お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

愛の狩人

G
  • 吹替

二人の男子大学生がいて、彼らは一見、優等生と不良の不釣り合いに見えるが、親友同士である。二人は人生や愛についてように考え、様々な女性との関係が描かれていく。その後、片方がある女子大生と付き合うが、もう片方は応援しているようなふりをしながら寝取ってしまう。そして…

詳細情報

原題
CARNAL KNOWLEDGE
音声言語
日本語吹替
制作年
1971
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-12-08 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブコメディ洋画ランキング

愛の狩人の評価・レビュー

3.4
観た人
133
観たい人
314
  • 3.1

    ぽちさん2021/10/06 04:11

    男性と女性でかなり感じ方が変わる作品。

    男の私はニコルソン演じるジョナサンのごう慢さよりも、二股かけて罪悪感より悲劇のヒロインを気取っているスーザンのビッチぶりが作品中最低の行動に見えた。
    友人2人とも今ひとつ同情できない生き方だが、赤裸々に描かれたキャラはリアルだ。

    30代のニコルソンは存在感がスゴイがちょっと油っこいと言うか、歳をとって鋭いシャープな感じの方が好きかな。もっと歳を取った丸さも好き。

    ゴシップや武勇伝に事欠かないにコルソンだが、驚いたエピソードが「姉だと思っていた人が実は母親だった」ってやつ。
    祖父母が両親と偽り娘が生んだ子を育てたそうで、今作撮影時にはまだこの事実を知らなかったが、1974年にタイム誌の取材で記者が偶然発見して事実を知らないニコルソンに伝えたそうだ。

    モヤモヤ感の残るストーリーではあるが、出演者の演技など見所があり、そちらに集中してみると楽しめる作品。

    余談。
    「ガーファンクルにそっくりなパゲかたの役者だな~」って思ってたら本人だった。知らなかったが5作品に出演していて、今作は2度目。

    ちょうど撮影時期はデュオ解散直後だ。
    もし今作で名演技を披露していれば、もしかしたら彼は役者の道をたどったかもしれないが、幸運にも・・・だったので名曲の数々が生まれたと思えば暖かい眼で観る事ができる。

  • 3.5

    みんとさん2021/09/21 16:04

    『卒業』があまりにも有名なマイク・ニコルズ監督作品。そして好色漢ジャック・ニコルソンがゲス過ぎる作品。

    何やら恋愛上級者がキメキメで使いそうなタイトルとオープニング音楽に先ずはうっとり。(原題があまりに直球すぎるので取り敢えず放題センスは◎笑)

    ジョナサン(ジャック・ニコルソン)とサンディ(アート・ガーファンクル)。対象的な恋愛観を持つ2人の愛と性との矛盾をえげつないくらい赤裸々に描く今作。

    通して辛口な味わいでまたシニカルな眼差しで、どちらかを否定するでもなく、かと言ってどちらにも感情移入を許さない。この絶妙さは、キャスティングによるところが大きいんだろうなあ…
    もじゃもじゃヘアと飄々さがツボだったアート・ガーファンクル、更にはアン・マーグレットが良い。

    女子の耳に入らないだけで想像は出来るボーイズトークでのオープニングからして、いや~既に攻めてる!

    ん?ん?んんん…?観進める毎に何だか冷静さを欠くしフツフツとはらわた煮えくり返るこの感じ。とりわけ過去の女性遍歴をスライドショーで自慢とか、ジャック・ニコルソンだから笑って済まされる?いやいや笑えない!!

    辛うじてラストでは苦笑いしつつもほら見た事か!の若干のスッキリ感を味わえたのは救いなのかなあ。

    男性視点で観るともっと共感出来たり感じるところも違うのかも知れないけれど、
    ジャック・ニコルソンの癖をもって癖あり脚本を制すかのような作品には違いない!笑

    マイク・ニコルズは『卒業』でも感じた通り、男女の愛と性を美化すること無くあからさまに掘り下げる感じがなるほどね!と納得の描き方だった。

  • 3.8

    Riyさん2021/08/30 19:57

    何と言っても,よくは知らなかったアン・マーグレット!魅惑的。
    ジャック・ニコルスンもキャンディス・バーゲン、ガーファンクルもいいけどね。

  • 5.0

    tunicさん2021/08/22 20:25

    はやくこのクソ男に天罰がくだればいいのにとイライラしたけど、過去の女たちのスライドショーで、一生インポの恐怖に抗う蟻地獄に好んで落ちていくタイプなんだなと理解。マメなところ猟人日記の仲谷昇と同類。凡人アート・ガーファンクルは見捨ててこっちと親友になればいいのに。

  • 1.9

    クリープさん2021/07/03 14:49

    アート・ガーファンクルの「ジェラシー」が好きなんだけど、現在は観れない♪
    その流れで、この作品はスコアのひくいマイ・ベスト100みたいな(笑)気になる作品☘️
    ● キャンディス・バーゲン
    アン=マーグレット
    七三分けの ジャック・ニコルソン
    リタ・モレノ
    音楽は グレン・ミラーのムーンライト・セレナーデ〜♪
    ―――――――これだけで いいね(笑)
    マーロンブランドの「ラストタンゴ・イン・パリ」の即興を味わうカンジに 似てる☘️
    ●映画を観てるというより、ベッドで本を読んでる感じがいい☕
    つまらないけど、つまらなくていい作品(笑)
    ●みどころ
    愛の狩人なジャック・ニコルソンも、ラストは 言葉プレイで暗示にかけないと、自分に自信が持てない男になってしまった。
    リタ・モレノ先生
    レデイ・プレイヤー1
    テイク1から、やり直し(笑)
    リタ「崇高な心を持った男は いかなる女も必要ない 己をよく知ってるから」
    リタ「そういう男こそ 美しく 力強く・・・」

    この時のニコルソンの表情が・・・醜くて いい♪

  • 1.5

    mikoyan358さん2021/06/23 20:21

    1人の女性をめぐる、純朴な男と恋愛にも性にもオープンすぎる男という2人のルームメイトの対比。ジャック・ニコルソンが色に目がない男がピッタリすぎるし、(残念ながら)かの世界に誇る歌声ほどの演技力はないと思われる(笑)アート・ガーファンクルもこの役柄には思いのほかマッチしている。とはいえだらだらと盛り上がりに欠けた語り口でかなり根気を持って追いかけないとならないし、純粋であってもあけすけであっても結局は本人も運命も...というかなり絶望的な視点で描かれている事もあり、観終わっても何だかなあという気分に。

  • 4.2

    noroyuさん2021/06/11 07:49

    うぉぉ...めちゃくちゃ食い入るように見てしまった...
    大好物の「オトコ」についての映画。

    アイデンティティが女とヤルことにあることの哀しさみたいな。変わんないやつは一生変わんないっていう。

  • 3.1

    スギノイチさん2021/06/09 23:10

    『卒業』のダスティン・ホフマンみたいな童貞にも困ったもんだが、この映画のニコルソンみたいな色魔もまた極端。
    性欲による暴走というよりは、アート・ガーファンクルの友情を試しているだけのような気もするし。
    振り回されるアン=マーグレットは巻き添えで可哀相。

  • 4.5

    YURIKAさん2020/10/05 09:24

    ダスティン・ホフマン『卒業』の監督マイク・ニコルズ監督のジャック・ニコルソンとの初タッグ作品。
    まぁまぁイケメンで頭もよく、女に不自由なく生きている男が成長はしないまま、年を重ねていく話。
    まるで演劇を見ているかのようなシンプルで面白い脚本。登場人物も少ないからジャック・ニコルソンの演技に全てがかかっていると言っても過言ではないほどなんですが、そこは1を200にも300にも膨らますことのできるジャック・ニコルソン。最後まで視聴者の視線を集めたまま離しません。ユーモラスで複雑で小さな器のパーソナリティーがたっぷり伝わってきます。

  • 3.0

    うーらさん2020/09/28 15:47

    原題「Carnal Knowledge(性行)」
    内容そのまま。笑

    男性の素直な願望が詰まってるような。笑
    ラストはちょっとザマアミロって思ってしまったけど、
    男性はなにかと大変だよね、とちょっとだけ気の毒にも思うw

    監督はマイクニコルズ監督。
    親友の彼女を寝取るシーンは「卒業」を彷彿とさせた。

    ジャックニコルソン、こういう役似合うなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました