お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブラックバード 家族が家族であるうちに

G
  • 字幕

母の決意が、私を変える。

ある週末、医師のポールとその妻リリーが暮らす瀟洒な海辺の家に娘たちが集まってくる。次第に体の自由が効かなくなっているリリーは安楽死をしようと決意しており、家族と最後の時間を一緒に過ごそうとしていた。長女ジェニファーは母の決意を受け入れているもののどこか落ち着かず、長らく連絡が取れなかった次女アンナも恋人クリスと共にやってくるが、母の決意を受け入れられておらずジェニファーと衝突を繰り返す。大きな秘密を共有する家族がともに週末を過ごすなか、それぞれが抱えていた秘密も浮かびあがる…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入1,100

ドラマ洋画ランキング

ブラックバード 家族が家族であるうちにの評価・レビュー

3.7
観た人
392
観たい人
2264
  • 3.8

    4歳の女のコさん2021/09/17 04:32

    【あらすぢ】👩🏻‍🦰尊厳死を選択した母と、最後の週末を過ごす家族達のドラマ👨‍👩‍👧‍👧📽✨近年同じテーマの作品も増え多く観ていますが、興味のない方は手を付けないジャンルですよぬ(ノ∀`)✨で、本作の個性は①配役が豪華(🏆受賞俳優ダラケ)で見応えがスゴイ②映像が美麗③終活モノではなく冒頭から結末(安楽死)有りき…な点

    【🇺🇸ミルバレー映画祭(観客賞)🏆✨🇪🇸サン・セバスティアン国際映画祭(作品賞)ノミネート】

    “遺される家族の苦悩”etcはサラッと描かれ(悪く表現すると美化された)かなり達観的な視点の作品💍✨観客に感情移入して欲しいのではないな、と。それは当事者の母親の台詞などからも伺えますが「最後の決断後ってこんな感じなのかなぁ💭」と、むしろリアルだったり。🇩🇰デンマーク作品『サイレントハート(‘14)』(←未ソフト化)のリメイクとの事

  • 3.5

    りょうさん2021/09/12 15:16

    安楽死、尊厳死がテーマ
    スーパーノヴァと一緒ですね

    スーパーノヴァは大人達だけだが、こちらは問題を抱えた子供ばかり

    ちょっと自由な親となんでも分かったつもりの生真面目な姉と馬鹿にされる旦那と不安定な妹と同性のパートナー
    結局、愛されたい姉妹が引っ掻き回す

    安定のスーザン・サランドンと貫禄たっぷりのケイト・ウィンスレットは流石
    ミア・ワシコウスカも負けてませんね

    やはり本人の意見が尊重されるべきとは思うが残される人間もきちんと納得させないと

    リメイクという事だが元の映画を見てみたい

  • 3.8

    RBoiさん2021/09/10 12:52

    子供のときにはここまで感動してなかったであろう作品。自分の祖父母と重なりすごく感情的になりました。

    安楽死を選ぶ上に世代とずっと一緒にいたいとおもう下の世代。難しい。
    視聴者はどちらの世代の意見も共感できる素晴らしい作品だと思います。

    キャストも渋くて良い感じでした。
    私的に特にアリス役で知られるミア・ワシコウスカのやつれ感が良かったです。
    感動しました。

    以上!!!

  • 3.0

    Johnny54さん2021/08/28 17:50

    ワシ子にケイト姐様とお好み揃いの豪華キャストが勿体無い、中途半端コメディ。
    ケイト姐様は貫禄ではあります。

    2021-040

  • −−

    特売小説さん2021/08/24 18:36

    ケイト・ウィンスレットが出演している事は承知で臨んでしかし途中までケイト・ウィンスレットだと気付かないそのケイト・ウィンスレットの凄さよ、という事ですけれども。

    それはそれとして物語の感想を言えばただこの一言、ヴァイブレーター(を呉れる)お母ちゃん、と。

  • 3.2

    ゆめおさん2021/08/24 01:08

    新潟県高田世界館で見た映画。
    映画館を楽しむためにたまたま見た映画だったのに映画の内容がよかったのであんまり映画館を感じる暇がなかった。
    あんなに登場人物を限定してて、ロケーションも限定されてるしストーリーのきっかけも単純なのに、そこから密な内容が出てきているのがすごい。

  • 3.7

    寝深さん2021/08/21 20:16

    楽しく話してれば話してるほど、涙が溢れてきた。決断した人に家族はなにができるだろうか。お家がすごく素敵でした

  • 3.5

    るちこさん2021/08/19 23:28

    死を目前にして、人はやっと、本当の意味での対話と理解ができる。
    そう考えると、自分で死期を選ぶというのは、ある意味合理的だなと。

    安楽死が賛成か反対かの議論に集約されがちだけど、結局それはひとりひとりが生きた人生、置かれた環境によっても全く異なるものであって、

    つまり、死ぬ権利を剥奪するということは、すごく残酷だな、と思う。

  • 4.2

    みぃたむさん2021/08/19 15:38

    記録。2021.06.17。

    安楽死を選んだ母と家族の最後の週末。
    興味深いストーリーに加え 会話が洒落ていて
    ブラックジョークや笑いも交え重すぎず。
    景色やお家の内装等 映像も素敵でした。
    カメラワークや構図も私的に凄く好きな作品。
    家族の愛情がじんわり深く沁みます…。
    優しい余韻が残る 良いラストでした。
    何回泣かされたかなぁ。うるうる。

  • 4.3

    winさん2021/08/12 20:34

    生きている間、様々な人の集まりに属している。社会、地域、会社、学校、家族。血の繋がりだけではない家族的な集まり。リアルな集まり。ジワジワと抑えきれない感情が込み上げてきた。悲しいほど美しく、悲しいほど短い週末、尊い最期。尊い作品だ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す