お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

超擬態人間

G

世界三大ファンタスティック映画祭で話題となった日本製ホラー

ありふれた朝。親子で目を覚ました風摩と蓮は直ぐに異変に気づいた。目の前には〈いつもと違う〉光景が広がっていたのだ。それは深い森……。なぜ彼らは森で目を覚ましたのか?時同じくして、一台の車が山中に迷い混んでいた。結婚式を控えたカップルとその新婦の父親が乗る車だ。馴れない山道で方向を見失った一行。そんな彼らは更なる試練と向き合う事になる。車が故障したのだ。ふたつの話が一つになるとき…。それは世界崩壊の始まりを意味していた…。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:山口剛,藤井秀剛,梅澤由香里 音楽:上田健二
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-04-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

超擬態人間の評価・レビュー

3.2
観た人
273
観たい人
1463
  • 3.1

    ゴンさん2021/06/15 07:20

    パッション映画で割と良かったけど、キャラ設定詰めすぎじゃない?
    人気キャラクター、「超擬態人間」の知られざる誕生秘話をついに実写化!みたいな終わり方しててちょっと笑った。

  • 4.0

    いもさん2021/06/14 12:01

    見辛い画面やごちゃついたストーリーなど色々あるけれど勢いと熱さが感じられる低予算スラッシャーホラーでした。
    二つの視点から進む物語、どちらもやや込み入った設定なのでどちらかはシンプルなストーリーの方がわかりやすかった気もする。
    とんでもSF理論のぶちこみかたがなかなかに豪快で面白かった。
    また容赦のないグロ描写とちょっと不快感が強すぎるエロ描写のくせの強さも相当。
    あえて説明をしない(しすぎない)スタンス良かった。
    人には勧められないけど、好きな人は相当好きな怪作。

    劇中の若作りメイクの技術羨まし~!笑

  • 3.2

    バルティゴさん2021/06/08 22:12

    予算なんて無いだろうけどアイデア絞って工夫してすごく良いと思う。
    そりゃ安っぽかったりするけど、メジャーなクソ邦画よりも断然楽しめる。

  • 3.2

    ゆん汰さん2021/05/29 02:31

    メイキングを見ると作り手達の頑張る姿がよく分かる。低予算だからこそキャストがスタッフの立ち回りもして人件費をこなす。

    最近何かと話題の藤井監督作品だが、初体験。ゴア描写は容赦なく、初期の三池崇史を彷彿とさせるような不愉快なシーンも多く、やはり只者ではない。

    正直内容的には何が何だかわからない作品ではあるけど、凝った変態的要素とラストは中々に衝撃的。

  • −−

    特売小説さん2021/05/23 17:58

    照明を当てて明るい映像にしてもらって、カメラをぶん回し過ぎたり、或いはまた被写体の動きに遅れたりしないよう固定してもらってついでに煩雑で煩いカットバックなんかも控えてもらって。

    台詞を聞き取りやすくする気もないんだったら変に捏ねくった物語は排してまんま「死霊のはらわた」にしてもらえたなら。

    あたし全然楽しめたわよと言えるんだけどなぁ。

    現状はただ要らん自意識がうるせえだけでしたよねえ。

  • 2.3

    えーこさん2021/05/19 21:05

    ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2019アジア部門グランプリに輝いたスラッシャーホラー。
    幽霊画『怪談乳房榎図』に着想を得た?
    現代版『ザ·チャイルド』??

    森の中のベッドで目を覚ました風摩と蓮。
    その森にはナマハゲがっ…(笑)

    ロイド·カウフマンが絶賛!?
    昔の未公開作品かなんかかと思ったら、
    2018年制作て、、
    なーんか鉄男っぽい?
    擬態人間て設定は面白いけど、、
    ザラついた映像、無名の俳優たち、
    粗削りで素人感満載。
    監督曰く「見えにくいとこ、聞こえにくいとこ多少あるかもしれないが、それはリアリティーを追及したところだ」(←えー)
    舌引っこ抜いたり、内臓引っ張ったり、
    どーにもチープで笑ってしまう。

    「悪い子はいねがー」
    児童虐待を描きたかったようだけど、
    ちょっとズレてるなー
    なんちゅーマシン作ってんだ、、
    機織りみたいにカタンコカタンコ(笑)
    着物だったり、古民家だったり、
    海外ウケ狙ったのかな、、

    オバケンチックなホラーアトラクション??
    続編ありそう(笑)
    前日譚スピンオフ『恐るる森』、
    「あのマシンから逃げられない」て笑ったわー

  • 2.6

    Tinscowさん2021/05/17 20:33

    タイミング逃して劇場で観れなかった。
    いろんな意味でそれで良かった。

    多感なお年頃に観てたらそれなりにトラウマになってたかも。

    わけわからないなりにも、それなりに惹き付ける要素、見せ方が欲しい。

  • 3.8

    hayashiさん2021/05/15 10:24

    新文芸坐 
    オールナイト
    <気になる【過激な】日本映画たち>

    とにかく作り手の情熱は伝わった。やりたいことをやってる感じが好感度高い。

  • 2.4

    RAMPOさん2021/05/15 04:44

    コントラストの強いザラザラした粗い映像と相まって、物語の舞台設定として不気味な山中のロケーションは、なかなかに素晴らしい。

    説明的セリフを極力抑え、夢とも現実ともつかない悪夢的なシーンを断片的に繋ぎ合わせてストーリーを紡ぐってやり方も、まぁ手法論としては悪いとは思わない。
    所々、お!っと思うシーンもないでは無い。
    でもねぇ、やっぱり凄くチープなんですよね、いったいいつ制作された作品?ってくらいに、ってかこれ商業ベースに乗る映画?ってくらいに。

    全体的に雑。支離滅裂で世界観が薄くリアリティのかけらも感じない。作り手に個々の「こんなシーンが撮りたい」って思いが先にあって、それがオマージュ溢れる微笑ましささえ感じるものだったとしても、それらを繋ぎ合わせただけでは一つの作品としての映画の完成度に一つも寄与してないというか、凄く独りよがりっていうか。

    美術・セットや小物、怪物?の造形もチープ過ぎて…。
    なんというか二次元の、線だけで描き出された漫画じゃなくて(こんな言い方は漫画に失礼か)、あくまで実写映画なんだから、もう少し丁寧な造り込みがないと作品世界に入っていけない(とはいえ、そのストーリーも中学生が考えたのかってレベルなんだけど)。
    なんか物凄く下手な演劇を観せられてる気分になる。

    ただ、オープニング、音響、エンディングは上手。

    ということで散々なレビューですが、昨今のメジャーJホラーよりは、無駄にお金をかけていないだろう分だけ、まだ随分とマシなのかもしれない。
    所々良いシーンもあったので、今後に期待、かな。

  • −−

    けいすけさん2021/05/14 19:23

    絵面、音響の衝撃は凄いんだけど、その衝撃以上のものがない。
    安い爆音、過剰なストロボ、不条理で心身の健康があっという間に損なわれる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る