お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブレスレス

G
  • 字幕

その瞬間だけ、生きられる。

妻を不慮の事故で失った主人公。救いを求めた先は、ふと迷いこんだSMクラブだった。首を締めつけられ、窒息寸前の生死をさまよう中でだけ、妻と再会できるのだ。本作は、2019年カンヌ国際映画祭監督週間で上映。その斬新なストーリー、卓越した演出力で、多くの観客に衝撃と感動を与えた。監督は、前作『2人だけの世界』が、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭ほか、世界40カ国の映画祭で上映、さらに、フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)で7部門にノミネートされ、作品賞と監督賞を含む4部門で受賞を果たしたユッカペッカ・ヴァルケアパー。本作では、研ぎ澄まされた光や色調の息をのむ映像と、生と死の世界を時間や音で表現する繊細な演出で、美しい愛と再生の物語を見事に描き出す。主演の外科医ユハには、フィンランドを代表する俳優、ペッカ・ストラング。感受性豊かで繊細な演技で、妻を亡くした主人公の深い悲しみを巧みに表現する一方、限界まで過激に魅せるSMシーンでは、大胆且つ超濃密な世界を作り上げ、観る者を圧倒する。SMクラブで働くモナには、数々の映画や舞台で活躍し、確かな演技力を誇るクリスタ・コソネン。数々の映画祭出品・受賞を経て本作は、2020年フィンランド・アカデミー賞主演男優賞、撮影賞、編集賞、音楽賞、音響デザイン賞、メイクアップデザイン賞の6部門受賞という栄冠に輝いた。

詳細情報

原題
DOG’S DON’T WEAR PANTS
関連情報
プロディーサー:アレクシ・バルディ|ヘレン・ヴィノグラードフ 共同プロデューサー:アリス・ゼルツェ|アイジャ・ベルジーナ 撮影:ピエタリ・ペルトラ 編集:メルヴィ・ユンッコネン 美術:カイサ・マキネン 音楽:ミハル・ネイテク 音響デザイン:ミッケ・ニューストロン 衣装:サリ・スオミネン メイクアップデザイン:ベアタ・リヤボフスカ
音声言語
フィンランド語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
フィンランド
対応端末
公開開始日
2021-07-21 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ブレスレスの評価・レビュー

3.7
観た人
302
観たい人
926
  • −−

    ミミックさん2021/08/01 10:45

    あーそうか息が止まってるときだけ妻の幻影に会えるから止められ無かったのか。でも痛め付けられるのは単に性癖では?己の自尊心や自由、自我を剥奪され従順に屈することで到達する境地があるのか。プレイ時間外に求めるのはマナー違反だし依存症レベルのストーカー行為。女王様は昼はリハビリ医?治療する知識があるから逆の事も出来るというある意味合理的な働き方。父親がSMにどっぷりだから娘はてっきりグレるかと思いきやそうでもなく、ボーイフレンドともそれなりに上手くやっているみたい。うーん、共感はできないけど喪失を埋める手段も人それぞれなのね。

  • 3.8

    エマさん2021/07/31 15:33

    サディズムとマゾヒズムという枠に括ることが可能なものかどうかは分からないような気がする。

    主人公は首絞めをされると亡き妻の記憶に戻ることが出来るという体験からこのプレイにハマりだす。つまり、苦しさにおける快感というよりは、「Breathless」な状況下においてのみ幸せだった時間に戻るということが目的であるので、彼がマゾヒストであるとは断定ができない(歯を抜くのを頭おかしいみたいに言ってるシーンもあったし)。
    ただ、後にほかの女の人に首を絞められて気持ちいいと告白するシーンもあるし、これはマゾヒストの誕生の話なのかな(終わり方も含めて)。
    「ジョーカー」のマゾヒストバージョンみたいなね笑

