お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

地平線の彼方

G
  • 字幕

ギュスの上にかかる雨雲は、大嵐が吹き飛ばしてくれるだろうか…。

1976年、歴史上最悪の干ばつがスイスを襲った夏。容赦なく照りつける太陽の下、13歳のギュスは無邪気な少年時代に別れを告げる。自然災害を引き金に、家族の間にひび割れが生じ、ガスの大切にしていたものはガラガラと音を立てて崩れていく。ギュスの上にかかる雨雲は、大嵐が吹き飛ばしてくれるだろうか…。

詳細情報

原題
Le Milieu de l’Horizon
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
スイス/ベルギー
対応端末
公開開始日
2022-01-14 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入275

ドラマ洋画ランキング

地平線の彼方の評価・レビュー

3.5
観た人
3
観たい人
4
  • 4.3

    おさん2022/01/25 12:22

    今年のMyFFFぜんぶ良すぎる〜。ままならぬ人生〜各々の人生〜というかんじなんだけどラストからエンディングに向けてカラリとしていてとてもいい。フランス映画の感情剥き出しで言い合うシーン好きだなぁ。またみんな愛おしくなってる。どの目線でみるかで結構印象変わると思うけど愛はゆるすしかないのだよ。

  • 3.0

    みむさんさん2022/01/25 11:18

    マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルにて。

    干ばつが襲った夏のある農家の物語。

    干ばつだけでも農家にとっては大変なんだけど、元々何かを抑えながら必死に生きてきた彼らが母親のニコールが友人を連れてきたことからじわじわ亀裂が入っていく。

    13歳の少年ガスの思春期モヤモヤ、短気な父ジャン、母ニコールとセシルの関係。

    農家の嫁としてずっと夫と共に過ごしていたニコールだが、友人のセシルはニコールとは対照的で自由奔放。
    ガスもそりゃ悶々とするわな。

    なんとか均衡を保っていた家族の関係は干ばつによる被害とセシルによりかき回され、さらに…。

    わりとドラマチックなことが起こっているのだけど変に煽ることなく静かに淡々と描いていた。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました