お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

私のボクサー

G
  • 字幕

ボクシングも、恋も、勝利のゴングを鳴らせ!?

ビョングは将来のチャンピオンとして期待されるボクシングの才能の持ち主。練習に励んでいたが脳挫傷を患い、ボクサーとしての夢を断念することに。ジムの館長の計らいで雑用をこなして過ごすビョングは、ダイエットを目的に新規入会してきたミンジと出会う。天真爛漫なミンジに心を開いていくビョングは、韓国の伝統民族芸能パンソリとボクシングを融合させた“パンソリ・ボクサー”として再びボクシングの世界に復帰しようと…。

詳細情報

音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2021-01-06 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

私のボクサーの評価・レビュー

3.4
観た人
27
観たい人
73
  • 3.0

    gmさん2021/01/18 16:42

    監督はテグが好きなのか?テグで映画が撮りたかったのか?
    絶対そうに違いない。それしか考えられない。愛しているに決まってる。
    (過去記事を調べるパワーが全くないのでそういうことにしてしまう)

    オープニングの海辺のシーンも、教会のシーンも、あの口調で素のテグかと思うような出だしも、現役ボクサー時代のキレッキレのテグも店の前でスーツ着て立ってるテグも最強に満足だけど・・・
    話しの運びが悪すぎて。
    あまりにも残念。

    レンタルなので、後でもう一度最初の方をしっかり観直しておかなければ。

    オム・テグファンとしては、手元に置いてPVとして繰り返していきたい1本ではある。
    ただ、このテグの台詞を聞こうと思うと家事などは一切できず、全集中で臨まねばならないw

    はー。テグ可愛かった♡

  • −−

    カンさん2021/01/18 12:17

    ホントだポスター、ピンクピンクしてる😅💦

    オムテグssi、私の中では記憶にないのだが…きっと調べればあれにもこれにもってなる俳優さんなのかな✨
    パンチドランカーになってしまったテグさんのなんとピュアで優しさ溢れるキャラ…癒やされるな〜

    そしてパンソリに合わせての舞踊ボクシング…またパンソリを演奏するイ・ソル私の好きな女優さんだ

    なにか斬新だけど緩〜くてキム・ヒウォンとか神様に見えてきた

    パンチドランカーのテグssi好演であります✨👍

  • 1.0

    Xavierさん2021/01/16 21:51

    どうみても恋愛ものの作品のジャケ写。でも内容は…
    ビョングは将来のチャンピオンと期待されるボクシングの才能の持ち主で、夢を
    叶えるべく練習に励んでいたが、タイトルがかかった試合ではからずもドーピングをしてしまいライセンスを剥奪される
    さらに悪い事に、それまでの試合で脳が
    ダメージを受けパンチドランカーになってしまう。
    それ以来、ジムの館長の計らいでジムの雑用をこなしながら日々を過ごしていた
    そんな中、ダイエットを目的としてジムに入会してきた女性ミンジと出会う。
    その出会いは、ビョングが今も追い続け達成していない夢に影響を与え……
    ザックリ言うとストーリーはこんな感じ
    ロマンティックコメディと謳ってあるが
    どちらかというと人間ドラマの方が強い
    脳にダメージを追い、試合したらどうなるかわからない状況のビョング。
    しかしビョングは、その状況でもライセンスを再び取得し試合をしたいと願う…
    って感じで話が進んでいくので、ラブの要素は薄いかな(ジャケ写を見る限りではポップなラブストーリーものしか想像できない)
    後この映画、朝鮮の伝統的民族芸能の
    "パンソリ"(太鼓と歌い手により奏でられる音楽、日本でいうと民謡って感じかな)が、劇中にフューチャーされており
    なんか重々しい感じで暗い気持ちになる
    (これは個人的主観です)
    エンディングシーンも唐突過ぎる展開で
    えっ!これで終わりって感じだし……
    何が言いたいのか、サッパリだった。
    個人的には、久々嵌まらない韓国映画だったかなぁ。

  • 3.8

    ベべべっちさん2021/01/16 20:18

    パンソリ・ボクシング!?

    オム・テグが落ち目のパンチドランカーのボクサーを演じたスポ根映画。

    他のボクシング映画との最大の違いが、邦題では何故か削除されているパンソリの要素。
    パンソリというのは朝鮮の伝統芸能の1種で、、
    1人の歌い手と、1人の奏者が打楽器のようなモノを叩いて奏でるものらしい。

    リング上で打楽器の音に合わせて舞い始めるオム・テグのパンソリ・ボクシングは、あまりにも斬新すぎて十分に見応えがあった。

    物語は廃れたボクシングジムで雑用として働くオム・テグと、そのジムに体験入会してきたヘリ演じるヒロインが出会うところから動き出す。
    ちなみにヘリさんは今作が初めましてだった。ドラマの方では活躍してるっぽいけど。

    まともな練習生は1人だけ、会長はやる気なし、オム・テグは何故かただの雑用、子供がジムに遊びにくる、拾った犬は妊娠している、新規入会のヘリの相手はオム・テグに丸投げ…
    という序盤のあらすじだけど、ここからどうなるのか🙄

    ジャケは軽〜い感じのピンクピンクで、ロマンティック・コメディとか書いてるけど、それはどちらかというと詐欺に近い。
    監督とオム・テグに怒られそう😂

    オム・テグって「あれ?出てたっけ?」と思う作品も多いし、そうじゃなくても普通に脇役でしか観たことがなかった。
    だからここまでガッツリ主演で、しかも普通じゃないボクサー役で見れたのはもうそれだけで鑑賞した価値があったと思っていいのかも。

    とにもかくにもパンソリ・ボクシング?が印象に残る作品で、その発想自体はめちゃくちゃ良かった。

  • 3.6

    かっきーさん2021/01/10 23:13

    ポップなパッケージからは全く想像出来ない、ひと昔前のスポ根ものといった感じ!
    映像や演出がいちいち古くさい!(意図的か?)
    窓際のイチャイチャ&キスシーンが笑えます🤣
    欲を言うなら100分ぐらいに収めて欲しかった!
    DVDスルーの中では良作!

  • 3.8

    マロンミルクさん2021/01/10 21:39

    Girl's Dayのヘリ可愛い〰️
    犬🐶のフォアマン可愛い〰️
    主役が腕立てをしている背中に
    乗ってたフォアマン可愛い〰️

    なんとなくもっと恋愛物かなあと
    思っていたら、ちょっと古い感じの
    スポ根風な作品でした。

    韓国伝統芸能パンソリ?と
    ボクシングの融合?よくわからん!
    むしろ不利なのでは?f(^_^;と
    思うも、主役のオム・テグが
    うまく踊り、ボクシングもしていました。役柄のもじもじ男、人の良さも
    うまく演じてた‼️

    オム・テグがパンチドランカーで
    記憶を一つずつ失くしていく‥
    今の頭の中
    記憶が失くなっていく哀しさを
    夢のように
    突然のフラッシュバックのように
    うまく演出していて
    物語の時系列もわかりやすくなってました。

    ヘリとのもじもじ恋愛
    窓際のイチャイチャ♥️
    キュン♥️でした(^ω^)


  • 3.7

    IPPOさん2021/01/10 00:46

    待望のオム・テグ主演作!
    そう、韓国映画好きなら誰もが一度目にする彼。イケメンだが決まって脇役。決まって悪役。そのしゃがれ声が妙なインパクト。ついに主演作が作られる時が来た。
    ※本作は日本未公開で晴れてDVD化

    日本版DVDジャケがピンクピンクで女子向け風だけど、ジャンルはスポ根。原題『パンソリボクサー』そう、パンソリと言えば先日見たスジ主演の『花、香る歌』。あちらは歌だったけど、こちらは太鼓。韓国の伝統歌謡パンソリの太鼓のリズムとボクシングが融合する荒技で作られた独特過ぎる良作である。

    ドラマ「タイガー&ドラゴン」がヤクザの日常を落語仕立てで描いたように、本作もパンソリ×ボクシングの融合の妙が斬新。パンソリ風のナレーションが進行を牽引する演出は面白過ぎた。
    パンチドランカーで日常の記憶力がおぼつかない男をオム・テグが好演する。テグ氏、今後もっと主演やらないかなぁ。独特のクセがすごいよなー 笑。

    映画的派手さに欠けるが(おそらく)低予算ながらに上手くまとまった逸品。

  • 3.8

    みゆきさん2021/01/09 13:23

    ホントはチャンシルさんを観に行くつもりだったけど昨今の諸事情を鑑みて諦め😭、DVDスルーのこちらをチョイス。
    これが結構良かったです〜💕

    ボクシングと韓国伝統芸能パンソリの組み合わせが意味わからないけど不思議と合う。
    スポーツとして実際に試合で闘うのはどうかと思うが舞踊として見たら素晴らしい。👏
    低予算の独立映画らしいがハート・ウォーミングな良品。
    ちょっと長いのが残念。
    前半をもっとコンパクトにまとめてくれたら良かったな。
    オム・テグとキム・ヒウォンという見るからに悪役面のおっさん2人が本当に良い奴を演じていて、私が神様なら過去出演作で2人がやらかした様々な悪業を全て許そうと思う。
    贖罪。
    アーメン。

    オム・テグ〜〜〜😭
    ロン毛で口数少なくピュア。
    こんなオム・テグ見たことない。
    日本のDVDによくある何故かピンクのDVDのジャケットに納まる笑顔も可愛い。
    ヘリがまた凄くいい子で可愛くて賢い。彼女にならオム・テグを託せる。
    お幸せに💖



  • 3.0

    じえりさん2021/01/08 22:40

    基本的にボクシング映画好きなんですが…

    打たれすぎだよ〜
    パンソリ結果コメディ

    なんとなくのパロディあり
    窓越しのイチャイチャ
    仔犬がかわいい

  • 4.2

    プーンズさん2020/02/25 10:57

    何度も見ました。

    パンソリとボクシングを合わせた独特な発想の映画。
    コメディという位置づけ(一部パロディあり)ではあるものの、失われていくものがテーマの泣ける要素もあり、とても良い映画でした。
    低予算でつくられた独立映画なので、興行成績が高い作品と比べると、物足りなさや大衆向けではない部分もあ?映画ですがぜひ見てほしい作品。

    イビョング役のオムテグがもう最高。
    チャングに合わせて動くリズム感のよさ、格闘技経験者のような動きに驚かされました。
    実際の性格にも近い面があると思いますが、あの戸惑いやモジモジ感など、ビョングというパンチドランカーの役を見事に作り上げていたと思います。

    イヘリもピッタリな役柄で、あのさっぱりとした明るさがビョングによく合っていました。

    キムヒウォンも味わいのある演技で流石。何気ないとぼけた感じなど、最近のキムヒウォンの中でもとてもよかったです。
    オムテグとは二度目の共演。

    アンイホ(パンソリの歌い手)の調子の良いパンソリも小気味よく、音楽も楽しめる作品です。


    追記: ベルリン批評家週間2020の招待作

    さらに追記: 2020年5月に野の花映画賞で主演男優賞、音楽賞受賞

    さらに追記: 日本版のポスター… 絶句

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す