お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

AK‐47 最強の銃誕生の秘密

G
  • 吹替
  • 字幕

伝説的アサルトライフル「AK-47」の生みの親であるミハイル・カラシニコフ。数々の銃を設計し、ロシアの英雄と讃えられている彼は、どのようにして「AK-47」を完成させたのか──その誕生秘話が今明かされる

戦車担当の兵士、カラシニコフは1941年、独ソ戦の前線で重傷を負い、前線から引き戻されてしまう。入院中、カラシニコフは自身の前線での経験や、同じく前線で活躍していた兵士たちの声を聞くにつれ、国を守り、戦争に勝利するためには優れた自動火器が必要だと考えるようになる。元々幼少の頃から何かを作ることが好きであったカラシニコフは独学で銃器設計を学び、やがて伝説となる武器の最初のスケッチを描く。その武器こそが世界で最も有名なアサルトライフル、AK-47であった。

詳細情報

原題
Kalashnikov
音声言語
ロシア語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
ロシア
対応端末
公開開始日
2021-01-22 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

AK‐47 最強の銃誕生の秘密の評価・レビュー

3.4
観た人
163
観たい人
275
  • 3.0

    フェアにアンフェアさん2021/08/26 00:25

    ハリウッドのラインとは違う文脈で稚拙というか雑な感じもないわけではないけど、そこが面白く感じた。

    世界中に混乱をもたらした最悪の銃というイメージだけど一方では希望なわけで、もしこの人が肉切りマシーンを作れるような世界で有ればそれは素晴らしいと感じた。

    実は反戦映画なのではないだろうか。

  • 1.7

    月さん2021/07/12 04:31

    日曜日の夜11時、ベッドに寝そべって鑑賞

    戦車担当の兵士、カラシニコフは1941年、独ソ戦の前線で重傷を負い、前線から引き戻されてしまう。入院中、カラシニコフは自身の前線での経験や、同じく前線で活躍していた兵士たちの声を聞くにつれ、国を守り、戦争に勝利するためには優れた自動火器が必要だと考えるようになる。元々幼少の頃から何かを作ることが好きであったカラシニコフは独学で銃器設計を学び、やがて伝説となる武器の最初のスケッチを描く。その武器こそが世界で最も有名なアサルトライフル、AK-47であった。

    ふつーに面白かったです☺️👏👏
    年月を越えてお国のためコンペティションに挑む銃器設計者の話
    割と重くなく、人を愛したり発明以外での波乱ありでサラッと見られた印象です。発明過程というより、それ以外の部分が多いかな。何度疑われるねんて……それがソ連なんだねー

    スターリン賞

  • 4.0

    ともちんさん2021/07/09 22:42

    世界で最も使われた銃...最後のテロップで「この銃は祖国のために作られた」という言葉が頭から離れない

  • 3.3

    ヒロさん2021/06/26 21:59

    AK-47 カラシニコフ。

    テロリストが所持していたり、イラク・アフガン戦争映画などでは時々名前が出て知ってたので気になって鑑賞。

    銃の制作秘話的なストーリーだが試射実験でも軍事採用されたシーンでも特に感動は無く、期待外れな作品だった。

  • 3.3

    マネシツグミさん2021/06/13 21:15

    カラシニコフについてはドキュメンタリーである程度は知っていたが、改めて母を愛し、妻を愛する一人の愛国者であることを知る。
    妻役のオルガ・ラーマンさんは可愛い女優さん。好きなクリスティン・スコット・トーマスのよう。

  • 3.8

    kingsmanさん2021/06/12 21:56

    「AK-47」の開発者ミハイル・カラシニコフのお話。

    世界で一番人を殺した銃を開発した人

    ロシア映画は、ハリウッドと違ってまったりしてて見やすい。

    子供の時から銃を作成していて、狂人のように描かれていています。謎に笑みがあったり。
    戦時中じゃなかったら、本当に狂人やな。
    風立ちぬ設計者に通ずるとこがあります。

    ソ連の政治家は良くないけど、こういう技術者がたくさんいたから技術大国だったんだよな

  • 3.5

    Shimizuさん2021/06/06 19:14

    史上最も大量に製造・拡散されたアサルトライフル「AK-47」の開発者ミハイル・カラシニコフを描いた伝記ドラマ。

    スケッチが出来ても製図ができなかったり、専門的に学んだわけでもなく完全に独学。小さい頃からそこら辺のもので銃みたいなものを作ってたりと根っからの天才。
    急にとんとんと年数が経ったりしてテンポはいいですが一個一個の銃が急にできあがるので少し深掘りして欲しかったかなぁぁとも思いました。銃の設計士の話は初めて鑑賞したので面白かったです。
    元帥に抱きしめられ持ち上げられたの不意打ちすぎて笑ってしまった。

  • 3.5

    Imanさん2021/05/30 10:11

    期待して観た作品。丁寧な作りですが、盛り上がりが弱く、ハリウッド映画に慣れてしまった私にはこの点。ロシア映画の感覚ではこうなんだろうなぁ。

    銃好きな方は是非、飽きずに観れます。

  • 3.5

    TKSHATSさん2021/05/09 23:52

    伝記物なのでそれなりに面白い。
    ただ全身全霊をかけて作られた物が世界で使用され沢山の命が失われたことを考えると複雑。
    兵器の製造というのはそういう事だから仕方ないけど。

  • 4.1

    暗闇でドッキリカルヴェロさん2021/05/07 23:37

    「愛されて72年」

    ただ今は絶賛TSUTAYAのレンタル無限ループにハマってます
    借りる→宣伝→本編→返す
     ↑ ↓
    返す←本編←宣伝←借りる

    で、この作品に出会えました
    ロシア映画はなかなか手を出さなかったのですが実話や伝記映画にはかなり興味があるのでついつい借りてきてしまいました
    カラシニコフってこんなに昔から使われていたのですね
    ベトナム戦争や『ランボー』の敵とかあまりいいイメージのない自動小銃ですがとても優秀なものなのですね
    中学高校くらいの時は銃にかなり興味があったのですがここ最近の映画に出てくる銃火器はほとんどわからないくらい多種多様ですねー
    『リーサル・ウェポン』や『ダイ・ハード』のベレッタくらいで頭の中は止まってますね
    しかしこのAK-47はそのもっと前に作られているのにいまだに現役で世界中に存在するのだからとてつもない武器なのですね、敬意を払いたいと思います
    といっても日本じゃ本物を遠目で見ることすら出来ないでしょうけれどそこはま〜とりあえず平和って事でいいですよね
    あと何年この平和か続くのだろうか、仮に敵が日本に来ても一般人で抵抗しようなんて人もそうはいないのかも
    どっぷり平和に使ってますからね私達は
    お国の為などと言う人もねーあんまりいないのてしょうね
    カラシニコフって人の名前だったんだな〜

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す