お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

地獄の謝肉祭

G
  • 字幕

人肉の味が忘れられず、生肉をもとめて大都会を彷徨する。

ベトナムの戦場でカニバリズム(人肉嗜好)にとりつかれた二人の兵士が帰還後、忌まわしい記憶から逃れようとしながらも人肉の味が忘れられず、生肉をもとめて大都会を彷徨する。彼らに襲撃された人間は次々と食人鬼と化し、幾何級数的に増大、大都会は血なまぐさい地獄絵図となる。男が女の乳房をむさぼり食い、女が男の舌を噛み千切る。電動ドリルが太腿にくいこみ、鮮血の肉片が飛び散る。雨のような弾丸がドテッ腹の贓物を吹っ飛ばし文字通り風穴があく。想像し得る限りのあらゆる残酷を詰め込み、ほかの作品のいいとこどりも含めてイタリア残酷映画の集大成的な作りはあきれ返るほど。まさに想像を絶するスーパー大残酷である。主演は惜しくも昨年この世を去った『燃えよドラゴン』のジョン・サクソン。ベトナムで食人鬼に噛まれたことで帰国後徐々に冷蔵庫の生肉に興奮をおぼえていく軍曹を熱演している。

詳細情報

原題
CANNIBAL APOCALYPSE
関連情報
製作:マウリツィオ・アマティ|サンドロ・アマティ|エドモンド・アマティ 原案:ジミー・グールド 撮影:フェルナンド・アリバス 特殊メイク:ジャンネット・デ・ロッシ 編集:ジョルジオ・セラロンガ 音楽:アレクサンダー・ブロンクスタイナー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1980
制作国
イタリア
対応端末
公開開始日
2021-08-04 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

地獄の謝肉祭の評価・レビュー

2.9
観た人
77
観たい人
96
  • 3.0

    東朴幕院さん2021/08/18 16:12

    中学2年の時に劇場で見た作品を相当久しぶりに鑑賞。見た時はゾンビ的なストーリーかなと思っていたが、微妙に違う。生きている人間がカニバリズムを発症?して、噛まれるとそれが感染して行くというもの。奇妙な設定と思うが、ベトナム帰還兵が主人公である事を考えると、ベトナム戦争での敗戦を受け敵の共産主義のジワジワと浸透していく事への恐怖を描いているのではと感じた。
    一方で映画の作りは、やっつけ感が強くあの『ロイ・ビーン』的なドテッ腹に穴が空くシーンにもっとユーモアさが欲しかったね。それと音楽のチープさがなんとも言えない味で。感受性の強い頃に見た作品である事もあり忘れられない作品だ。

  • 3.0

    りょうたさん2021/07/24 16:31

    戦地で人肉を食べたベトナム帰還兵が再び人に噛み付き、噛まれた人も感染して同様に人を襲うようになるという死なないゾンビみたいな話。
    こうゆう映画はツッコミどころ満載だが、ようやく確保した帰還兵を拘束せずに精神病院に放り込む。たまたまそこにいた帰還兵仲間が女医を噛み、感染した女医は愛人?とキスをすると舌を噛み切って吐き出し、何故か撲殺する。いや、食わねえのかよ!
    唯一良かったのは執拗に銃弾を浴び、お腹にぽっかりと大穴の空いた帰還兵の最期くらい。

  • 2.4

    Eirainさん2021/07/18 16:36

    Blu-ray版が発売されるとの報を聞いて買おうかどうか迷ったが、邦題のインパクトとジョン・サクソン主演に惹かれて結局購入。

    「カニバリズムに憑かれたベトナム帰還兵が人々を襲い、襲われた(噛みつかれた)人々もカニバリズムに憑かれてさあ大変!街はゾンビ映画さながらの大パニック!」と、概要を読んで想像したのだが、そんなでもなかった。「街がカニバリズムで汚染されて大パニック!」というようなお馬鹿作品ではなく、どちらかと言えばベトナム帰還兵の戦争後遺症の苦しみを描いた作品という印象。

    かつての戦友が戦争後遺症で暴走する姿を目の当たりにし、また、自分自身もカニバリズムの衝動に駆られ、愛する妻に危害を加えることを恐れ苦悩する元軍曹(ジョン・サクソン)。これこそが本作の主題だろう。

    ということで、お馬鹿なスプラッター映画を期待して観ると肩透かしを食らう可能性大なのでご注意。(作品自体の出来は・・・まあ何も言うまい。)

