お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

牡丹と薔薇

G

愛憎の花、咲き乱れる…。中島丈博が描く、渾身のオリジナルストーリー!「役立たずのブタ!」「香世様って呼びなさい!」など数々の名セリフ・名シーンを生み出し全国に“ボタバラ旋風”を巻き起こした話題の昼ドラ!運命に翻弄される姉妹の、宿命的な血みどろの愛と憎しみの葛藤劇。 

牡丹―それは、この世に生を亨けた当夜、誘拐された 姉・真世
薔薇―それは、姉の存在を知らずに育つ富豪の令嬢 妹・香世

このドラマは、数奇な運命に翻弄され、過酷な人生を辿りながらも、自らの信じる道をひたむきに生きる姉妹・真世と香世の、30年にも及ぶ壮大な物語。

昭和45年、看護婦の鏡子は、愛する男・豊樹の裏切りを許せず、豊樹が結婚した富貴子との間に誕生したばかりの赤ん坊を略奪し、ぼたんと名付け密やかに育てます。
溢れんばかりの愛情をかけて…。失意の豊樹と富貴子は、翌年次女・香世に恵まれ、悪夢を忘れ去るためにも心血を注いで育てます。こうして実の姉妹である真世と香世は、
大人になるまで、お互いの存在を知ることなく成長するのです。しかし運命のいたずらは、二人を一つ屋根の下に住まわせる選択をします。妹・香世は大富豪の令嬢として、
そして姉・真世はそのお手伝いさんとして。やがて二人に、真実を知る日が訪れます。しかし、その時、同時に一人の男・由紀雄を愛していて…。
「無私の心」ですべての愛情を注ぐ真世。対極とも言える「利己」に生きる香世・姉妹がその後選択した生き方とは…。

お得なパック(1)

    詳細情報

    関連情報
    原作・脚本:中島丈博 企画:鶴啓二郎(東海テレビ) 音楽:中川幸太郎 主題歌:岡本知高『涙のアリア』(ユニバーサルミュージック) 劇中歌:中村彰一『牡丹と薔薇』(郷愁館) プロデューサー:西本淳一(東海テレビ)、大久保直実(ビデオフォーカス) 演出:西本淳一、油谷誠至、皆川智之、藤木靖之 制作:東海テレビ放送/ビデオフォーカス
    音声言語
    日本語
    制作年
    2004
    制作国
    日本
    対応端末
    公開開始日
    2021-12-03 10:00:00

    その他国内ドラマランキング

    評価・レビュー

    レビューを投稿してください。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      俳優・女優で探す

      キーワードで探す

      ランキングで探す

      リンクがクリップボードにコピーされました