お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

彼女は夢で踊る

G

何度閉館に追い込まれても蘇る伝説のストリップ劇場! 時を越えて交錯する劇場に秘められた美しいラブストーリー。

広島の老舗ストリップ劇場に閉館が迫っていた。社長の木下は過去の華やかな時代を思い出す。最後のステージを飾るストリッパーたちが劇場にやってくる。この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子。閉館への日々に、木下は忘れていた遠き日の恋を思い出す。そして、最後の舞台の幕が上がる。観客たちはステージの裸の向こうに何かを見つめている。木下は劇場の終演に、胸の奥に隠していたダンサーとの秘密を思い出す。ステージの上に幻は眩しく輝き、木下は遠い昔の美しい夢を見る。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:時川英之 製作会社:TimeRiver Pictures 株式会社 音楽:佐藤礼央
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-26 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入999円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
999
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

彼女は夢で踊るの評価・レビュー

3.9
観た人
427
観たい人
1535
  • 3.1

    りりさん2021/04/07 05:56

    久々に観た映画。
    おもしろかったけど、広島出身としては
    主人公が終始大阪弁なのが、?

    広島の映画なのに大阪弁…?と思ったし
    広島に染まらない人間がそこまで人から慕われるようになるのか?よくわからない。

    女性が体を張ってる作品にあんまり低評価はつけたくないのだけどキャラクター性に共感しにくかった。
    昭和レトロな昔の背景に、超絶現代顔の男の子というのも、?
    主人公の現在と昔の姿にキャラクターの共通性がなさすぎて、はじめ同じ人間だと分かんなかった。笑

    踊り子の皆さんはすごく綺麗で芸術的な体。女性が拍手しながらお金を払って見たいと思う気持ちがわかる。
    舞台上より普段の踊り子の方がエロい。

  • 4.0

    Masakiさん2021/04/06 11:29

    ただエロいだけじゃなくて、文学的な要素がしっかりあって良かった

    今みたいにスマホ一つでインスタントにエロが手に入る時代じゃなかった、当時のストリップのアングラで価値ある感じがよかった。

    昭和の人達にとってはたまらんノスタルジー作品だろうな〜。


    主演の役者さん高橋一生に似てる

    作品を通してゴールデン街っぽい世界観だな〜って思った。

  • 5.0

    ozabonさん2021/04/04 10:52

    最初のうちは気取って勿体ぶった演出だなあと思っていたけど、話が進むにつれてその演出が効いてきて、戻れない場所や過ぎ去った時間に涙腺が崩壊する。配役が素晴らしい。社長の若かりし頃を当時の街並みを再現するのではなく敢えて現在の風景のまま描くことで、彼女は夢で踊る、その夢をノスタルジーに終わらせていないのがいい。
    (追記)いやいや、やっぱり違う。おもいっきりノスタルジーなのだ。社長はしょうもないおっさんだ。夢から去っていく人のことを夢の中にいる人はわからなくて平気で残酷なのだ。

  • 4.5

    せーしゅーさん2021/04/03 23:39

    理解して欲しいとは言わないけど
    こんな恋愛を求めてしまう

    何度かストリップには
    行ったことあるけど
    美しくて温かみのある下品さで
    とっても居心地が良かった

    映画の登場人物で素敵な女性トップ3に
    岡村いずみさんは入るね

    こんな映画をもっと観たい。

  • 3.8

    sideBatsu2015さん2021/03/28 20:08

    館長 加藤雅也さんと劇場そのものが主人公の映画。踊り子が何年もかけてその劇場の壁につけた口紅を思い、ヨーコさんのラストステージに泣いてしまった。かっこ良かった。
    主演の女の子がイマイチでもったいない。

    閉館した、となってましたが、観賞の一ヶ月後に劇場に行ってきた。やっぱりストリップは最高に楽しく、辞める辞める詐欺でも構わないから できるだけ続けて欲しいなぁ、と。

  • 4.0

    けんいちさん2021/03/25 17:59

    広島県に実在したストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー。

    閉館を前にして、現在と過去が交錯し、甘く苦い思い出を辿る、時の旅路へ。

    人にも建物にも、歴史あり。

    いやらしさは無く、優しさと美しさに包まれた素敵な作品でした。

  • 3.9

    Kさん2021/03/25 12:32

    まず、レディオヘッドのcreepがバックに流れる映画予告を観て惹かれました。

    あの雑でいい加減でよく言えばおおらかだった昭和の時代を感じつつ、実在のストリップ劇場を舞台にした切ないラブストーリー。

    映像も美しく、とても説明が難しいけど、とても良かったです。観て良かった。

    映画を鑑賞後、実際のストリップ劇場へ行くという映画館主催企画に参加しました。(女性限定企画)
    映画を観た後とあって踊り子さん方を応援したい気持ちでいっぱいになったのと、今回行ったストリップ劇場もじきに閉館予定とのことで、また一つの時代が終わるのだな、と切ない気持ちになりました。

  • 3.6

    Mariinaさん2021/03/23 10:06

    広島舞台の映画を広島旅行中に鑑賞。

    閉館閉館すると宣言してまだ閉館しない実在のストリップ劇場の話。
    加藤雅也が社長木下役で、懐古シーンの若き木下を犬飼貴史が演じる。

    ストリップ×radiohead「Creep」は
    意外な組み合わせだけど、とても合う。

    エロスはなく、美しかった。

    ただ、結局踊り子と寝てるのね、という。

  • 3.8

    カーズさん2021/03/21 18:45

    はじめは、ストリップ劇場の話ということで構えて見ていましたが、

    とにかく、映像が美しかった。
    撮影が外国の方というのもあって、独特で芸術的でした。

    岡村さんの演技も、すばらしく、見入ってしまいました。

    時代の流れで、閉館が続くストリップ劇場。

    時代の流れは、ここにもあるんだなぁーと切なさを感じていたら、

    じつは、現地が、、、(笑)とな!!

    舞台挨拶も、面白かった!ですね!

  • 3.9

    KAIRIさん2021/03/21 12:16

    広島に実在するストリップ劇場を舞台に描かれる、儚い恋と美学の物語

    長い歴史を重ね紡いできた場所が、終わりに向かい始めたからこそ生まれる一瞬の輝きが、映画の中にこれでもかとたくさん詰められているようでした

    劇中で描かれる、登場人物たちの眼差しのすべてが純粋で、綺麗で、優しくて...
    観終わったあとに儚さや少しの寂しさは感じても、誰かに怒ったり憎んだりといった嫌な気持ちみたいなものはすこしも残らない、爽やかな読後感

    岡村いずみさん演じるサラが海辺で踊るシーンがあるのですが、ある神話と重なって、神々しくて天女様のようで美しかったです


    最後に
    「メキシコ人が言ってたんだけど、テキーラを飲んで胸焼けがするのって、昔の恋を燃やしているからなんだって」
    は、積極的に使っていきたいです🥃

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る