> > > クロスゲーム

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

クロスゲーム

G アプリでDL可: レンタル
音声:日本語

あの夏。とまったままの夏が、動きはじめる。

スポーツ用品店の息子、主人公・樹多村光は、バッティングセンター&喫茶店「クローバー」の月島四姉妹と幼なじみ。しっかり者の長女・一葉。光と大の仲良しの次女・若葉。光とはウマが合わない三女・青葉。そして、元気いっぱいの四女・紅葉。小5の夏。若葉は、光と夏祭りに行く約束をして、キャンプに出かける。しかし、キャンプ先での事故で若葉はこの世を去ってしまう。二人で行くはずだった夏祭りに、独りで出かける光…。高校生になった光は、若葉が最後に見た夢「甲子園」を目指して野球…続きを見る

お得なパック一覧お得

もっと見る

この作品の各話一覧

詳細情報

イメージを拡大する

あらすじ

スポーツ用品店の息子、主人公・樹多村光は、バッティングセンター&喫茶店「クローバー」の月島四姉妹と幼なじみ。しっかり者の長女・一葉。光と大の仲良しの次女・若葉。光とはウマが合わない三女・青葉。そして、元気いっぱいの四女・紅葉。小5の夏。若葉は、光と夏祭りに行く約束をして、キャンプに出かける。しかし、キャンプ先での事故で若葉はこの世を去ってしまう。二人で行くはずだった夏祭りに、独りで出かける光…。高校生になった光は、若葉が最後に見た夢「甲子園」を目指して野球部のエースとして奮闘する。そして、青葉も選手として野球部に入部することになり、運命の歯車が動き始める。

関連情報

原作: あだち 充 掲載: 週刊少年サンデー 発行: 小学館 監督: 関田 修 シリーズ構成: 土屋理敬 キャラクターデザイン: 近藤優次 総作画監督: 小丸敏之/藤崎賢二 音楽: 中川幸太郎 美術監督: 椋本 豊 撮影監督: 坪内弘樹 音響監督: 高寺たけし アニメーション制作: Synergy SP 製作: テレビ東京・小学館集英社プロダクション

最新!スポーツアニメ月間ランキングもっと見る

アタックNo.1 アタックNo.1

富士見学園中等部に転校してきた鮎原こずえは、やり場のない力を持てあました不良グループを率いて、バレーボール部に挑戦。その技量を見込まれて新キャプテンとしてバレー部に迎えられる。チーム内でのエース争いの末に無二の親友となる早川みどり、ボーイフレンドの一ノ瀬努、新たな技を生み出させるために猛特訓を課した本郷コーチ……。鮎原は、様々な人々に支えられて、中学、高校、そして世界のアタックNo.1に成長していく。

¥110

(3.9)

1位

頭文字D First Stage 頭文字D First Stage

藤原とうふ店の一人息子、拓海。一見普通の高校生の彼には秘密が…。“秋名のハチロク”の伝説が始まる!!

¥220

(4.2)

三木眞一郎

2位

  • 無料あり

頭文字D Fourth Stage 頭文字D Fourth Stage

群馬エリアでは敵なしとなった藤原拓海は、県外遠征用スペシャルチーム・プロジェクトDへ参加する。

¥220

(4.1)

三木眞一郎

3位

  • 無料あり

スラムダンク スラムダンク

原作は井上雄彦の「人生の教科書」と言われる大人気漫画! 自称“天才”桜木花道がついに登場!

¥110

(4.5)

大塚芳忠

4位

  • 無料あり

モンキーターン モンキーターン

TVアニメの第1シリーズ。夏の甲子園大会、東東京地区予選3回戦敗退という苦い高校生活を送った波多野憲二。彼に違う才能を見出していた担任の筒井は教え子でプロのボートレーサー、萩原麻琴に憲二を会わせることを画策して……。※2010年4月1日より、「競艇」は「BOAT RACE」に呼称変更しました。

¥110

(3.7)

川島得愛

5位

  • 無料あり

モンキーターンV モンキーターンV

TVアニメの第2シリーズ。プロデビューから3年半で全日本選手権を制した波多野憲二。だが、憲二は一般戦優勝戦で落水して左手に大怪我を負ってしまう。そして大怪我を克服した憲二は、革命的なターン「Vモンキー」をものにする……。 ※2010年4月1日より、『競艇』は『BOAT RACE』に呼称変更しました。

¥110

(4.3)

麦人

6位

  • 無料あり

黒子のバスケ 黒子のバスケ

『影(黒子)』と『光(火神)』の快進撃が今始まる!』

¥220

(4.1)

小野賢章

7位

  • 無料あり

頭文字D Final Stage 頭文字D Final Stage

秋名最速の称号を持つ元走り屋を父に持ち、トレノAE86、通称“ハチロク”で峠を攻める天才走り屋・藤原拓海の成長を描く青春ドラマ。究極のドライビング・テクで群馬エリア敵なしとなった拓海は、前作「Fourth Stage」にて高校を卒業を機にレッドサンズの高橋涼介率いる県外遠征用スペシャルチーム「プロジェクトD」への参加を決めた。「プロジェクトD」の目的はネット上で挑戦者を募り、ストリート限定でバトルを通してスピートを追求し、コースレコードを打ち立てることであった。

¥220

(4.0)

三木眞一郎

8位

「クロスゲーム」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Official Partner of NBA
    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    表示モード:
    スマートフォン
    PC