく観られましたとさ

  • 3.8

    モさん2020/09/28 20:12

    メディア芸術祭にて
    良かった..............と思う
    なんか映画にしてくれて良かった
    でもモヤモヤするとこもある
    松居大悟にしては観やすいとおもう

  • 3.9

    Arataさん2020/08/30 22:19

    主人公のモチベーションが熱すぎず今ドキなのが面白い。
    大きくなった清史郎くん、福くんに親目線で応援したくなってしまう。

  • 3.8

    綺羅さん2020/08/23 22:40

    加藤清史郎君蒔田彩珠さん目当てで鑑賞

    スポ根青春群像劇かと思いきや、熊本の震災復興やSNSの問題が盛り込まれいろいろ考えさせられ見応えありました。

    安達祐実さん志田未来さん、鈴木福君主演の加藤清史郎君
    子役界のレジェンドが揃っていて、流石の演技に胸熱

    「どうにもならないときだからこそ、どうにかできるこをやりたい」

    コロナ禍の今前を向ける映画

  • 3.5

    れさん2020/08/23 20:11

    あ〜〜
    松居大悟、ほんっっっとうに好きだ〜…
    ちゃんと起承転結を組んでお決まりの流れを作ってるのに、“SNSとリアルに挟まれる高校生”に視点を置いただけで松居大悟ワールドになってた。
    高校生たちの苦悩はもちろんだけど、周囲に置いた大人たちが良すぎた。劇中でも良かったし、役者さんたちも良かったから現場でもこんな感じなんだろうなと想像できる。
    太賀くんと志田未来ちゃんの使い方が最高すぎませんか…太賀くんだって桐島〜で悩める運動部高校生だったのになとか思いながらめちゃくちゃいいお兄ちゃんになってた。カラオケシーンはアドリブかな…?

    「声ば出さんと見つけられんぞ」

    「もう見つけてもらわなくても良かね」

    エンドロールに行定監督の名前を見つけて、さすが熊本…となった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る