  • 3.3

    浅野公喜さん2021/06/06 07:05

    70年代80年代に多く作られたベトナム帰還兵物。と言っても今作は戦争中に人の味を覚えた帰還兵から人を食べる習性がゾンビのように伝染するホラーで、「燃えよドラゴン」や「シャドー」、「エルム街の悪夢」等に出演し個人的にマイケル・アイアンサイドとビジュアル的にイメージが重なるジョン・サクソン主演です。

    戦争の影響を描いた割には内容にそこまで深みはないのですが(笑)、ドリルで足を切ったり体に大きな穴が開くといったそれなりの描写にスーパーや地下を舞台にした銃撃戦やそこそこ格好いいアングルがたまに盛り込まれ、凄く派手ではないものの最後までテンポ良い作品に仕上がってます。妙に音楽が主張が強く、派手で印象的なのはアメリカが舞台といってもイタリア製作だからでしょうか。

  • 2.0

    落伍者さん2021/02/20 23:11

    昔見たかもなと思いながら見始めたが、案の定過去に見ていた。下水道に逃げ込んで、火炎放射器くらうとこは覚えていた。

  • 2.7

    MALPASOさん2020/09/12 03:18

    『プライベート・レッスン』

    子供の頃に観たけど、忘れてしまった映画シリーズ。 やっぱり、コピーが気が利いている。「エマニエル夫人、情欲のハリウッド・デビュー作!」 「エマニエル夫人」のシルビア・クリステルが美人局を演じる童貞筆下ろしもの。

    シルビア・クリステルは撮影当時28歳でエリック・ブラウンは当時16歳。今なら大問題になりそうなシーンも連発!しかもこういう映画、子供の頃はテレビで普通に放映してた。

    元エマニエル夫人がめちゃやらしい!

    EW&F♪宇宙のファンタジーやロッド・スチュワート♪今夜決めよう、エア・サプライ♪ロスト・イン・ラブが流れてキュンキュンくる。アール・クルーが流れていたのは完全に記憶にない。

    80年代テイスト満載のハレンチ青春もの。

    観てないけど、稲垣吾郎でリメイクされてる。

  • 4.0

    山村ナインさん2020/05/26 04:25

    VHSで鑑賞
    日本ではミケーレ・ソアヴィ監督の「デモンズ'95」とアルベルト・デ・マルチーノ監督の「レディ・イポリタの恋人 夢魔」と共に"マカロニ・ホラー・コレクション DVD BOX"としてセット販売されていましたね
    「顔のない殺人鬼」や「幽霊屋敷の蛇淫」などを手掛けたアンソニー・M・ドーソンが監督を務めます

    ベトナム戦争から帰ってきた兵士2人が現地で捕虜となっていた際に喰らった人肉の味が忘れられず、遂に街中で人間を襲ってしまう…というお話
    何故かその兵士に噛まれると人肉を欲する衝動に駆られるという謎設定…しかし、ゾンビとは違って理性もあるし不死身では無いのが良いですね

    ショットガンで身体に風穴を空けるシーンがめっちゃ好き💕他にも火炎放射器などなかなかド派手な武器が登場します
    まぁそこまで面白い!って訳でも無いんだけど個人的には好きな作品です

  • 2.5

    Cemさん2020/02/22 18:08

    ベトナム戦争で人肉の味を覚えた元兵士、人肉を忘れられずにいる
    噛まれると肉を欲するようになり感染していく!

    何が素晴らしいかって、音楽が素晴らしいね♪
    これぞイタリアホラー!っていう音楽
    前半 『これ何の映画だっけ?』 ってなって、
    見るのやめようかと思ったw
    感染していってからの後半までがとても長い・・・


    残酷描写少ないし地味だしテンポ悪い
    よくわからんアクションシーンや銃撃戦は好き
    駄目すぎるのに嫌いになれない、そんな不思議な作品

  • 1.8

    ぱるちさん2019/07/29 08:51

    典型的なB,C級映画。
    理屈を捏ねて観る人は回れ右。
    理屈抜きにこういうシチュエーションが好きな人は進め。

    ・人食い
    ・ゾンビもどきのパンデミック
    ・スプラッター

    とはいえ古い映画なので描写がチープなところはご愛嬌で。

  • 2.5

    和製ジョージさん2019/07/11 11:04

    公開当時、TVで予告見た時はもー観たくて観たくてたまりませんでした。

    ”ベトナムで人肉を食べたのが忘れられず帰還してからも人肉を求める”ってなら良いとして、それがなぜ”感染”していくのかな❓
    まーこの手の作品にはその辺突っ込んでも仕方ないんだけど。

    それにしてもジョン・サクソンってB級ばっか出てるなあ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す