お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

王妃の紋章

G
  • 字幕

巨匠チャン・イーモウ×チョウ・ユンファ、コン・リー競演の一大歴史絵巻! 王家の愛憎劇を壮大なスケールで描く。

10世紀中国の五代十国後唐時代。栄華の頂点には“黄金の一族”が君臨し、王家の繁栄は永遠かと思われた。しかし宮廷内では永久の繁栄を願う重陽節を前に、不穏な空気が渦巻いていた。王妃とすでに冷え切った仲である王は、“良薬”と称して王妃に毒薬を盛り続け、殺害をくわだてようとしていた。一方の王妃は、継子である皇太子と不義の関係を続けていた。

詳細情報

原題
CURSE OF THE GOLDEN FLOWER
音声言語
北京語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
中国
対応端末
公開開始日
2014-04-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

王妃の紋章の評価・レビュー

3.2
観た人
716
観たい人
291
  • 3.5

    えいがうるふさん2020/11/29 02:34

    とにかく映像が万華鏡のように美しい。救いようのない展開だが自分にとってはイーモウ監督の作品の楽しみどころは見た目が8割なのでこれでOK。女性達の胸元がいちいちサービス過剰なのが笑えた。

  • 4.2

    まふまふさん2020/09/16 17:10

    『等等啊我的青春』から、すっかり周杰倫にハマり行き着いてしまったよこの映画に。『菊花台』が主題歌とのことで、久々TSUTAYAでレンタルしたんだけども、旧作330円。こんな高かったっけ?大学時代は旧作100円だったような……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    面白かった!!
    豪華絢爛とはまさにこのこと!!!!
    ド派手な時代劇×アクション どストライクなんよなぁ( ¨̮ )『花郎』の王妃と同じように、毒を盛られていることを知りながら 薬を飲まされ続ける王妃の哀しさよ……。


    端的にいえば、ドロドロの愛憎劇。
    家族構成が入り乱れ過ぎて笑えるわ。
    笑うとこじゃないのに、派手すぎてめっちゃ笑ってしまったよ。

    ・長男のあほ面
    ・青い菊の羽織絶対着たくないの!!
    ・愛人の上品なエロ可愛い衣装(赴任先での青レースの衣装可愛かった)
    ・サイコパス王
    ・ショッカー縄鎌軍団


    夫軍(黒い縄鎌部隊➕銀色の傑に怪我させるんじゃねえぞ部隊)
    VS
    妻軍(化粧やばくね?赤部隊➕傑率いる黄金の菊スカーフ部隊)
    が合わさった時のやりすぎ感が好き(笑)父上 謀反に対して準備しすぎな!

    次男 傑が、王座を奪うためではなく
    “ただ母上のために”謀反を起こした事実がカッコよすぎる。
    ラスト 悲しい結末にはなってしまったが、
    重陽の節句ごとに 思い出したい素敵な映画だった。


    跳ね除けた毒薬からの菊花台。
    まさかこんな入りだとは
    思いもしなかった。美しい歌だ……。
    ジェイの歌は全てが美しい……。

    https://music.apple.com/jp/album/%E8%8F%8A%E8%8A%B1%E5%8F%B0/539126465?i=539126770

  • 3.0

    遥かなる想いさん2020/07/24 00:01

    2006年中国映画。チャン・イーモウ監督。
    チョウ・ユンファ、コン・リー。

    五代十国の時代、皇位継承を巡る、君主・王妃の争いを
    絢爛豪華に描く。
    中国映画らしく、戦いのシーンは 凄まじく、
    王宮の衣装は 豪華で 眼を奪われる。

    愛憎の行き着く先も 無残で哀しい。

  • 3.2

    Mebaieさん2020/05/05 00:48

    ド派手な色使いと派手なアクション、ベースストーリーはどろどろの昼ドラ仕様
    字幕まで中国語だったから何言ってるか全然わかんなかったけど、なんでか楽しめてしまった

    ジェイ・チョウの歌の中でも最近一番好きな曲「菊花台」がエンディングで流れると聞いてとんできたんだけど、映画が終わってから歌に入るあの感じ!!何!凄くいい!!!
    次男の母に対する思いとかを知って改めて聴くともう泣きそうになる

    王…なんでそんなことするの!!!!!

  • −−

    なんたろーさん2020/04/16 23:34

    アクションが派手な壮大な昼ドラ。突っ込みどころ満載(^_^;)
    チョウ・ユンファが極悪人。これで良いの?っていうバッドエンド。

  • 3.4

    犬さん2020/04/05 19:44

    節句

    10世紀の中国、五代十国時代
    栄華を極める後唐王朝の王宮に、遠征に出ていた王や第2王子が帰還し、久々に一族が顔を揃える
    しかし王と王妃は互いに憎みあい、3人の皇子もまた、それぞれ胸に秘めた思いを抱いていた……

    チャン・イーモウ監督の歴史アクション大作第3弾
    豪華絢爛な王宮を舞台に、ある王族の愛憎劇を描く

    カラフルすぎ
    紋章もスゴかった

    本当にカネかけてますね

    女性たち
    それぞれの思惑が

    最後のアクションも良かったです

  • 4.0

    パプリカさん2020/02/11 13:15

    これだ!!
    菊の刺繍を必死に塗っている王妃の顔を思い出した。
    大迫力の映像美、色味がものすごく綺麗。
    最後はもう大変なことに…

  • 2.7

    Aviさん2019/08/10 18:30

    不倫、クーデター、王位の継承問題…
    これらが重なり荒れる国、そして宮廷と家族…

    流石、中国映画と言えるほどに豪華なセットに沢山の騎士達…
    相当お金かけてるなぁ…というのは伝わった。

    次第に乱れていく展開にあれよあれよと国、家族がバラバラになり…
    ラストは「それで、ええんか?」って感じ

    まぁいつだって不倫はあったし、多少はね?
    女性達の胸際の衣装が結構攻めているのは見所かと…w

  • 3.5

    もりもりんさん2019/02/27 22:45

    王家の愛憎劇。ドロドロで壮大な夫婦喧嘩で、家族の諍い。そのために沢山の人が死んでいくのが辛い。

    女性のヨーロッパ風の胸を強調したドレスや、黄金に輝く衣装、紫や黄色の高貴な色で覆われた宮殿、とにかくきらびやかで華麗。

    そしてチャン・イーモウ監督の撮るコン・リーはさすが!美しい!!

    ジェイ・チョウ、良い役すぎてびっくりした。しかしチョウ・ユンファとコン・リーの夫婦の子どもがジェイ…っていうのは顔の遺伝子的に無理あるw

  • 3.0

    96さんさん2019/01/20 21:29

    西暦928年
    中国の王宮を舞台に
    様々な陰謀や
    人間関係を描く
    歴史サスペンスドラマ

    目がくらむ
    豪華絢爛な
    王宮☆

    独特の陰鬱とした
    規律と習慣
    が対比し、

    所々に入りこむ
    印象的な
    映像は
    世界観を増し、

    静かな狂気と激情が
    映える☆

    展開&演出が
    世界観と演技に
    追いつかないか。

    豪華絢爛で暗い狂気が交錯する中国歴史ドラマが観たい!
    時にオススメ☆

    心に残った台詞は
    『花は咲かすわ』

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す