お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ムーンウォーカー

G
  • 字幕

2009年6月25日、突然この世を去ったマイケル・ジャクソンが、みずから企画・製作総指揮・主演した唯一の長編映画!!

ジャクソン・ファイブ時代の映像から、グラミー賞でのパフォーマンスまで、マイケル・ジャクソンのレア映像が満載! 主演のみならず、原案、製作総指揮までマイケル自身が務めたこの夢のプロジェクトには、彼のアーティストとしてのユニークさと非凡さが詰まっている。ジョー・ペシ、ミック・ジャガー、ショーン・レノン、エリザベス・テイラーなど、カメオ出演も必見!

詳細情報

原題
MOONWALKER
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1988
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-09-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

その他洋画ランキング

ムーンウォーカーの評価・レビュー

3.5
観た人
1751
観たい人
638
  • 3.0

    あーびんさん2021/05/09 14:02

    マイケルのドラマ仕立てのpv映画。
    マイケルの演技が微妙&ストーリーも適当なのでファン向けでしょう。
    80年代の特殊効果もりもりで味のある雰囲気ではあります。

    マイケルのスパンコール付白ソックスのキラキラ感が印象的。

    見所は文句無しにかっこいい「スムーズ・クリミナル」と突然ロボにトランスフォームするシーン。

    ビートルズの「come together」を歌っていたのも意外でよかった。
    っていうかショーン・レノンも出てたのか。

    今思えばディズニーランドにマイケルのアトラクションがあったのすごいですよね。一度見てみたかった気もします。





  • 3.0

    あかペン先生さん2021/05/04 01:40

    字幕鑑賞。
    2021年132本目。

    マイケルのマイケルによるマイケルのための映画。
    前半はライブとMVを詰め込んだものになっており、後半は打って変わって謎のSFアクションに。
    取ってつけたような設定で物語は突っ込みどころ満載。
    考えるんじゃねぇ!感じるんだと
    まるでB級遊園地のアトラクションに乗ったかの様な不思議な感覚に笑笑

    しかし圧倒的な歌唱力と見るものを虜にするダンスパフォーマンスは流石。
    あと映画の中で全力疾走するマイケルの姿はとても貴重。

    彼こそ唯一無二の真のエンターテイナーでキングオブポップ。
    生で彼のパフォーマンスを見てみたかったな。

    一番好きな曲はBad
    MVはSmooth Criminal。

    とんねるずのノリさんとタカさんがパロったBadのMVも大好きです笑

  • −−

    maさん2021/04/05 23:08

    アーーーーーーーー
    とりあえず爆音とスクリーンで見れたことが嬉しすぎてめっちゃ泣いた 歳や
    ありがとうなんばパークス

  • −−

    Lynnさん2021/03/26 23:07

    だれ?「うちの映画館の音響上映でムーンウォーカー上映しようや」っていうた人?

    最高やん 天才やん ほんまありがとう🙏まさかムーンウォーカーを大画面の大音量で鑑賞できる日が来る何て。

    そら映画としてはツッコミたくなるところもあるけどそうじゃない。

    終わった後のどこからともなくわきあがった拍手が感動でしかなかった。
    恩に着るぜ、パークスシネマ👍

  • 3.8

    課長とヒロシさん2021/02/18 23:20

    ヒロシ(以下ヒ):『フットルース』、『フラッシュダンス』ときて、80年代ダンス映画のトリを飾るのはやっぱりこれ!マイケル・ジャクソン『ムーンウォーカー』です!

    課長(以下課):いやー、今観てもカッコいいし、ダンスもだけど、『マン・イン・ザ・ミラー』とか歌詞も感動するよなー!

    ヒ:大泉洋さんがマイケルの物真似するときに歌ってるやつですね!(笑)映画の構成はアルバム『BAD』の楽曲を主に使ったミュージック・クリップのパートと、マイケルと3人の子供がジョー・ペシ扮する悪者と戦うドラマパートに分かれてます

    課:まあ正直ドラマパートは「幕間劇」みたいな感じで、本編はミュージックパートだけどな。『BAD』だけじゃなくて、ダイジェストだけどジャクソン・ファイブの頃から『スリラー』まで、マイケルのキャリアをなぞってくれるから、いろいろな名曲の映像が観れてお得な感じだ

    ヒ:その中でも一番のクライマックスは「スムーズ・クリミナル」ですよね!

    課:そうだなー!「スムーズ・クリミナル」は、ずっと観てられるよなー。1930年代のバーを舞台にしてるんだが、2階に上がったり、また1階に降りたりとか位置が目まぐるしく変わるなかで、ストーリー性のあるダンスを踊りまくるのが目茶苦茶カッコいいぞ!

    ヒ:可動式の階段の上で踊って、その階段がゆっくりと下に降りてきたりするのカッコいいですよね!あと、「ゼロ・グラビティ」も!

    課:「ゼロ・グラビティ」は全国の少中学生が一度は試したんじゃないか?昔は人間は訓練したら、こんなこともできるようになるんだ!と頑なに信じてたけどな

    ヒ:この映画の場合はワイヤーアクションでしたけどねー(笑)、でも後世では靴の踵を舞台のフックに引っ掻けることでライブでもできるようになりました!

    課:「ムーンウォーク」も含め、80年代の全国の少中学生の「体育館でのレクリエーション」に与えた影響は大きいと思うな!久々に俺も「ムーンウォーク」やりたくなってきたぞ

    ヒ:笑笑 皆さんもぜひ「King of POP」の歌とダンスに酔いしれてください!

    ストーリー 2
    キャラクター5
    世界観   3
    映像・演出 3
    音楽    5
    ジョン・レノンの息子も出てるぞ!度99

  • 3.5

    サーカスさん2021/02/11 05:19

    Michaelの素晴らしいパフォーマンスが観れるところ以外はマジで頭おかしい。
    ロボとかギャグやろマジで。

  • 3.3

    ANNASUIさん2021/01/28 19:32

    幼い頃見たっきりだった
    ストップモーションとか世界観が可愛い
    ロボットのシーンは印象的だった🤖
    Smooth Criminal は名曲
    曲メインだからながら見でもよいかも

  • 2.9

    allyさん2021/01/25 15:00

    2021/14
    最初の15分くらいはマイケルジャクソンの総まとめライブ・パフォーマンスがクリップ形式で詰め込まれていて激アツだったけど、それ以降ちびマイケルにファン追いかけごっこに麻薬売人vsヒーロー・マイケルに訳分からなくて、「音は読めるし一つ一つの単語の意味は知ってるのにセンテンスはなにを言ってるのかさっぱりわからない」みたいな状態になった 「さっぱり意味はわからないのに記号だけでおもしれぇすげぇ…!」みたいなテンションにはならなかった

    他の人の感想を読んだときにあるかたが
    「マイコー様を黙ってみとけという製作者の意思を感じた」
    と言っていてまさにその通りの映画だと思ったな

    マイケルが踊っているところを見るとアステアのダンスを想起させられるのに、全然違うパフォーマンスで違う文化で違う見方をされているの感慨深い 
    原型が延々と引き継がれその度に形を変える、でもその根本にあるものは変わらない、みたいなの好き

  • 3.4

    みおこしさん2021/01/18 18:48

    正月休みと自粛期間に伴い、自宅で狂ったように映画を観まくった結果、まだレビューを書けてない映画が既に20本以上…!もはやレビューを書くまでの時間が空きすぎてて記憶が時々曖昧になりがちな今日この頃ですが悪しからず(笑)。

    マイケル・ジャクソンが主演、原案、製作総指揮を務めたミュージカル作品ということで鑑賞してみたのですが、前半に関してはほぼ名盤『Bad』の楽曲のMVを詰め込んだ映像作品で、まるでMTVとかスペースシャワーTVを流しているような感覚。"Smooth Criminal"、"Bad"、"Speed Demon”など今となってはどれもMV自体が有名すぎるし、YouTubeで簡単に観られる時代だから目新しさがないのかもしれないんですが、当時はそういった映像を観られる機会ってまだまだ少なかったから、ファンにとっては貴重なチャンスだったんだろうなと。
    CDがあまり売れなくなりつつあり、ストリーミングで単曲再生ができちゃうこのご時世だから忘れがちだけど、そもそも”アルバム”というのは一貫した世界観やテーマを持ってアーティストたちは創り上げていくものなわけで。通しでそれぞれのMVを観ていると、マイケルが『Bad』で表現したかったメッセージは実は共通しているんだ、なんて当たり前のことに気づかされて音楽ファンとしての初心に返りました…(笑)。

    ただ、後半になってくるとオリジナルのストーリーが展開。ジョー・ペシ扮する麻薬商人ミスター・ビッグから、子供たちを守ろうと活躍するスーパー・ヒーロー、マイケルの様子が描かれます。これもまた近未来的な独特の世界観で、観ながらディズニーランドの懐かしのアトラクション『キャプテンEO』を思い出しました。
    かと思うと、時折本物のライブシーンも挟まれて、圧巻だったのはビートルズの"Come Together"のパフォーマンス。これがシビれるほどカッコよくて、何回かリピートしちゃいました!

  • 3.7

    ごまふあざらしさん2021/01/17 16:29

    マイケルのこと名前くらいしか知らなかったけど…
    シルエットだけでアイコンになるってすごい。動きのキレが武術的にやばい。マイケルの笑顔のチャーミングさがやばくて、「この人はそういう星の下に生まれてたんだな」と素直に納得した。
    マイケル鑑賞映画。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す