お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブラックライトニング ファイナルシーズン

G
  • 字幕

世の闇に、光を

ジェファーソン・ピアース(クレス・ウィリアムズ)は多くの顔を持つ男だ。元オリンピック選手であり、尊敬される教育者であり、2人の娘を持つ父親である彼はまた、ブラックライトニングとして、電撃を自在に操る能力でフリーランドを守っている。しかし、能力と複数の顔を持つ者はジェファーソンだけではない。彼の長女アニッサ・ピアース(ナフェッサ・ウィリアムズ)だ。彼女は医学生であり、アルバイト教師であり、熱心な社会活動家でもある。そして同時に、サンダーとして知られるスーパーヒーローでもある。彼女は息を止めている限り、そのスーパーパワーをどこまでも強められる能力を持っている。そして、ジェファーソンの次女ジェニファー・ピアース(チャイナ・アン・マクレイン)。彼女は父親の運動能力を受け継ぎながらもアスリートになる気はない、勝気な高校生だ。体から電気エネルギーを発し、ライトニングとして知られる彼女は、アニッサやジェファーソン以上の能力を秘めている。リン・スチュワート(クリスティーン・アダムス)はジェファーソンの元妻だが、2人は娘たちの親としての役割を分け合っているだけでなく、離婚したいまでも深く愛し合っている。リンはメタヒューマンの治療薬の専門家だ。ピアース一家は、荒廃した街フリーランドを救うために、100(ワンハンドレッド)と自称する犯罪組織、そして悪名高い犯罪者トビアス・ホエール(マーヴィン・“クロンドン”・ジョーンズ3世)と戦っている。政府による人体実験問題と、メタヒューマンと中毒を作り出したドラッグの密売問題に悩まされているフリーランドは、危険なマルコビアのターゲットになってしまう。だが強力な仲間もいる。ジェファーソンの父親代わりで元秘密情報員のピーター・ギャンビ(ジェームズ・レマー)とメタヒューマンの戦士ペインキラー(キャロウェイ)ことカリル・ペインだ。

お得なパック(1)

    詳細情報

    アクション海外ドラマランキング

    評価・レビュー

    レビューを投稿してください。

      ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

      サブジャンルで探す

      カテゴリで探す

      俳優・女優で探す

      キーワードで探す

      ランキングで探す

      リンクがクリップボードにコピーされました