お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

おくりびと【TBSオンデマンド】

G

「人は誰でもいつか、おくりびと、おくられびと」…。ひょんなことから遺体を棺に納める納棺師となった若者が、仕事を通して成長していく姿とその周囲の人間模様を描いた物語。“死者を弔い送り出す”という儀式を通して浮かび上がる、夫婦の愛、子への愛、父や母への思い、友情、そして仕事への矜持を丹念に描き、観る者に大きな感動を与える。監督は滝田洋二郎。キャストには、本木雅弘、広末涼子、山崎努ら実力派が揃い、放送作家・小山薫堂が脚本を担当した。米国アカデミー賞外国語映画賞をはじめ国内外で数々の賞を受賞。第32回日本アカデミー賞では監督賞、主演男優賞など10部門の最優秀賞を総なめにした。

 「年齢問わず、高給保証! 実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!」
 この求人広告を手に「NKエージェント」を訪れた元チェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。その仕事とは、遺体を棺に収める“納棺”という仕事だった。戸惑いながらも、大悟は妻・美香(広末涼子)に仕事内容を偽り、納棺師の見習いとして働き出す。

詳細情報

関連情報
監督・ディレクター:滝田洋二郎 脚本:小山薫堂 音楽:久石譲
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン邦画ランキング

おくりびと【TBSオンデマンド】の評価・レビュー

3.6
観た人
41184
観たい人
9379
  • 4.4

    アヤナさん2020/05/27 23:25

    2回め。一度は見るべきって1回め見たときも思った。日本人っていいなって思える、所作の美しさに泣ける。

  • 4.2

    ケヌマン太さん2020/05/26 22:00

    銭湯のおばちゃんの下りあたりから嗚咽した。それでも生きてゆくっつーかLife goes onな訳で。焼き白子食べたい。

  • 4.2

    いくたさん2020/05/26 21:36

    主に伝えたいのは4点です。
    ①4ℓ泣いた
    ②広末涼子が可愛い
    ③日本国民全員に見てほしい
    ④というか全世界に見てほしい

  • 3.8

    ミモさん2020/05/26 20:17

    チェロの演奏家をクビになって、田舎で納棺師の仕事につく話。

    死に関する仕事は日本で忌み嫌われる職業だけど、誰かがやらなくてはならない大切な仕事。適当な葬儀社に雑に遺体が扱われそうになった場面は心が傷んだ。この社長や主人公のように心を込めて送ってもらえるなら、故人も遺族も救われると思う。
    奥さんや同級生の反応も致し方無いんだけど、主人公の仕事っぷりを見て理解してくれて良かった。とにかく、本木雅之の所作が美しい。
    今後、日本が迎えるであろう他死社会で、このような丁寧で尊厳ある仕事がきちんと残っていってほしい。

  • 4.5

    Momonaさん2020/05/26 15:43



    言葉にするのは難しい
    優しかった 胸が痛くなった
    いい人生だったなと思うために
    私は生きている
    死は誰にでもいつかは来るから

    死んでも尊厳は守られる
    最近勉強してる中絶で犠牲になる
    命は尊厳は守られない

    汚らわしい
    死は通過点
    いろんな言葉が胸に刺さる

    おくりびと、すばらしかった

  • 4.5

    sakanakomajinさん2020/05/26 00:07

    もっくんがチェロを弾く場面が心に残っていました。納棺師という職業、この映画を見るまで知らなかったなぁ。

  • 5.0

    あいこさん2020/05/24 23:08

    奥さんが「汚らわしい」って言って手を振り払った時自分が言われたみたいに傷ついて泣いた。

    死と向き合うことは生と向き合うこと

  • 4.3

    Minoriさん2020/05/24 05:07

    小学校の時に映画館で見ました。
    幼いながらに広末さんが汚らわしいと言ったシーンの衝撃は今でも覚えており、本当に考えさせられる作品でした。

  • 4.2

    ちりめんさん2020/05/23 12:51

    穏やかに、静かに人の死について描かれています。多くは語られず、解釈の仕方は人それぞれ。たくさん考えようと思わされる作品でした!
    また観たい!

  • 1.8

    雲丹銀河さん2020/05/22 19:42

    この仕事を隠すことも
    周りがこの仕事を怒ることも
    全然理解できなかった。

    まだこんなところで
    つっかかってるの?と思う。

    日本は、箸の持ち方が変だとか そういう些細なことを他人に対して求めすぎて みんなが生きづらい世の中にしている。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す