お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヒトラーの贋札

G
  • 吹替
  • 字幕

彼らは葛藤し、苦悩する-。

第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所。各地の収容所から送られてきたのは、世界的贋造犯・サリー、印刷技師・ブルガー、画学生のコーリャなどユダヤ系の技術者たち。彼らに課された使命は「完璧な贋ポンド札」を作ること。収容所内には秘密の工場があり、ナチス・ドイツは、そこでポンド札の大量贋造を行い、イギリスへ経済的打撃を加えることを狙っていたのだ。サリーたちの命をかけた贋札作りは、成功しつつあった。しかし、それはナチスに資金を与え、戦況を有利にし、収容所にいる家族や恋人を苦しめ続けることを意味する。自分の命か、正義を全うするか。彼らは葛藤し、苦悩する-。

詳細情報

原題
Die Fälscher
関連情報
製作:ヨゼフ・アイヒホルツァー 原作:アドルフ・ブルガー 撮影:ベネディクト・ノイエンフェルス 編集:Britta nahler 音楽:マリウス・ルーラント 衣装:Nicole Fischnaller 美術:イジドール・ビマー
音声言語
ドイツ語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
ドイツ/オーストリア
対応端末
公開開始日
2021-10-15 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ヒトラーの贋札の評価・レビュー

3.6
観た人
2451
観たい人
1643
  • 3.9

    Fishermanさん2021/11/07 18:10

    ナチは強制収容所でこんなことまでやってたとは、また、07まで映画化されなかったのが不思議。
    自分らは正義を貫いて死ぬべきか、それとも仲間と共に生き延びるべきか、重いテーマだし、ナチの悲惨さや理不尽さは少なめで、96分というのと相まってサラッと見れた。
    終戦になり収容所の壁の向こう側のユダヤ人との対比が印象に残る。
    ナチの少佐や薄ハゲの小隊長の行方や処分より、ラストのギャンブルの大負けの方が潔い終り方。やっぱりあれだからだよな。

  • 3.5

    ノリシゲさん2021/09/14 12:45

    短い時間の作品なので比較的テンポが良く進むけど、しっかり緊張感もあったしナチスの残酷さも伝わってきた。
    何よりこういった史実があったことを初めて知ることができて良かった。

    2021-743

  • 4.0

    メイマーツインズさん2021/09/07 08:46

    《完璧な贋札。それは俺たちの命を救うのか。それとも奪うのか》

    第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ作品。
    なぜかソフト所有していて(苦笑)、初鑑賞。


    第二次世界大戦中に実際に遂行され、ポンドの大量贋造でイギリスの経済混乱を狙ったナチス・ドイツの「ベルンハルト作戦」。
    それはドイツ人の手を汚さず、ユダヤ人技術者に強制させたものだった。
    強制収容所で世界的贋造犯サリーを中心に進む「ベルンハルト作戦」。それが成功するとナチスに力を与えることになる。

    屈辱の生か、栄光の死か…。

    戦後、抜け殻になったようなサリー。戦前の見る影もない彼の変貌した姿は…。
    葛藤し、苦悩するユダヤ人たちを描いた骨太な物語で、ドイツ映画らしい重厚感、スリリングかつドラマティックな展開で見応え十分の秀作です。


  • 4.0

    syuheiさん2021/07/30 23:57

    2007年のステファン・ルツォヴィツキー監督作品。

    国家規模での贋札づくりとして有名なナチスのベルンハルト作戦。本作はこの作戦に従事した贋札職人や印刷技師といった収容所のユダヤ人たちの物語。大量のスターリングポンドの贋札がこの作戦で製造され、イギリスは贋札と真札の両方を回収する混乱に見舞われた。

    映画は96分と短く、全体的にスピーディーな展開で、収容所内の希望と絶望があっという間に入れ替わる過酷さとも。偽りの価値が生み出される一方で儚く消えてゆく命。贋札職人のロシア系ユダヤ人サリーはその腕により収容所の仲間の命を救うが、その立場は終戦に向かうにつれて変化してゆく。良作。

    https://twitter.com/syuhei/status/1421089610382204929?s=20

  • 3.5

    qwerty6さん2021/07/22 21:13

    Adolf Hitler(1889-1945)
    Berlin, 1936
    Konzentrationslager Sachsenhausen,
    1944
    Johann Strauss II.
    《Die Fledermaus》

  • 4.1

    torovskyさん2021/07/16 02:46

    邦題になんでもヒトラーをつけるのはどうかと思う、いい映画なのに。④
    イギリス経済を破綻させるためにポンドを作らされたユダヤ人たち、ベルンハルト作戦。

  • 4.0

    shikohiさん2021/07/13 06:17

    非常によくまとまっていて面白い
    脚色がとても良いですね
    悪党になりきれない小悪党の主人公、ユダヤ人に非情になりきれないドイツ軍将校との奇妙な関係
    戦争に翻弄された人たちの人間ドラマが熱い
    単純な善悪では片付けられない戦争映画の妙ですね

  • 4.6

    オーウェンさん2021/06/19 19:26

    ベルンハルト作戦。歴史の事実をこのような形で伝えられることは意義あること。

    贋札造りをすることで生き延びる現実。贋札を作れば作るほど同胞の命が犠牲になる。
    だが作れない場合は自分たちがガス室送り。
    この二者択一がドラマを盛り上げる。

    ナチものの割に悲壮感とサスペンスがかなりのバランス感で構成されており、緊張感の緩和も充分で飽きることなく最後まで一気に見れた。

    結末の人間模様は事件の悲惨さを感じ取るには充分なほど。

  • 4.0

    Muttuさん2021/06/08 21:19

    ブルガー役のアウグスト・ディール、目力満載で印象に残ってて、何処かで観たよなと思っていたら「イングロリアス・バスターズ」で短いシーンながら強烈インパクトだったナチス役ではないの!

    酒場シーンでの、あのねちっこさといやらしさのおかげで、緊迫感が凄かった。

  • 2.5

    Jimmyさん2021/04/12 22:06

    第二次大戦中のナチスの勢力吹き荒れる頃、ユダヤ人の強制収容所で技術(スキル)の高い囚人がナチスのための贋札を作らされる物語。

    この贋札づくりを行えば、収容所でも厚い待遇が受けられる。
    しかし、ナチスのために貢献することになってしまう。
    ユダヤ人は、このため、葛藤することになる。

    人間が極言状態でどうしたら良いのか、を問う映画であった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました