お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

  • <<<<<<< HEAD

ケータイ刑事 銭形泪 ファーストシリーズ【TBSオンデマンド】 第7話 時に愛は命を奪う~恋愛小説殺人事件

G 26分

 恋愛小説家の芥川三十五さんが、世田谷区成城の自宅にて殺害された。食べかけのチョコレートから青酸カリが検出された。死後5日も経っていた。芥川さんは、『恋愛マスター』と呼ばれて、私生活でも女性に大人気だった。最新刊の「時に愛は命を奪う」は、恋愛小説の中で現在ぶっちぎりの売り上げをあげており、文壇にも衝撃が走っている。
 芥川さんは、月に10日だけ、誰とも会わず、電話にも出ないで執筆にこもっていたらしい。奥さんの知帆さんも、その間は邪魔にならないように旅行に出るか実家に帰るかするというスタイルを築いていた。今回、芥川さんは執筆期間中で、知帆さんはフランスに行っていた。今朝、戻って、書斎で芥川さんの遺体を発見したと言う。
 芥川さんには、常時50人の恋人がいたらしく、彼女たちは、互いにいがみ合い、芥川さんを独占しようとし、いつも揉め事が絶えなかったと言う。誰が芥川さんを殺したとしても、不思議はないと涙ながらに語る知帆さん。さらにバレンタインデーで、一般読者を含め、莫大な量のチョコレートが送られて来ており、犯人の特定は困難を極めそうだ。
 芥川さんの胃の内容物は、チョコレートのみだった。いくらバレンタインデーの直後とはいえ、かなりの偏食ぶりである。生前の芥川さんには、そのような偏食の傾向は見えなかったという知帆さんの証言もあり、不明な点が多い。体内から微量の睡眠薬も検出され、謎は深まる。
 遺体のそばのチョコレートの包装紙に、『私を 殺したのは うま』というメッセージが残されていた。ダイイングメッセージなのか? チョコレートで書かれた文字。内容も意味不明である。現場は書斎である。ペンもあったであろうに…。

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

公開終了日
2022-01-28 15:00:00
制作年
2004
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

刑事・探偵国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア