お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブルドッグ

G
  • 字幕

ヴィン・ディーゼル主演のハードボイルド・アクション。妻を殺された敏腕麻薬捜査官の復讐劇を描く。

ショーンはロスの麻薬取締局「DEA」の凄腕捜査官。ある日、7年間追い続けていたメキシコ最大の麻薬組織のボス、ルセロの逮捕に成功する。しかしルセロの逮捕後、ディアブロ(悪魔)と呼ばれる謎の男が闇社会で勢力を拡大していた。そしてディアブロは捜査に乗り出したショーンを容赦なく襲撃。居合わせたショーンの最愛の妻ステイシーが銃弾を受け、命を落としてしまう。

詳細情報

原題
ABOVE THE WAR
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2003
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-04-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ブルドッグの評価・レビュー

3
観た人
869
観たい人
138
  • 3.7

    ToruHashimotoさん2021/04/04 13:08

    #ヴィンディーゼル 主演。麻薬カルテルと捜査官との映画。
こう言うは好きです。が、シナリオ的にはもうワンパターンですね。なので楽しみは出演者の肉体美ですね。
それと、BGMや車などでどんだけCOOLに表現してるか?興奮させるか?ヴィンディーゼルではやっぱり、ワイスピには叶わないね。彼の愛車がピックアップトラックはやめてくれ!(笑)

  • 3.0

    Mountainさん2021/03/22 12:46

    麻薬組織を…ぶっ壊す!!

    巨大麻薬カルテルのボス逮捕に貢献したDEAのショーン。しかし、暗殺者の襲撃によって妻が殺されてしまう。失意に暮れるショーンだったが、カルテルへの復讐を誓い立ち上がるのだった…!!

    むか〜し観たんだけど、レビュー書いてなかったし久々に鑑賞。

    おぼろげな記憶では、ラストがビミョーだったってのは覚えてたんですよね…。

    で、改めて観てみて…
    やっぱりラストだけが残念ww

    激しい銃撃戦を盛り込みつつ、程よい緊張感を保ち進んでいくカルテル壊滅作戦。

    妻を亡くした男が復讐心のみを原動力に突き進んでいく姿は、グッとくるものがあります。

    なかなか面白かったのですが、ラストだけ急ぎ足な展開というか何というか…まとめ方が雑なのよね〜。
    尻すぼみな感じも否めません。


    でも、良いとこもあるんですよ…。
    中盤の敵味方入り乱れて地獄絵図と化す銃撃戦とか。

    バッジを捨ててアウトローに徹し、敵を追い詰めていく様子とか。

    それなりに見どころはあるんだけど、ラストだけ気にいらないなぁ〜って…
    その一点だけが心残りな映画でした。


    そういや、ヴィン・ディーゼルさんが無精髭スタイルなのも今となっては珍しい気がしました。



    〜余談〜

    Puddle of Muddのblurryって曲が印象的な感じに使われていた記憶があったのですが…劇中では1回も流れてなかったww

    どうやら予告編でしか使われてなかったみたいね。

  • 2.8

    ラブラドールさん2020/10/29 22:06

    ありがちなストーリー。
    そうであるならもう少し途中のアクションや最後の終わり方など工夫が必要だったように思う。
    予想できる展開通りで盛り上がりにも欠ける印象です。

  • 2.3

    yis4259さん2020/07/31 22:21

    ヴィン・ディーゼル主演のアクションもの。
    麻薬捜査の任務を持った特殊捜査官がメキシコからの麻薬密輸の大物
    ルセロを逮捕したことから、もう一人の大物と噂されるディアブロを突き止めるため、戦う。。。
    という、まぁよくあるようなストーリーなんだが、細かいところがあまりにも気になりすぎて非常にお粗末な印象しか受けなかった。
    せっかくの麻薬取引の潜入捜査も個人的感情を抑えきれずに関係者の
    大量死を招いたり、やることがハチャメチャすぎる。
    ディアブロの正体もお粗末だし、伏線がちゃんと機能していない。
    ラストも主役をカッコよくキメさせるシーンなのかもしれないが、いくらなんでもあんなご都合主義はなかろう。
    ということで、観ていない人は観る必要ありません。

  • 4.5

    葉流歌さん2020/07/27 23:01

    ヴィン・ディーゼルの復讐アクション
    やっぱりヴィン・ディーゼルと結婚してえ……
    奥さんとの最後の会話切な過ぎた
    犯人の手がかりを掴む過程の時折見せる無表情が切な過ぎた

  • 2.4

    琉太さん2020/06/23 12:47

    午後ロー
    この手の荒くれ者はヴィン・ディーゼルのはまり役
    ダニー·トレホ兄貴が出演していそうな作品
    奥さんの復讐に燃えるというワンパターンでイマイチ
    メキシコとドラッグは切り離す事は出来ないのかな?
    カンクンの海は綺麗で素敵なリゾート何だけど

  • 3.0

    かえってきたやもりさん2020/05/30 09:18

    むかしむかし書いた感想を転載。

    かなり嫌味な書き出ししてますが、(この文章に限らず)当時の自分ってやたら挑発的だよなー。

    ===

    ギャラが安い!と駄々をこね、ワイルドスピード×2には出なかった、いまやすっかり大スターのヴィン・ディーゼル主演のアクション映画です。

    今回の彼の役柄は麻薬捜査官。無骨で、無謀で、無茶という、他の出演作とまるっきり同じキャラは、ハマリ役ではあるけれど、新鮮さがなさすぎるような?

    冒頭、メキシコの麻薬王の逮捕に成功!

    …したかと思ったら、今度は別の麻薬王候補が現れて、同時に、麻薬王を捕まえたことでヴィン・ディーゼルは報復を受けてしまい…。

    物語自体は、かなりシリアス。笑いどころは皆無。これが裏目に出てしまい、なーんか、退屈。

    アクションシーンも騒々しいだけで、つまらなくて、すぐに見飽きてしまう。

    一度も物語にのめり込むことなく終了。

    監督は『交渉人』『ミニミニ大作戦』のF・ゲイリー・グレイ。前2作に比べて、かなりつまらないけど、どうして?プレスによると、デ・パルマを目指したらしいけど…。

    麻薬戦争を扱った映画で比較してみます。
    『トラフィック』を100点とすると、この映画は10点未満。

    結局、ヴィン・ディーゼルにはアクション映画以外はつとまらないってことだろうか?ならば、こういう役は、今こそスタローンあたりが適役じゃない?

  • 3.0

    maiさん2020/05/15 23:19

    若いヴィン・ディーゼル!
    やっぱり声が素敵✧︎
    分かりやすい内容
    麻薬組織VS復讐に燃える警察
    車乗ってるシーンはどーしてもヴィン・ディーゼルはワイルドスピード感を求めてしまうので物足りなくなる

  • −−

    MSさん2020/05/13 14:21

    ヴィン・ディーゼル‥山寺宏一さんの吹替によってより愛が深い男に感じる

    相棒のラレンズ・テイト 森川智之さん

    敵に堀内賢雄さん‥
    何この映画‥豪華すぎる‥

    演出 高橋剛
    翻訳 徐 賀世子
    調整 手塚孝太郎
    効果 リレーション
    製作 HALF H・P STUDIO

    テレビ東京プロデューサー
    岡本英一郎 佐藤まりな
    制作協力 高柴隆一(HEATHER)

  • −−

    hzさん2020/04/17 05:42

    ルセロの行動には辻褄が合わない部分がある。
    カタルシス不足。
    理解不能な邦題。
    モヤモヤが残った人には『完全なる報復』をおすゝめし〼。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す