お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エリザベート-愛と死の輪舞-(’02年花組・宝塚)

G

ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を、彼女と”死”トート、そして夫の皇帝フランツの愛憎劇として描くウィーン発のミュージカル。

ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を、彼女と”死”トート、そして夫の皇帝フランツの愛憎劇として描くウィーン発のミュージカル。宝塚では、トート中心の潤色で1996年に雪組で初演。その後、各組で再演が続き宝塚歌劇の代表作となる。今回は、2002年に花組で上演された、春野寿美礼主演の宝塚大劇場公演版をお届けします。物語は暗殺犯ルキーニ(瀬奈じゅん)を狂言まわしに進行する。トート<死、黄泉の帝王>(春野寿美礼)は少女エリザベート(大鳥れい)を一目見て惹かれ、瀕死の彼女の命を助ける。そして生きたままのエリザベートの愛を獲るまで何処までも彼女を追い続けようと決心する。一方、エリザベートはハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(樹里咲穂)と結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィーや窮屈な宮廷生活に耐えられず、また、フランツも味方ではなかった。 脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ、音楽:シルヴェスター・リーヴァイ、オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会、潤色・演出:小池修一郎、演出:中村一徳
Book and Lyrics by Michael Kunze Music by Sylvester Levay Original production: Vereinigte Bühnen Wien GmbH Worldwide Stage Rights: VBW International GmbH Linke Wienzeile 6, 1060 Vienna, Austria international@vbw.at  www.vbw-international.at ORIGINAL PRODUCTION BY VBW VEREINIGTE BÜHNEN WIEN a company of w!enhold!ng ⓒ1992 Edition Butterfly Roswitha Kunze / Levay Music Rights for Japan controlled by Shinko Music Publishing Co., Ltd., Tokyo

詳細情報

関連情報
劇場:宝塚大劇場
音声言語
日本語
制作年
2013
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2013-12-14 08:09:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入880

宝塚 舞台宝塚・舞台ランキング

サブジャンルで探す

カテゴリで探す

キーワードで探す

リンクがクリップボードにコピーされました