お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パシフィック・リム

G
  • 字幕

全世界の怪獣&メカオタクが熱狂! ハリウッド版“ガンダム”こと鬼才G・デル・トロのSFアクション大作!

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン“KAIJU”。それは何年にも亘って何百万もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。巨大なKAIJUと戦うため、人類は人型巨大兵器“イェーガー”を開発。それはふたりのパイロットが同時に操縦するもので、パイロットたちは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させなくてはいけなかった。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

パシフィック・リムの評価・レビュー

3.7
観た人
53776
観たい人
9793
  • 4.0

    かしまさん2021/04/14 20:55

    監督が日本のロボットものに影響されたらしいけど完全に奪い取ってて(いい意味で)凄いなーと思った。しかもロボットvfxのカット数めっちゃ多くて、これ作るの楽しそーだなーと思った。

  • 4.5

    千年女優さん2021/04/14 20:24

    太平洋に突如として現れた異世界との扉から巨大生物「KAIJU(怪獣)」が出没し、沿岸諸国が巨人兵器「イェーガー」を用いて迎撃する環太平洋防衛軍を結成する近未来を舞台に、次々と出現し強大化する怪獣の猛威に立ち向かう米国人パイロットのローリーや、日本人研究者の森マコら環太平洋防衛軍の姿を描くSF怪獣映画です。

    日本の怪獣映画やロボットアニメのファンでもあるギレルモ・デル・トロ監督が、自身の持つ怪獣やロボットへの愛情を惜しみなく注ぎ込み、多くの子供が憧れたであろうロボットvs怪獣のバトルを最新の映像技術で実現してくれています。

    はっきり言って、人が操縦する巨大ロボットなんてハイリスクローリターンの非効率な兵器でしかありません。続々と現れる巨大生物に対して、一握りの優秀なパイロット頼みの博打なんてものはあまりに非現実的です。しかしそんなことは関係ないのです。これは浪漫であり、だからこそ夢物語として映画で描かれることに意味がある。監督への感謝の念を抑えられない、ブリリアントな一作です。

  • 3.4

    j3livingさん2021/04/14 04:06

    ガッシャンガッシャン!巨大ロボがKAIJUと戦う映画です。
    しかし巨大すぎないか?
    実写でしかも操縦者が立って乗るせいなのかメチャメチャ高所に恐怖を感じる。
    ただ前にばったり倒れるだけでも、あの高さで倒れるんだと想像するとチビッちゃう。

    各国のロボットが出てくるけどこれだけ日本リスペクトの映画なのに日本製のロボット(イェーガーだっけ?)が出てこないのは、ある意味正解だと思う。
    登場するロボットはみんな「軍隊のある」「大国の」製造だし、日本製のロボットってかっこいい名前が付きそうにない。なんかサムライホンダとかクロサワニンジャとか付きそう。いやある意味かっこいいか?

    あとトランスフォーマーとかもそうだけど、ガッツリ金属の肉弾戦でパーツとかもバッキバッキぶっ壊れるけど良く動かなくならないよね。あんな感じに動くとなると全身ほぼモーターの塊だと思うからすーぐ故障すると思うけど、まあそういうこと気にしながらでも十分楽しめる作品だと思います。

    最後にツッコミ、芦田愛菜ちゃんは成長しても菊地凛子の顔にはならんと思う。

  • 3.4

    あずさん2021/04/14 00:47

    デカいロボがガシガシ動けばだいたい面白い!🤤

    ストーリー的にはハリウッドらしい展開でさっくり観れて◯
    友人とワイワイリモート同時視聴にもってこいな映画でした👌

  • 4.3

    ごんびさん2021/04/12 20:21

    海獣じゃなくて怪獣なとこ。
    これがロボットで戦う意味になってる気がする。
    ひとりで操縦じゃないのはスーパー戦隊の流れなんだろう。エヴァンゲリオンチックなシステムとか。

    何よりも日本人役が日本人なこと。

    違うって?

  • 4.0

    やまさん2021/04/10 04:50

    カイジュウとロボ、コテコテのジャパニーズカルチャーに手を出さずにいたのを後悔させられた。ゴツくて個性のあるロボ、人間関係、どれも良かった。

  • 5.0

    おいもさん2021/04/08 20:41

    デルトロ監督による最高の日本リスペクト映画だと思っています。
    ロボット物では欠かせない発進シーンと出撃してる時の主人公のセリフがすごく良い。
    怪獣映画としても素晴らしく、デルトロ監督の怪獣愛、リスペクトが要所に見られます。

    登場するけどあまり喋らない、だけど存在感やリアル感を出してくれるキャラクター達は実に魅力的で創作意欲が湧いた作品です。

    私はチェルノアルファが好きです。

  • 2.5

    けんときさん2021/04/07 19:53

    りあるすぎるのもよくないなぁっていう印象
    グロすぎるし、描写が目まぐるしくてついていけない。
    怪獣はきもかったし、別にドラマ要素もなくただロボと怪獣の戦いをみてたってかんじ。

  • 3.3

    ポチッとなあさん2021/04/07 15:23

    2013年公開。怪獣とロボットの戦い。ロボットのパイロットが2名体制というのが斬新。どんな風に破壊の限りを尽くす敵の怪獣を倒すかが見どころ。
    破壊大好きとしては満足の破壊祭り120分。

  • 3.4

    ぼりさん2021/04/06 20:39

    クソオタク映画in the Hollywoodマジクソ最高だな

    ギレルモデルトロは特撮オタク全開の趣味映画(ただしクソ最高)を作りあげた
    ていうか呼び名「KAIJU」てww
    そのままww

    怪獣映画に出てくるおしゃべり博士ナード最高に好き笑

    話題の芦田愛菜のシーン、演技えっぐww
    たしかに何したらこんな女の子泣くねん監督ってぐらい泣いてるめちゃくちゃ草

    そのうち庵野秀明vs.ギレルモデルトロとかやらないかな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す