お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ【TBSオンデマンド】 第7話 行き過ぎた節約道

G 26分

 「犯人は身内か!?」
金田平蔵さんが自宅で首を絞められ殺されていた。第一発見者はカリスマ節約主婦で有名な金田節子さん。どうやら後ろからネクタイで締められた様子。死後三日はたっている。これは身内の犯行なのか? しかし、妻の節子は仕事で海外に行っていて帰ってきたばかり。犯行は不可能なのだ。
 「節約は生きがい?」
節子は主婦の鑑。エアコンは使わず、Tシャツのわきの下を濡らして冷凍庫に入れそれを着て暑さをしのいだり、窓拭きは新聞紙を使い、水はTシャツを塗らしたしぼり水。部屋の電気は一つ。後は鏡の反射を利用して明るくしていたり。とにかくとことんやり抜く。それが節子流。
 「犯人は節子??」
節子は一週間前からヨーロッパに行っていた。そのお土産はタダのパン粉3袋のみ。お向かいの奥さんと編集部の人、裏のおばあちゃん。平蔵さんのお土産がない。なぜ…。節子は平蔵さんがもはや死んでいると知っていたのだろうか?
 「死亡推定時刻をごまかす」
もし節子が犯人だとすれば、死亡推定時刻をごまかさなければならない。でもどうやってごまかしたのだろうか? これも何か節約に関係があるのだろうか。あるとすれば必ず家の中に証拠が残っているはず。犯人は節子なのだろうか??

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

公開終了日
2022-01-28 15:00:00
制作年
2004
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

刑事・探偵国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア