お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

優雅なインドの国々 バロック meets ストリートダンス

G
  • 字幕

ヒップホップ、クランプ、ブレイクダンス、ヴォーギングなど、総勢 30 名のダンサーがパリのオペラ・バスティーユに集い、クレマン・コジトアの演出とビントゥ・デンベレの振り付けで斬新な賭けに出た。

ヒップホップ、クランプ、ブレイクダンス、ヴォーギングなど、総勢 30 名のダンサーがパリのオペラ・バスティーユに集い、クレマン・コジトアの演出とビントゥ・デンベレの振り付けで斬新な賭けに出た。フランスの作曲家ラモーのオペラ音楽にストリートダンスをかけ合わせ、バロックオペラ『優雅なインドの国々』を現代に蘇えらせたのだ。そのリハーサルから初演までの様子をおさめたドキュメンタリー映像から、人間模様や現代社会の闇が浮き彫りになる。バスティーユは今を生きるアーティスト達の手に落ちるのか?

詳細情報

原題
Indes Galantes
関連情報
制作:Les Films Pelléas
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2021
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2022-01-14 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275

ドキュメンタリー洋画ランキング

優雅なインドの国々 バロック meets ストリートダンス の評価・レビュー

3.7
観た人
5
観たい人
4
  • 4.3

    月音ツクネさん2022/01/22 21:45

    "黒人がオペラ座にいたら何?今は2021年"

     黒人が殆どいない、ストリートなど見向きもされないオペラの世界。

     「2021年よ?時代は変わった」と、オペラにストリートダンスをミックスした舞台を生み出した、驚異の企画のドキュメンタリー。

     言葉にも歌にも踊りにも、終始鳥肌。

     有無を言わさず圧倒してくる、パフォーマンスのパワーに満ちた傑作。

  • −−

    CRYさん2022/01/21 06:17

    僕はこんなふうに踊ることも歌うことも楽器を奏でることも演技することもできない。みなさん素晴らしい。

    指揮者のすごさも感じられた。監督も振付け師も衣装も美術も照明もメイクも他の方々も。

    互いに敬意を持っているのも素敵。

    批評家よりも観客。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました