お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さくら【テレ東OD】

G

北村匠海×小松菜奈×吉沢亮と、今、最も旬なキャストが兄弟妹役で共演!ありふれた家族の、きれいごとじゃない物語。

この映画の原作は累計55万部を突破する西加奈子の同名小説。2015年に「サラバ!」で直木賞を受賞、いまや日本を代表する小説家のひとりとなった彼女が、デビュー作「あおい」の次に発表した「さくら」の映画化だ。映画化は「きいろいゾウ」「円卓」「まく子」に続いて4作目となる。この映画に登場するのは、サクラと名づけられた1匹の犬と長谷川家の5人、そして彼らそれぞれにとって大切な人たちだ。日々の幸せ、初めての恋、思いがけない事故、愛するがゆえの葛藤……普遍的に映る家族の日常は決して普遍的ではなく、ひとりひとりの物語が、ひとつひとつの出来事が、心にずっしりと突き刺さってくる。そんな西加奈子が紡ぐ家族の物語に「私の映画史がすべて入っている」と、その世界観に惹かれ監督を引き受けたのは矢崎仁司。『ストロベリーショートケイクス』(06)、『スイートリトルライズ』(10)、『太陽の坐る場所』(14)、『無伴奏』(16)など、人間の複雑な感情を映し出すことに長けた矢崎監督が、長谷川家という1つの家族を通して、夫婦、兄弟妹、親子、初めての恋、一途な愛、生と死、そして生きることの意味を丁寧に描いていく。心に深く刻まれるであろう家族の物語がまたひとつ誕生した。

詳細情報

関連情報
【原作】西加奈子「さくら」(小学館刊) 【監督】矢崎仁司 【脚本】朝西真砂 【音楽】アダム・ジョージ 【主題歌】東京事変「青のID」(EMI Records/ユニバーサル ミュージック) 【製作】大角正 山元一朗 久保雅一 山勝彦 関顕嗣 本庄浩樹 野口英一 中村一政 【企画】宮下昇 【エグゼクティブプロデューサー】髙橋敏弘 【プロデューサー】小松貴子 関顕嗣 宮下昇 【アシスタントプロデューサー】中川幹也 【製作】「さくら」製作委員会
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-05-12 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入550円~

キャンセル

ファミリー邦画ランキング

さくら【テレ東OD】の評価・レビュー

3.4
観た人
2045
観たい人
11176
  • 5.0

    コワルスキーさん2021/07/30 19:49

    泣きました。
    吉沢亮も小松菜奈もビジュアルばかり言われがちだけど、演技もいいと思う。
    北村匠海さんは落ち着いた語り口調で、なんだかんだ一番冷静で良い配役だった気がする。
    小松菜奈の出る作品に外れはないと言っても過言ではない。

  • 3.5

    uzumakiさん2021/07/28 14:23

    犬と家族のほのぼのstory
    かと思いきや、、、。
    油断してた。

    幸せな時間もそうじゃない時間も
    心身共に健やかなる時も病める時も
    側にいてくれる。
    どんなに親兄弟仲良くても
    見せられない顔を
    さくらには見せてたかも知れない。
    言えないことを
    さくらだけは知ってるかもしれない。

    動物の存在って偉大である。

    一の最期を
    目の前で見ることは
    さくらにとってとても辛かっただろうな。

  • 2.0

    goroさん2021/07/25 22:40

    ・父ちゃん家出シーンは何とも言えない。
    ・母ちゃんは冷静、素晴らしい。 
    ・妹そりゃないよ。笑顔が怖いよ。 
    ・けど小松菜奈は可愛い。
    ・辛いなぁ。
    ・ちょっと忘れてしまう「さくら」。

  • 3.5

    makko814さん2021/07/25 02:34

    旦那さんが小松菜奈が好きなのでDVDを借りて観ました。

    タイトルとパケ写真からさくらという犬と飼い主家族が織りなす喪失と再生の物語だと思って見始めたら、飼い主家族がそれぞれどんどんイタくなって行き怖かったけれど、西加奈子原作と知り納得。

    幾つか心に刺さる台詞があったけれど、原作通りなのだろう。

    加藤雅也の役が効いていたと思う。

    小松菜奈がサイコパスで皆怖いと言うけれど、それをほんわか見守っているお母さん(寺島しのぶ)が一番怖い。そりゃお父さん(永瀬正敏)も逃げるわw

    さくら、思ったほど出演シーンないな、と残念に思ったら、ラストのキーパーソンならぬキードッグでした。

  • 3.0

    てふさん2021/07/23 19:12

    原作を知ってるからそ、あの3人なわけで、それはわかるけども、やっぱり2時間におさめるからか、ランドセルのシーンとか、花を摘みに行くシーンとか、もう少しあってもよかったなと個人的に思う

  • 3.0

    まさやんやでさん2021/07/23 10:32

    #小松菜奈 さんを愛でるための鑑賞。原作読んでいないけれど、ワンコに惹かれる。色んな意味で違和感あるけど、まあそれも映画の魅力と思えば、あり。

  • 3.5

    タコ社長さん2021/07/23 01:26

    語りの薫に魅力がなかった。兄のはじめと妹のミキの間にいながら物静かな傍観者になっている。

    ミキのあからさまなはじめラブが段々と屈折していくのは、青春の一つの形な気がした。

    ミキがはじめの彼女からの手紙を隠し持ち密かに読みながら、ミキとはじめの恋愛を妄想していたと想像できた。父がそうした結ばれない気持ちをランドセルごと担いで蒸発したのは父なりの愛だろうか。




    余談

    たぶん、小説はすごく良いと思う。

    最初に言わせて欲しい。

    登場人物すべての大阪弁は、完璧

    に間違っている。


    これだけイントネーションを外されると中身に集中できない。大阪弁をうまく話せないなら、設定を別の地域にして欲しい。

    イントネーションも演技のうちだ!

    小松菜奈が眩しい。太ももが眩しい。餃子の白目が眩しい。小松菜奈ファンとして、この妹キャラはピッタリだ。

    ただ小松菜奈の大阪弁も極めておかしい。糸の菅田将暉の関東弁がおかしいのを遥かに上回る下手さだ。

    頼みますよホント!

  • 3.0

    おしみさん2021/07/23 00:36

    思いもよらないことばかり起こって、人の優しさに傷ついたり、不器用で人間臭いとこなんて面倒で苦しい事ばかりなのに、それがなくなったらだめな気がするのはなんでだろう。
    愛が動機なら何やってもいいっていう狂気的な信念が無垢で純粋でもあって、暴れ回るけど好きって伝えることだけができなくて、見てるこっちが苦しくてたまらない。
    暴れて、傷つけて傷ついて、失っても、なくならないものはあるっていう家族映画。
    一が夫婦喧嘩中に豚カツ食べようとして怒られるシーンが一番好き。お父の分のカツ捨てられて二人して「あ」って言うのも好き。

  • −−

    柴さん2021/07/22 17:49

    ほっこり優しい家族の軌跡的なお話かと思いきや...
    お母さんがいなかったらこの家族もうとっくに離散してると思う

    危うく小松菜奈ちゃん嫌いになりそうでした...

  • 4.0

    佐藤さん2021/07/22 16:17

    歪みきった愛情を許せますか。
    私は許せないけどそれでも美しいとすら思ってしまった。

    北村匠海くんの存在は常にその人であり演技とは思わせずそこに佇む。
    どうしてこの人はこんなに溶け込めるんだろう。

    そして兄の葛藤、選択は誰が責められますか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す