お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

インモータル 不死身の男

G
  • 吹替
  • 字幕

重傷を負い、記憶を失った男が、強大なテロ組織に挑む、壮絶なるアクション!目覚めよ、最強の戦士!!

ブリナー率いる国際的な武器密売グループとテロ組織との取引を知ったロシア情報安全保障局は最強の軍人・ルプツォフ少佐に取引の阻止とブリナー逮捕を命ずるが、ルプツォフは何者かの裏切りによりブリナーを捕り逃がし、部下を全員失ってしまう。ルプツォフ自身も頭部に重傷を負い、記憶を失ってしまうが、彼は少しずつ記憶を取り戻しながら、裏切り者の正体を暴くべく、ひとり孤独な戦いに身を投じる。やがて彼は、彼の愛する妻や娘、そして世界に恐ろしい危機が迫っていることを知る事になる・・・。 

詳細情報

原題
BLACK DOG
関連情報
プロデューサー:グレーブ・スプリコフ 撮影:ヴァルデマー・シュミット,マクシム・クロフスキー 編集:リュボフィ・ノヴィコヴァ 音楽:ルスラン・ムラトフ『オーガストウォーズ』 
音声言語
ロシア語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
ベラルーシ
対応端末
公開開始日
2021-04-07 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

インモータル 不死身の男の評価・レビュー

2.5
観た人
11
観たい人
26
  • 2.0

    kiuさん2021/04/18 17:17

    ねぇルーシ聞かせてよ♪そこの世界の音♪の映画

    ベラルーシ製作の映画。そもそもベラルーシって何処よ?ポーランドとロシアの間。国名の由来は「白ルーシ」。「白」の元となったのがモンゴルというか古代中国の五行思想から。白虎の方角(西)のルーシだから白ルーシだそうで。

    ヨーロッパ最後の独裁国家なんて言われてる、不安定な印象のベラルーシ映画ってどんなのよ?って興味だけで鑑賞。


    元ソビエトらしく、こいつもロシア映画あるあるな、後半になるにつれてシナリオが破綻。。。それでもロシア映画は金かけてたり、キャッチーな映像(予告詐欺とも言う)を散りばめてたりするんですが、それもなく。。。

    カット多発で場面飛ぶのと相まって、破綻したシナリオを更に混ぜくり返して何がしたいんだか???かと言って頭空っぽ脳筋アクションでもないんで何がしたいんだか???ジェイソンボーン的な“風味”を楽しむ作品。あくまで“風味”ね。噛んだら駄目。喉越しも駄目。

    細かい事を言うななんだろうけど、雑味が大雑把すぎて???不死身の男→余命半年っす→大丈夫でした!とか、戦闘機とジェット機の縮尺とか、テロリストなのに書類がそんなに大事か?とか、あんな電源供給なさそうなチップで音速で飛んでる飛行機の位置補足とか、放射性物質積んだトレイラーで急ハンドルとか、敵も味方も人質無視とかとか。

    まぁ興味だけで観たんで、想定内っちゃー想定内ですが、人に薦める出来ではないかな。

  • 3.0

    ウガチャンムービーログさん2021/04/17 21:21

    「フリント」シリーズのウラジミール・エピファンチェフ主演のベラルーシ発アクション映画である。
    アメリカ映画とは一味違うテイストだが、ストーリー展開・演出がいまひとつの感は否めない。

  • 2.9

    ラブラドールさん2021/04/13 23:51

    主にアクション&少しサスペンス系のベラルーシ作品。
    ベラルーシの作品って初めてかもしれません。

    アクションも迫力があってそこそこ楽しめるのですが、ストーリーの流れというか主人公の目的がよく分かりませんでした。
    テロリストや悪役、政府の機関の人たちなど色々と出てきて、それぞれが一生懸命に自らの目的を果たそうとしているのですが、彼らそれぞれの目的が一体何なのかもよく分からないまま最後まで押しきられてしまった印象です(^^;)

    主人公は仲間を殺されたため、その復讐を果たすために活躍するのかと思っていたのですが、いつの間にか家族の救出に一生懸命で、救い出したら結構満足している感じで、あれ?という感じでした。

    悪役の人たちも、簡単に人を殺す割には、主人公やその家族を殺せるタイミングで軽く逃がしてしまうなど、イマイチ一貫性に欠けるキャラクター設定が逆に面白かったです。
    それほど大したことしてないのに、たまたま良い結果につながり、さすが!と言われれ、まんざらでもない表情の女性捜査官がお気に入りでした。
    内容的に??のレベルの作品なのですが、続編の含みを持たせて終わらせるあたりも最後に少しクスっときました。(鑑賞する側としては続編はないと思いますが、もしかして監督は続編作る気満々なのかなぁと)

    珍しいベラルーシの作品、観てみる価値はあるかもしれません。

  • 2.8

    ichitaさん2021/04/11 13:13

    初!ベラルーシ映画。

    何の感情も湧いてこない、ある意味不思議な映画だった。

    続編作る気なのかな?という終わり方したような気がします。(ぼんやりしてた。笑)

  • 2.6

    りょーこさん2021/04/08 06:50

    骨シリーズのバッタもん from ベラルーシ

    不死身の男とかありますが、序盤で半年~1年の命とか言われます(笑)

    アクション映画だけれど、裏切りとかドラマシーンが多くて退屈~(´Д`)

    主人公はなかなかのむっちりハゲ親父だけれど、華が無いのが残念でした。



    シリアの検問に現れた男。

    尋問するが、彼は脳震盪を起こして記憶を失っていた。

    その後、ロシアのISS(情報安全保障局)緊急対応部隊のルプツォフ少佐であると判明。

    ある作戦から1年半が経過しており、妻子には死んだと思われている。

    そこへ彼の命を狙う輩が現れ……



    名前が難しい挙げ句、裏切りやら何やらで誰が誰やら(笑)

    ロシア辺りの作品はここがネックだなぁ~
    でも好きだから慣れたい(。>д<)

    ちびっとあるアクションシーンは薬莢出てたけど、爆発はCGで残念。

    なんか狙われる意味とか敵の目的とかもパッとしないし。。。
    いっそ世界征服!とか安易なのにしてくれww

    そんな微妙なボーンもどきなのでした。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す