お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
  • 再生する
  • 視聴準備完了

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ【TBSオンデマンド】 第13話 柴田さんを助けて!!

G 26分

 「公園に爆弾がしかけられた!」
港区赤坂のあじさい公園に何者かによって爆弾が仕掛けられた。必死に捜索にあたる警官たち。そして発見したがとめられず爆発…ん? 小爆弾だ。被害者は出なかったが、変わりにビデオテープが落ちていた。
 「ビデオテープの中身は…」
なんと秘密結社「海王星団」からのものだった。海王星団とは要人暗殺を企て、国家転覆を狙うテロリスト集団。海王星団都内某所に一万倍規模の爆弾を仕掛けたと言うのだ。彼らの目的はただ一つ。海王星団の首謀者、荒畑任五郎の釈放を要求するものだった。タイムリミット明日の正午。その要求を飲まなければ…。
 「公安が手に入れたヒントとは…」
どこを探しても爆弾は見つからない。そんな時、謎の人物、公安からヒントが!そのヒントを基に爆弾を探す。荒畑の言葉を頼りになんとか爆弾を探し出すのだが、もう時間がない。爆発物処理班を待てない。一体どうすればいいのか?
 「そこへ現れたのが…」
鑑識の柴田。実は柴田は、小爆弾を見つけたときに、「これくらいの爆弾は僕にでも解体出来る」と言い放ったものの出来なかった。そして高村と言い争いになっていたのだった。高村は鑑識のくせにしゃしゃり出るな! 鑑識なんて警官とは認めない! と。そこまで言われた柴田だったが、やはり見捨てることは出来なかった。
 「ん? 手錠?」
柴田は泪たちに手錠をかけ、爆弾を持ち去ってしまった。自分一人で解決しようとしているのだ。手錠を外したものの、柴田の居場所が分からない。泪は柴田に電話する。果たして彼の居場所を探し出すことが出来るのだろうか? そして、爆弾を無事解体することが出来るのだろうか?

お得なまとめ買い(1)

詳細情報

公開終了日
2022-01-28 15:00:00
制作年
2004
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • WiiU
  • XboxOne
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
レンタル (高画質) 216円
ご購入手続きへ

刑事・探偵国内ドラマランキング

サブジャンル

ジャンル

  • ツイート
  • シェア