お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アースフォール JIU JITSU

G
  • 字幕

総製作費30億円超!ニコラス・ケイジ×トニー・ジャーが最強宇宙人と最強バトル!

米軍諜報部から記憶喪失の男(アラン・ムーシ)が連れ去られた。犯人のケウン(トニー・ジャー)は、銃撃をものともせず米兵を鮮やかに倒し消え去っていった。仲間たちの下へと導かれる男。そこには、カルメン(ジュージュー・チャン)、ハリガン(フランク・グリロ)、そしてワイリー(ニコラス・ケイジ)たちが集っていた。ワイリーは、彗星とともに超好戦型のエイリアンが現れ、人類に闘いを挑んできたと語る。受けて立つのは、人類最強の9名。逃亡すれば、人類は滅亡するという…。男たちは、諜報部からの激しい追跡を交わしながら、エイリアンとの決戦に挑む――。

詳細情報

原題
Jiu Jitsu
関連情報
プロデューサー:アリアン・フレイザー 制作会社:アクメ・ロケット・フュエル 撮影:ディミトリ・ロゴセティス SFX:ケネス・カッサール VFX:ギャレット・ルーサ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-03-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入1,100円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
1,100
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

アースフォール JIU JITSUの評価・レビュー

2.8
観た人
86
観たい人
455
  • 1.7

    雅治さん2021/04/19 01:13

    最後まで見るのがしんどかった。アクションを色々なショットで見せていくが、ただただ見辛いだけになっている。

  • 1.2

    TB12さん2021/04/06 07:30

    予告の段階で分かってたけどやっぱりめちゃくちゃくだらない映画だったw

    このくだらなさがこの映画の売りなんだろうけどそれにしても見てるのキツいw

    ニコラス刑事はこういうクソ映画によく出てるイメージだから別に良いけどグリロはこんな映画に出ないでほしいわw

    もはやニコラス刑事って完全にセガールみたいなB級俳優になっちゃったけどそれでもなんだか憎めない。

  • 3.3

    まさかたさん2021/04/03 16:23

    この映画はもともと気になってたし、最近はトニージャーも気になってたし、月が変わってU-nextのポイントが貯まったのもあるしで視聴。

    ぶっちゃけそんなに面白くなかった。もっと全面的にvs宇宙人して欲しかったな。強い人チームと軍隊の戦い必要だった?
    宇宙人、見た目もアクションもカッコいいけど顔が浮き出てくる演出が好きじゃない。

  • 3.0

    カンパッチーさん2021/03/24 10:11

    なんとお目当てのニコラス40分間出演しない!そして、主人公さんはめっちゃ強いけど記憶がなくなっていて謎の宇宙人に襲われるんですが、まぁ強い!

    タイトルのJIUJITHU=柔術だったんですね、オリンピックのように6年ごとに襲ってくる劣化プレデターといえば分かりやすいですが、宇宙人の造形が自分的にウルトラマンのメフィラス星人っぽさもあり結構好きでした。カタナをふりまわすニコラスさんはオレの獲物はビンラディンのゲイルさんを髪型体型含めて彷彿させますし、自分の中でゲイルさん地球を救うために頑張ってるんだなと感動しました。

    地味に1番いい所を持って言っているのは中国人の婆ちゃんだったりしますが、まぁ今のハリウッドってチャイナマネーで持ってるからなぁ、この30億の制作費のうち半分はチャイナマネーなのかも、、それぐらいヒロインさん含めてチャイナさん大活躍です。

    決してつまらなくはないです、ただニコラス・ケイジ、トニー・ジャー目当てで見ると出演少ない肩透かし&劣化プレデターということだけを頭に入れて観れば楽しめました。レンタル高かった分もう一度観ますよ!!

  • 3.1

    62355cinema5さん2021/03/14 20:27


    62点
    U-NEXTで👀

    今度こそ安定のニコケイ・ブランドをと期待値を上げて臨みましたが...😓
    ちなみに主役はニコケイではありません🤷‍♂️

    米諜報部にl囚われていた
    記憶喪失の男・ジェイクが
    格闘家の男に連れ去られる🤭
    すぐに諜報部に追われるジェイクたちだったが
    彼らを待ちうけていたさらなる敵は
    宇宙からやって来た好戦的なエイリアンだった👽

    奴は彗星とともに6年に一度やって来る...🛸
    エイリアンが地球の格闘家たちに闘いを挑む
    SFアクションって既視感のあるシナリオ🎬

    所詮は劣化版 ‘プレデター’なのかと思い観始めたら
    案の定そうで、エイリアンの外見も
    ’ペプシマン‘ が ’プレデター‘ のボディスーツを着たようなものでした👽😓

    それでも新婚さんのニコケイの活躍をと期待しましたが
    幸せ太りなのかブクブクで弛んだボディでは勝てないよ🤷‍♂️
    もっと体を絞って役作りしないと...😓
    おまけにズラを被ったロン毛のニコケイの違和感が半端なかった💇‍♂️

    これははっきり言って ’スカイライン’ の方が格段面白い😓
    ニコケイも ‘スカイライン’の方に出演すれば良かったのに...🤔
    作品を見極める目までB級になってしまったのか🤷‍♂️
    再び所帯を持ったのだからしっかりとした仕事を選んで欲しい😓

  • 2.5

    磯野マグロさん2021/02/18 10:52

    【くっそつまらないけどそんなに嫌いではない】22

    めっちゃ強い主人公が、最初から最後まで記憶喪失のまま、訳もわからずなぞの宇宙人と戦う。戦うたびにみんなに「どうだ、わかっただろ?」と聞かれ、そのたびに「いやわからない」と答えて「もういい、とにかく行くぞ」みたいなコント的会話が繰り返される。
    命張って戦ってる主人公がわからないんだから、見てる方がわかるわけない。うまくつながってない話を脳内忖度大会で補うんだけど、やっぱりそれでもよくわからない。けっこう最初のほうにトニー・ジャーが出てくるんだけど、アクションシーンずっとスローモーションなんだよね。監督の口の中に手を突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたろかと思いましたよ。トニー・ジャー見て眠くなったの初めて。
    そして大好きなニコケイ、今回はダメな方のニコケイ。やっぱり、叫ばないニコケイはクリープもコーヒーもない白湯を飲まされてるみたいなもんだわ。ニコケイがかわいそう。っていうかこんな映画のオファー断れよw

  • 1.5

    sawady6さん2021/02/11 11:00

    終始宇宙人も人間側も正々堂々と戦わないし、ストレートにダサいしで、90分見るのが厳しめの映画だった

    同じトニー・ジャーが出てくる「トリプル・スレット」は展開が抜けてたりはするもののアクション自体はわかってる良い馬鹿さだったのに対し、
    「JIU JITSU」は中学生が書いたような行き当たりばったりな脚本に、アクションの見得もなく、受け狙いが見え透いた嫌な馬鹿さだったわ

  • 1.9

    佐武雷三さん2021/02/10 04:45

    ポスターを見た限り、
    ニコケイ、ジャー、グリロ、宇宙人等々
    映画に必要な要素が全て揃っており
    面白くないワケがないんですが……
    
    
    アクションシーンは割と多目なのに
    キレ味に欠けるというか、
    心踊らない単調さでして、
    ジャーもまぁまぁ最初は動いてたにしては
    印象に残らないし、
    ニコケイの存在も思わせぶりだけど、
    特筆すべき活躍もなくフェードアウト。
    
    宇宙人もイケてるビジュアルかつ
    ニンジャリアン+
    プレデターを丸パクリしたようなムーブで
    期待値MAXにも関わらず、
    こちらもイマイチ乗れない感😑
    
    
    そもそも、ストーリーもキャラも
    説明不足かつ演出もユルユルで、
    香港映画界でなら傑作になっていたと思しき
    残念作でした🤷🏻‍♂️

  • 5.0

    かんDさん2021/02/07 14:12

    7本目

    6年毎に人類は戦闘種族エイリアンと終わらない闘いを繰り広げていた!
    記憶を失った男、謎の人類代表団、戦闘民族エイリアン、そして1秒たりともシラフに見えないニコラス・ケイジ師匠。
    何が良いってエイリアンvsニコラス・ケイジの戦闘が割と長尺で用意されてることよ!

    エイリアンの能力や目的がなんとなくプ○デターぽかったり、人類代表にしては割と瞬殺されるモブ、なんならモブより強いかもしれない東南アジアおばちゃん、場面転換は謎に漫画風というヘンテコな作風ではあるが、たまにそんな闇鍋みたいな映画が見たくなる時がある!そんな気持ちを満たしてくれる映画

  • 1.5

    MasterYuさん2021/02/02 03:54

    ニコラス・ケイジ、フランク・グリロ、そして「マッハ!!!!!!!!」のトニー・ジャーなど、気になる面々がキャスティングされていたので観に行きましたが、いや〜これは私には完全に駄目なやつでした。

    破茶滅茶B級映画は好物ですけど、本作は全てにおいてはっちゃけっぷりが足りなさすぎた。

    脚本の酷さを勢いとノリで覆い隠す強引さがB級の楽しさなんじゃないかと思うわけですが、特に本作は「人類最強部隊VS宇宙からの最強侵略者」とか宣伝しているので、アクションの部分で理屈抜きにガンガンいくべきところが、そこも退屈なので余計に脚本の酷さが目立ってしまう。
    殺陣がワンパターンで、撮り方もワンパターン。突如GoProみたいな映像を使うのも謎。
    トニー・ジャーの良さなんてまったく出せていない。
    着ぐるみエイリアンの強さを植えつけるような演出もないから、真新しくもない戦闘シーンを、ダラダラと見せ続けられていたという印象しかないです。
    そんな感じの忍耐力を鍛えられる作品(笑)。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す