アダルト
  • トップ
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 作品配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • ライブ
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

青い、森

G アプリでDL可: レンタル
49分 音声:日本語

そこは山よりも高く、空よりもずっと遠いところ——。

幼い頃に両親を亡くし、育ててくれた祖父をも失った波(清水尋也)は、祖父のある言葉だけを胸にしまい世界から心を閉ざしていた。しかし、志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)と出会い、次第に心を通わしていく。高校最後の思い出に、 三人はヒッチハイクで北を目指す旅に出て、忘れがたい時を過ごす。そんな中、波が忽然と姿を消してしまい、歯車が大きく狂い出す。あれから4年の月日が経とうとしていた……。波は何故、そして一体どこへ? それぞれがもがき苦しんだ果てに、掴んだ景色と…続きを見る

青い、森

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

場面写真

あらすじ

幼い頃に両親を亡くし、育ててくれた祖父をも失った波(清水尋也)は、祖父のある言葉だけを胸にしまい世界から心を閉ざしていた。しかし、志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)と出会い、次第に心を通わしていく。高校最後の思い出に、 三人はヒッチハイクで北を目指す旅に出て、忘れがたい時を過ごす。そんな中、波が忽然と姿を消してしまい、歯車が大きく狂い出す。あれから4年の月日が経とうとしていた……。波は何故、そして一体どこへ? それぞれがもがき苦しんだ果てに、掴んだ景色とは……?

関連情報

プロデューサー:田村菜摘 製作会社:オフィスクレッシェンド 音楽:小野川浩幸 撮影:志田貴之 照明:疋田淳 録音:岸川達也 美術:平原孝之 装飾:山本直樹 助監督:東條政利

最新!青春・学園邦画月間ランキングもっと見る

今日から俺は!!劇場版 今日から俺は!!劇場版

笑いの金メダル「今日から俺は‼劇場版」―スクリーンで大暴れ!!!1980年代に連載された伝説のツッパリ漫画「今日から俺は‼」が、2018年、日本テレビ系列でまさかの連続ドラマ化。80年代・昭和の千葉を舞台に、高校デビューのツッパリコンビの愉快な学園ライフを、迫力のバトルアクションと斜め上を行き過ぎるギャグの連続で描く、抱腹絶倒のコメディドラマが誕生。そして2020年。今日俺ファンの熱い声援に応え、『今日から俺は‼劇場版』が公開! 原作でも特に人気が高いエピソード“VS北根壊高校編”が描かれる。ツッパリたちが繰り広げるバトルアクションロワイヤル×超メガ盛り爆笑ギャグ×ハラハラ&ドキドキ&硬派な友情ストーリー!!

¥440

(4.2)

賀来賢人

1位

あのこは貴族 あのこは貴族

同じ空の下、私たちは違う階層<セカイ>を生きているーー。東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことで、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。2人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく―。

¥1,100

(4.0)

門脇麦

2位

思い、思われ、ふり、ふられ 思い、思われ、ふり、ふられ

明るく社交的な朱里、内向的でうつむきがちな由奈、クールな理央、爽やかで天然な和臣。偶然出会ったタイプの全く違う4人は、同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生。親同士の再婚で「家族」となり、朱里に言えない恋心を抱える理央。そんな理央に憧れるけど自分に自信が持てない由奈。和臣に惹かれていき、自分の感情に戸惑う朱里。ある秘密を目撃してしまい自分の気持ちに蓋をしてしまう和臣。一人の告白をきっかけにそれぞれの感情は複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違ってしまう。4人の切なすぎる片想いの行方は——

¥440

(3.5)

浜辺美波

3位

大きい女の子は好きですか? 大きい女の子は好きですか?

モデルやグラビアアイドルとして大活躍の奈月セナと武井玲奈をダブル主演! 青春ラブコメディ漫画が実写映画化!巨女ハーレムでお色気アタック!夢の寮長兼監督生活を綴る青春ラブコメディ!

¥330

(5.0)

奈月セナ

4位

鬼ガール!! 鬼ガール!!

鬼瓦ももかは、ステキな恋、キラキラした青春にあこがれる、新高校1年生。でも彼女には、ゼッタイにバレてはならない秘密があった。それは、自分が鬼族の血をひく“鬼”であること。鬼のような天パーをストレートにし、鬼のような怪力をセーブし、興奮すると頭に生える“ツノ”もかくして生きてきた。これがもし見つかったら、彼氏も友だちもできっこない…。高校生活は、初日からドキドキの連続!にっくき幼なじみのせいで鬼のことがバレそうになったり、映画部の岬先輩からヒロインにスカウトされたり……。ソッコーで「女優になる!」と決め、岬先輩のことで頭がいっぱいのももか。あれ、ひょっとしてこれが恋ってやつ!?青春ってやつ!?しかし!映画のヒロイン決めはオーディションだった!はたして、ももかは、鬼バレせずにヒロインになれるのか?ももかの恋は、青春は、いったいどうなる!?

¥440

(0.0)

井頭愛海

5位

WALKING MAN WALKING MAN

野村周平が歌う魂のラップ×人気ラッパーANARCHY初監督。どん底からラッパーを目指す”音楽&青春”映画!

¥440

(4.1)

野村周平

6位

春待つ僕ら 春待つ僕ら

  • SALE

美月が出会ったのは、学校でも有名なバスケ部のイケメン四天王だった―イケメンだらけの青春DAYSスタート!?

¥550¥220

(3.3)

土屋太鳳

7位

小説の神様 君としか描けない物語 小説の神様 君としか描けない物語

中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッションーそれは、2人で協力し、大ベストセラーを生み出すことだった!ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対の2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまうー。

¥440

(0.0)

佐藤大樹

8位

青い、森の評価・レビュー

3.4
観た人
203
観たい人
2192
  • 4.0

    ほしママさん2021/06/24 12:58

    GWに刈谷日劇で掛かっていたのに
    逃してしまって、おうちで。

    喪失の傷みを抱えつつ
    無邪気な友だちに癒される日々。
    友だちと共に出掛けて
    でも、ひとりの道を選ぶ「波」。

    何事にも表と裏がある🦋
    生と死もまた共にあるのか。
    今目の前にいる友は
    実は過去の光なんだろうか。

    「波」を求めて今年も来た場所。
    「波」の孤独を、喪失の傷みに
    気づき、彼の見た景色を見て
    それを抱えながら
    元の道を戻ることを選ぶ。

    家に帰れば、6ヶ月の赤ちゃん。
    無限の可能性が待っている。

    余談1
    森の映像がきれいだったけど
    お粗末テレビで残念😿

    余談2
    『猿楽町で会いましょう』と同じ
    未完成映画予告編大賞作品でした。
    予告編、今から観てきます‼️

  • 3.7

    いさん2021/06/21 22:39

    個人的に凄く好きな作品。
    「表と裏」かつ「生と死」が1番のテーマかな。
    映像が綺麗で、自分にとってはセラピー映画。

    主人公が行ってみたい場所があるとのことで、友人達と北へ向かう旅。
    前半はまるでスタンドバイミー。
    少年達の夏の思い出。
    一番好きな季節である「夏」の良いところを凝縮したような描写が続く。
    しかしそこで主人公は行方不明になるのであった。

    劇中での「宇宙から光を発している星が、既に消滅していたとしても、距離の関係で我々にはまだそこに存在しているかのように見える。」的な発言が一番印象に残っている。
    確かにそうだ、不思議だね。

    後半からは終始不穏な雰囲気が流れる。

    行方不明から4年経った今も、主人公の自宅である古民家へは毎年足を運んでいる友人達。
    しかしその年はいつもと違った。
    なんと隠し部屋を発見することになる。
    足を踏み入れたその先には、主人公が目指していたものの正体があった。

    その場所に主人公がいるかもしれない。
    急いで向かう友人達であったが。。

    最後の青い森のシーンが、CG味が強過ぎたのは残念だった。。

    「表と裏」の模様が違う蝶から始まり、顔のキズがある側とない側、明るい外面と隠された内面、古民家と隠し部屋、生と死、など様々な対比が描写されていた。

    p.s.最後振り向いたその先には何があったのかな〜。

  • 3.8

    kiitaさん2021/06/13 23:09

    内山拓也監督0章三部作の1つ

    佐々木イン、マイマイン

    ヴァニタス

    青い、森
    この順番での鑑賞してよかった

    ヴァニタスのやるせなさから立ち直れる
    不気味なドキドキからの映像美✨
    青い森は美しかった
    エンドロールのタイトル曲がまた泣けて
    ふっと上がって持って帰れる
    鑑賞後の気持ちがラクになる作品

  • 3.5

    badhabitさん2021/06/13 02:09

    幻想的な雰囲気が印象に残った作品。
    影裏を観た時にも感じた、他者という存在の底知れなさのようなものが描かれていたように思った。どれだけ親しくなったとしても、人と人は分かり合えない。影の一番濃い部分を、外側の存在が目視出来ることはない。
    楽しいヒッチハイクの旅の裏に隠されていた、波の本当の目的地。青い森は、死者と交信出来る場所?
    そこに姿がなくなっても想ってくれる人がいるのは幸せなことだな。
    全体に死の香りが漂っているせいか若干の不気味さもあり、好きなタイプの映画だった。多くを語り過ぎない尺も丁度いい。主演の子達ふたりの演技も過不足なくいい感じ。他の役も観てみたいな。

