お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~

G
  • 字幕

音楽界に旋風を巻き起こしたヒップホップ・グループ、ア・トライブ・コールド・クエストに肉薄する音楽ドキュメンタリー!

1988年、ニューヨークで結成された4人組ヒップホップ・グループ、ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)。ヒップホップにジャズの要素を取り入れた彼らは、その斬新な音楽スタイルで一大ムーブメントを巻き起こした。本作は音楽ファン、批評家の双方から圧倒的支持を受けながらも、’98年に解散してしまった彼らの世界ツアーに密着した音楽ドキュメンタリー。ATCQの大ファンを公言する俳優のマイケル・ラパポートが初めてメガホンを取り、メンバー内の確執や解散の真実に至るまで、知られざるATCQの核心に迫る。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~の評価・レビュー

3.8
観た人
940
観たい人
1039
  • 3.4

    カツ味噌さん2021/09/21 23:37

    嫌いな人に出会ったことがない、知れば誰もが魅了される最高のATCQを紐解くドキュメンタリー。

    音楽は聴いていてグループの人間関係はあまり知らなかったが、こんなにも溝が深かったとは。ラブムーブメント、普通に好きなアルバムなんだけど…こんな中で制作されてたんだな、作り手側にとっては思い出したくもない作品だと思うと複雑な心境。
    完璧主義者がいれば大体こうなってくるのは定例だが、それにしても中盤のツアー中の映像は観てて辛かった。どっちも折れず、ただただ泥沼。

    後半、Q-TIPソロライブシーンで流れた曲が『LIFE IS BETTER』って…凄い皮肉だなと感じた。

    最後のサマソニで幾分か関係が修復してて、そこは心が暖まった。


  • 3.6

    地球に落ちて来たタカアキさん2021/09/05 06:27

    『ロウ・エンド・セオリー』90年代HIPHOPの最重要作品です!
    それまでのアゲアゲラップの常識を変えた90年代の幕開け的なアルバム。
    ジャズベースをサンプリングした重厚でグルーヴィなトラックと、余分な音を極限まで削ぎ落としたタイトでスタイリッシュな音作り。アルバム全体を通して感じる統一感と緊張感。
    ハマるとかなり中毒性の高いアルバム。

    1991年は70年のポップミュージックの歴史上最もエキサイティングだった神の年!!『ネヴァーマインド』だけじゃない!91年の個人的トップ10がこれだ!!

    1.『ラヴレス』マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
    2.『ブルーラインズ』マッシヴアタック
    3.『ロウエンドセオリー』ATCQ
    4.『S.T』オーガナイズド・コンフュージョン
    5.『ten』パールジャム
    6.『アウト オブ タイム』REM
    7.『ブレイキング アトムス』メインソース
    8.『グリーンマインド』ダイナソーJr
    9.『スクリーマデリカ』プライマルスクリーム
    10.『ブラッド シュガー セックス マジック』レッチリ

    あ、映画もよかっです。R.I.Pファイフ。

  • 4.0

    uk0さん2021/09/03 23:05

    ファイフ😭
    ATCQの影響力がわかるくらいにすんごい人達が沢山出てる!
    あのサマソニに行った人、絶対忘れちゃいけない思い出!行きたかったマジで。

  • 3.0

    あつしさん2021/08/14 13:10

    落ち着いたライムのカッコよさを教えてくれた、東海岸で初めて好きになったヒップホップ、よく聴いたな〜。こんなに仲違いして確執があったなんて知らなかったけど、みんな個性がぶつかり合うのは仕方がないことなのかな、いいもの作るには。

  • 5.0

    ドラゴンボーズさん2021/07/10 20:39

    公開当時見に行きたかったけど行けずDVD購入しようと長年思ってたこちらをネットレンタル。

    A TRIBE CALLED QUEST

    彼らが僕に与えた影響は計り知れない。ターンテーブル買って最初にレコードを収集したのはトライブ。元ネタに興味を持ち始めるキッカケもトライブ。
    書きたい事がありすぎて困っちゃうね。最後のQ様とファイフのダンスは泣いたね。
    ファイフの病気と戦って少し卑屈になっちゃってるとこめちゃくちゃ分かるぜ。俺も高校生の時そうだった。理解されようと思わないんだけど心の底で分かってくれって思っちゃうんだよな。
    もうファイフが闘病の末亡くなってメンバー揃う事ないけどさ洋hiphopで1番好きなグループは?と聞かれたら僕は死ぬまでA TRIBE CALLED QUESTって答えるでしょう。

    豆知識として僕がトライブの中で1番好きな【AWORD TOUR】はあのテイトウワさん参加してるんだぜ。
    僕が唯一現存する好きなドメスブランド【APPLEBUM】は1stアルバム収録の【BONITA APPLEBUM】から取ってるんだぜ。


    今夜は自宅でトライブのレコードかけまくろう

  • 3.9

    Qさん2021/07/07 13:52

    Q-TIPって別格だよね。本当に。
    かっこいいな〜

    RIPファイフ
    ご冥福をお祈りします。

    映画は良かったです。
    90’s好きは観て損はないです。

  • −−

    APlaceInTheSunさん2021/06/13 23:48

    途中に挟み込まれるコメンテーターの顔ぶれが豪華。それ見るだけでも楽しい。
    🎤ビースティ・ボーイズ!
    🎤COMMON
    🎤クエストラブ含むtheROOTSメンバー
    🎤ファレル・ウィリアムス
    🎤プリンスポール
    🎤ピートロック
    🎤ラージプロフェッサー
    🎤リュダクリス
    🎤モス・デフ
    🎤バスタ・ライムス
    🎤DRES fromBlackSeep

    ファレル・ウィリアムスが「Bonita Applebum」を大絶賛。「あんな曲初めて聞いた。あの曲で俺は変わった。ホットなビートを好むガキだったけど、違う何かを求めるようになった。」

    自分はQ-tip大好きで、TRIBEイコールQtipぐらいに思っていた。
    でもファイフのラップスキル、ビースティ・ボーイズや他の人らにも褒められてて、なるほど、確かにそうだよなーと思った。なんか耳に残るんファイフの独特の声質。

    「音楽の探求者で完璧主義。上昇志向が強く野心家」のQ-tipと「スポーツ大好き、ノリで勝負、いい意味でそこら辺に居そうなヤンキー」的なファイフの衝突が切ない。

    ファレル「Jディラは今ナンバーワンのビートメイカーだが、Jディラも俺もATCQに影響を受けたんだ、言わば息子だ。カニエもそうだよ。」

  • 5.0

    yskさん2021/06/13 16:40

    彼らのストーリーを知り、より愛が深くなった。
    残したもの、与えた影響、その偉大さは計り知れない。
    One of the Best Hiphop, for me.
    R.I.P Phife Dawg, Forever ATCQ.

  • 3.8

    HajimeKanekoさん2021/06/11 18:20

    ファイフの病気を乗り越えて日本でライブするまでのドキュメンタリー。
    グループ内でどんな揉め事があっても音楽が常に極上です。

  • 4.0

    hachiroさん2021/04/25 00:12

    atcqの音楽がやっぱり抜群にかっこいい。ファイフとQティップが仲悪かったのはしっとったけど実際に映像でみてちょっと残念だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す