    サディズムとマゾヒズムはそれぞれ能動性・受動性の二項対立的に捉えられることが多いけども、実はそうでもないという意見も出始めている。

    マゾヒストは優位な能動性をサディストに与えるという契約をすることによって関係性を成り立たせるという、「演じる」行為体になっている。つまり、演じることによる能動性の逆説的な発揮を通して権力関係をパロディ化・無力化するという逆マウント的行為性を持つという意見である。

    ただこれは現代では未だ「女性のマゾヒズム」に制限されうる話でもあって、男性のマゾヒズムにも適応されるかどうかは分からないと考えている。

  • 3.9

    ブッチさん2021/07/30 03:08

    うぉっほー。ぶっ飛んでる。ずーっと痛そうだったけど、ラストシーンは生きやすそうで良い顔してた👍

    ちょっとドラゴンタトゥーの女っぽい雰囲気あった。

  • 3.8

    Aixさん2021/07/29 22:13

    カンヌ国際映画祭に出品されたフィンランド産の変態恋愛映画。SMプレイの風俗で死んだ妻の幻影が見えるようになる話。

    切なくて、イカれてて、刺激的で、アート性を感じる変わった恋愛映画でした。首を絞められている瞬間だけ死んだ妻が見えるようになるっていう設定は斬新だったし、映像はシンプルに綺麗です。
    全体的に危なっかしい緊張感があったので飽きずに最後まで見れました。バイオレンスもそれほどしつこくなかったからか、この手のSM映画の中では今作はかなり見やすい方だと思います。

    去年見損ねた作品だったから見れて良かった。恋愛映画が嫌いな人にも今作はかなりオススメです。面白かった!!

  • 3.5

    にゃおさん2021/07/27 18:55

    題名の通り、見てるこっちが息しづらい...
    痛いシーンがあったり、気持ち的にもしんどくなる。(痛いシーンが想像できる痛みやから本間に見てられへん笑)

    でも、ラストの主人公の表情が清々しくて、生きる楽しみを持つって素晴らしいなと思った。

  • 4.2

    ジャクソン5さん2021/07/26 21:50

    パッと見てなんか勝手にSF映画だと思って衝動借りして見てたんですけどだんだん雲行き怪しくなってってさすがに感づきました。これSM映画です。
    ったく、これだから衝動借りはやめられねんだ

    危険なプレイに没頭する外科医の親父の再生物語。
    主人公は患者の手術と娘の演奏会をWすっぽかししてSMクラブに行くような人間なんで怒る視聴者もいるかもw
    でも結構面白かった。これは人知れず一定層に愛されそうな映画ですね。

  • 3.3

    horaAyaさん2021/07/25 23:32

    人魚の扱い方は『ライトハウス』と近似。性と死、生の死のお話だけど、日常カットに感情を乗っけるのが的確で、中心からずらした客体→客体側の主観化に至るまで冒頭が良い感じ。そこから生まれてくる病的な倒錯はホラー的ではあるけれど深度は浅い。死から逆転していくのは好きな展開だけど、中盤以降は長く感じて飽きた。

  • 3.2

    scarecrowさん2021/07/25 18:08

    妻が死んでも執着し続けた結果が、妻と同じ死の感覚を味わって共有すること
    そのツールがSMだったわけだけど、職場に迷惑かけてバレてるのにみんな寛容…
    欧州だと個人の趣味は理解しないといけない風潮なのか、指痛めてる主人公に手術される患者の心境はいかに…

  • 4.0

    uさん2021/07/25 10:07

    水中のシーンが流れるたびに涙ぐんだ
    生活を犠牲にして得たもので
    最後には死の悲しみを和らげることが
    できたのかな、できてるといいな

    鼻の中に直接香水をプッシュしていて
    ヒエ〜ッとなった、、、

  • 3.5

    abemathyさん2021/07/24 15:09

    あんな性癖を持った心臓外科医(偏見)が10年も亡くなった妻に執着しているんだよ、単なる事故で亡くなったとは思えない。怖い。
    主人公目線でのみ描かれているから、全部美化されているように見える。怖い。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す