  • 3.2

    猫さん2021/05/18 20:39

    『佐々木、イン、マイマイン』の内山監督作品ということで鑑賞。

    とても幻想的な映画でした。
    出だしは元気な高校生たちが、ワラワラとやってるんだけど
    その数年後から
    絵的にも、話も変化。
    行方不明になった?同級生のことが
    いつまでも心に引っ掛かっていて
    抜けない
    残された友人たちは
    毎年、その時期になるとそこへ出掛けてしまう
    ……そんな気持ちは
    何となく分かります。

    まるで幻の蝶々を追うような世界観。
    ……実は後半
    余りよくわかりませんでした。
    生と死の境目を描きたかったのかな?と思いました。

    とても観念的な映画でした。

  • 4.1

    どらみさん2021/05/06 11:24

    佐々木、イン、マイマインで強烈な印象を残した
    内山拓也監督の脚本、共同監督作
    大きな喪失を抱えて生きていた同級生波が
    忽然と姿を消し
    彼と同様に喪失感に囚われた二人は…
    感情の表と裏
    埋められない想い
    私も若くして姉の死を背負ってしまったから
    切なく美しく青い物語が痛みと共に心に沁みこんだ…

    大好きなクラムボンの原田郁子さんの書き下ろし曲がさらに余韻を深めます

    内山監督のインタビューの
    埋もれていってしまうものや
    圧力で潰されそうな人たち
    その境遇や生き方みないなものの中の
    小さな感情を一つでも掬い上げたい
    という想いは、
    佐々木、イン、マイマインでも今作でも
    しっかりと伝わる

  • 2.7

    ツクモスフィールさん2021/05/05 00:15

    もう一捻りあるのかと期待したのに残念、良いポテンシャルは持っているのにもったいない。

    あまりにも長いのもアレだけどもうちょい話詰めて長くしても良かったんじゃない?

  • −−

    槙さん2021/05/01 10:01

    めちゃくちゃ良かった。若手監督の短編作品にありがちな“ここから長編作品に続いていきそうな感じ”ではなく49分でかっちりひとつの物語になっている。脚本が内山さんとのことでマジでこの人のセンス末恐ろしい……

    台詞回しや仕草など若干過剰すぎない?みたいなところもあるんだけど、その過剰さがあるから短編でもちゃんと物語として完結できている。18の夏、男3人ヒッチハイクの旅をベースにただのキラキラ青春ものかと思いきや、羽の表と裏の違う蝶をモチーフに友情とそれでも話さない心の内、広い家と隠し部屋のような暗室、過去と現在、生と死……といくつもの二極的なモチーフとその淡いの繋げ方が秀逸。「ヴァニタス」にしろ「佐々木〜」にしろこれにしろ内山監督作品に通底する人と人の埋められない距離感の肯定とそれでも誰かと繋がっていたいという渇望?衝動?葛藤?みたいなものを本当に素朴に素直にまず認めていて。それって今までありそうでなこったし、撮れそうで撮れないベクトルのものなんじゃないかなぁ。それをするっと見せてしまうところが内山さんなんだろうなって思うし、撮れてしまうところも内山さん。いや、マジでいい奴なんだろうな〜、彼。って見るたびに思う。

    内山監督、今のところ青春ものばっかりとっているんだけど、その青春観が今どきなエモとかそっち系じゃなくて昭和の青春小説を読んだ時の感覚に近くて。そこが本当に好み。それこそ『プールサイド小景』とか『海辺の光景』とかを現代版で良いから映画化してくれないかなぁ……

  • −−

    愛香さん2021/04/15 02:27

    青色、フィルムカメラ、清水尋也、、、

    物事には裏がある←そうだよねうんうん、蝶の白色の羽の裏は青色だった
    後半はちょっと置いていかれてしまった

  • 3.5

    イチさん2021/04/03 01:11

    これを観て"美しい"と"清水尋也エモい"以外の感想を言えるような感性と理解力を持ってたかったです、念願の劇場鑑賞やったのに分からんとこ多くてくやしかった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「青い、森」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    公式SNS・ソーシャルメディアのご紹介

    RakutenTVをフォローしよう
    表示モード:
    スマートフォン
    PC