お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

コンプリシティ/優しい共犯

G

この嘘だけは 守りたかった

技能実習生として来日するも、劣悪な職場環境から逃げ出し、不法滞在者となってしまった中国人青年チャン・リャン。彼は他人になりすまし、蕎麦屋で働き口を見つける。口数が少なく不器用な蕎麦屋の主人・弘は、実の息子との関係も悪くどこか心に孤独を抱えていた。厳しくも温かい弘の背中に父を重ねるチェン・リャンと、彼の嘘をつゆ知らず情を深めていく弘―2人はまるで親子のような関係を築いていく。

詳細情報

原題
COMPLICITY
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本/中国
対応端末
公開開始日
2021-06-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

コンプリシティ/優しい共犯の評価・レビュー

3.9
観た人
376
観たい人
2066
  • 3.4

    yoruichiさん2021/06/13 20:17

    人の弱みに漬け込む奴の方が 悪いんだけど。この人達の環境として 気持ちは解るんだけど。このラストには 悪い予感しか無いなぁ。

  • 3.8

    KojiChayaさん2021/06/12 21:59

    青年が自己を見つめる成長の物語。流されるままに技能実習生として日本にきた主人公。技能実習生という立場と社会的問題を背景とした時代性もありながら、漠然と将来の不安を感じながも自我の確立を模索する青年の苦悩という普遍的なテーマを持った良い映画でした。君の名は?

    近浦監督の次回作も期待したいです。

  • 4.1

    わわこさん2020/12/28 16:54

    技能実習生制度の影の部分を書いてるけど、風刺が強すぎなくて見やすい。ちょっと蕎麦屋のおじいちゃんの性格が分かりやすすぎる。

  • 2.0

    エヌシマゴリラくんさん2020/12/17 00:51

    評価:着地点が不快。ラストまでは完璧。

    中国から技能実習生として来日したものの、
    不法滞在者の身となってしまったチェン。
    とある田舎のそばやで働いていくことになり…

    この主演ルー・ユーライさんの表情がたまらなくいい。
    そしてテレサテンのノスタルジー。

    ラストにいくまでは「この映画観た?」って話題に出したくなる作品でしたよ。現実味が消えてしまうような着地点がやや不快に感じました。

    PS 個人的には「外国人技能実習制度」は使い捨て外国人制度で、日本の事絶対キライになる制度だと思っているけど、これは2021年『海辺の彼女たち』とも対比しながら改めてこの映画の意義を考えたい。

  • 3.9

    toddy12さん2020/11/04 21:51

    全体的には良かったが、
    逃げ出して木の下で泣いた後、
    なんであんなにすんなり戻って何事もなくことが進んでんの?って結構不自然に感じて引っ掛かった(笑)

    女ヒロインがえらく長身に見えたが、
    後から身長調べて164でびっくり。
    声と話し方がやたらフェミニンな人で見た目の印象とのギャップがあった。

    主人公の役者も当時で30半ばなのね、
    顔立ちや雰囲気若く見える人だな。

    藤竜也さんの配役と演技も光ってました。
    娘役の話し声や雰囲気は苦手だけど、ああいう役柄が求められてたのだろうね。

  • 3.5

    miyabiさん2020/08/22 11:38

    #コンプリシティ優しい共犯
    まだまだ騙されて働きに来る外国人労働者達。犯罪すれすれ。もろ犯罪。まあ、単純労働者と言うだけで、不法滞在に成りうる日本。VISAが、出ないからな。中には、パスポート事態を取り上げられて。
    賃金不払い。日当から 光熱費寮費食費等の名目で 半分以上も取り上げられて。だから、皆 逃げる。
    知ってても、雇わざるをえない個人経営の店、工場。雇用主も罪になるのに。
    跡継ぎいない蕎麦店。結構、人気はあるみたいで、でも息子は、土地と店を売った金が欲しいのか?
    そんな息子よりも 真面目に蕎麦を打つ 外国人労働者。可愛いよね。だから、匿う。逃がす。

  • 3.5

    もりやさん2020/08/14 19:28

    主人公は稼げるからと日本に来たり、流されて窃盗団やったり、いい条件の蕎麦屋に流れたりと、中途半端であんまり自分の意思を持てていない青年です。その青年が、蕎麦屋での修行生活の中で、仕事を覚えてステップアップしていくことの楽しさを覚えたり、いろんな人に前に進む後押しをしてもらいながら、最後は自分の意志で本当の自分として最初の一歩を踏み出す。

    嘘をつかなければ生きていけない、嘘をつかなければ見られない景色もあるんだな、というのは本作でもよくわかったけど、やっぱり得られたものに対して後ろめたさみたいなものを感じながら生きていくのはしんどいよなあ。そこを振り切って最後の最後、彼は本当の自分として生きていくことを選ぶわけですが、やっぱりやったことに対するケジメもなしに戻るのもなあ、、と少ししこりの残るラストでした。ラストまではとってもよかった。

  • −−

    sakiさん2020/08/08 19:58

    外国人労働者についての社会問題に関わる映画かと思っていたら、それだけではなく、チェン・リャンの嘘の上に築き上げられ生まれた絆。
    その中での人と人とのふれあいのあたたかさ。
    現実と過去の回想シーンで感情が揺さぶられて、祖母の愛に涙が出ました。

    どんな視点から見ても普遍的に感じられる内容だと思う。
    未来に"希望"が持てるような、そう思わせてくれる素敵な映画でした。

  • 3.4

    シオさん2020/07/01 12:54

    【メモ】
    ラストが…ラストがあれでなければ…これは私の好みの問題とはいえ。あそこまでのスコアは4.1ぐらい。
    主演俳優お二人の存在感というのか、空気が素晴らしかった。

  • 4.0

    maruimonogasukiさん2020/05/18 22:32

    2020(19)
    藤竜也さんがすごく渋いというか、あの蕎麦屋の店主さんにぴったりで、それだけでも十分満足してしまう。
    監督は今作が長編デビュー作とは思えない素晴らしい出来だとは思う。
    偽りの身分。びくびくしながらの日常なからと、恋をし、向上心をもって蕎麦作りに励む。
    けど、小さな綻びでそれが終わる。
    切ない作品である。
    しかし、若者の自転車の疾走って絵になるよな。
    これは個人的な想いだが、技能実習生の実態は度々に雇う側の搾取という側面から話題になるが、今作の様に良い出会いに巡り会えてる人もいると良いなと思った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る