お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ソニア ナチスの女スパイ

G
  • 字幕

歴史の裏側に隠された驚愕の実話

ナチス占領下のノルウェーで、女優として活躍していたソニア・ヴィーゲットは、スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。一度は要請を拒否したが、逮捕された父親を解放させるため、ナチスの国家弁務官テアボーフェンに接近して彼の邸宅に潜入することに成功。次第に信頼も得るようになったソニアは、ある日、彼からナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集することを依頼される。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:ホーコン・ウーヴェラス 制作会社:Scope Pictures
音声言語
ノルウェー語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
ノルウェー
対応端末
公開開始日
2021-05-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ソニア ナチスの女スパイの評価・レビュー

3.3
観た人
401
観たい人
1105
  • −−

    抹茶さん2021/09/25 21:12

    悲惨な話だった。女優さんニコール・キッドマン似の美人なんだけど、ドレスアップするとケバくなってしまってお化粧薄いほうが綺麗

  • 2.6

    ぷぷぷさん2021/09/23 23:14

    一回で全てを理解するのがなかなか難しい映画。かと言って理解するために何回も観たくなる映画かと言われればそんな事はなく…

    二重スパイという宣伝文句に釣られて観たけどウーンこれまた期待した割には…というパターンでした。

  • 3.3

    ぞーろーさん2021/09/01 21:07

    二重スパイ。すごい。
    すごい緊迫感だったのだろう。実際は。
    しかしそれが伝わってこない。
    ナチススパイ系は何個か見てきたけどなかなか響かない作品だったなぁ。
    「ブラックブック」が良すぎたのか、、、

  • 3.0

    しままつのJさん2021/08/27 23:24

    第二次大戦中の北欧で人気女優だったスウェーデン人のソニアは、その人脈を活かしてスウェーデンのスパイとしてノルウェーに侵攻中のナチスドイツの高官から情報を聞き出していく。

    ナチスに取り入りすぎたソニアはスウェーデンの情報をナチス側に渡さざるを得なくなり、結局は二重スパイとして活動していくことになる。

    二重スパイという難しい立場からソニアの人生が狂わされ、女優という華々しい世界へも戻れなくなっていくのが何とも言えない悲しさも垣間見える。

    誰も信用できなくなり、国の為にやってきた自分の功績も表には出ない、賞賛もされない。近年になりスウェーデンは彼女の存在を公表した、、こういう話は切ないが知っておくべき事実なのかもしれない。

    エンドロールに出てきたソニア本人の写真がめちゃくちゃキレイだった。

  • −−

    りるなさん2021/08/18 15:05

    ウェストワールドの方がこう変身するのねっていう驚きと、パトリックっていだてん出てたじゃん!

    結局利用されて終わった人生か、、本人が守りたかったものは守れても、関係が変わったら元も子もないのかな

  • 3.5

    レッドメインさん2021/08/10 18:46

    実話だからどうしようもないんだろうけど、もう少し面白く出来そうな....。

    人権がなさ過ぎて辛い。

  • 3.0

    まるみさん2021/08/07 19:42

    難しくて分からなかったぴょん。
    でも、無理矢理スパイにさせられて、自分の夢はおろか普通の人生さえ潰されるの嫌だなぁ。人権もへったくれもありゃしない。

  • 3.3

    ぺけそねさん2021/08/05 12:23

    スパイ活動にともなう隠語や巧妙な報告手段などがリアルでした。スウェーデンの離れ小島にハンガリー青年とのお忍び旅行まではナチスも文春しきれなかったと。北欧中心にソニア・ヴィーゲットの名誉と功績が認知されてほしいね。

  • 4.3

    だいしぜんのねごとさん2021/07/30 22:55

    ストーリーや映像がとても上手くてのめり込んで観ました!
    でも観客をミスリードさせようとしたり、普通はあるようなシーンが省かれていたりと説明しないスタイル…
    たぶん、これを一度観ただけで理解できる人は少ないのではないでしょうか。
    私は部分的に見返すことでなんとか話が掴めました。
    それぞれの組織(スウェーデン側スパイ、ドイツ側スパイ、テアボーフェン側、連合国)の思惑や、ソニアが2か国を行ったり来たりするところで混乱しがち。
    推理モノが好きな人にはいいかも
    ソニアの洋服がオシャレ!

  • 3.4

    ラブラドールさん2021/07/30 11:59

    ナチスドイツ時代に実在したノルウェーの女優が二重スパイとして活動する姿を描いた作品。
    実話ベースなので派手なアクションなどはありませんが、それが逆にリアルに感じられる作品でした。

    女優としての演技力や美貌を買われ、ドイツの高官の側に潜り込み情報を探り出す任務を負うものの、潜入先のドイツ高官からも信頼を得てスパイ活動を命じられ、結果的に二重スパイに。
    相手の動きや情報を得ることで戦局は大きく変わる時代。スパイ活動はこの当時、特に大きな意味を持っていたのだと思います。
    スパイであることがバレた途端に、自分だけでなく家族までも命を失う状況の中で任務をこなす精神状態はどんなものだろうと思ったり。
    それなりに楽しめる作品ですが、同様の作品でもっと楽しめる作品はいくつもあると思います。


    最近は仕事も忙しく、オリンピックのテレビ観戦もしたりとなかなか映画鑑賞ができず(^^;)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す