お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

お姉チャンバラ THE MOVIE

G

超人気カルト・ゲームを、セクシー描写と残酷シーン満載に映画化した剣劇ヒロイン・アクション!

時は戦乱の世。謎の科学者・杉田が生み出したゾンビが人々を襲撃し、街は死臭漂う地獄と化していた。娘を殺されたレイコ、妹をさらわれた勝治、そして最強のゾンビ・ハンターである彩は、憎き杉田を倒すべく、次々とゾンビ相手に死闘を繰り広げていた。そんななか、彩の腹違いの妹で最強の女子高生・咲が、彼らの行く手に立ちふさがる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-11-21 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

お姉チャンバラ THE MOVIEの評価・レビュー

2.3
観た人
86
観たい人
32
  • 2.4

    垂直落下式サミングさん2018/04/26 11:11

    ビキニの上にマントを羽織ったカウボーイハットの女剣士、革ジャンを着こなすショットガン使いの女ガンマン、セーラー服に日本刀を携えた少女、武装したお姉ちゃんたちがゾンビの発生した世界で殺し合うアクションゲームの実写化。
    それなりにゾンビ役の人を集めて、それぞれに衣装を着せて、かなり手の込んだ特殊メイクをしている点は、ジャンル映画として真面目に作られていると思う。廃墟のような場所で群となって襲ってくる様子はさすがの迫力だ。
    だけれど、女の子がゾンビたちをぶった切る血しぶきも人体切断も、ほとんどがCG合成で後から足したものなので、服や肌に返り血を浴びることもないし、切り落とされたゾンビの腕とかも見せてくれないため、実際にブツをみせるからこそ生じる物体的な重みは残念ながら本作には望めない。
    まずもって、この原作ゲームの持っている良さ、お姉チャンバラの良さとは何なのかと言ったら、自機が全部女性キャラで主要人物に男性が出てこないことでしょう。脇くんや諏訪太朗なんか出してる場合じゃないんだよ。脇くんは『北斗の拳』で言うところのバット的なアレなんだろうが、正直クソいらねえ役だ。脇くんなんか敵でいい。
    レズものなのに途中で男優が出てきて3PになるAVって超冷めるじゃないですか。彼女たちのあいだで育まれていたものは、その間に他人が介在しても成立する程度の感情だったのかよと、その瞬間、今まで見せられた登場人物のあれこれや情事のすべてがどうでもよくなっちゃうんですよね。お姉チャンバラなんだから、女の子のバディがキャピキャピしながら血みどろになっていく関係性だけを、私は愛でたいのです。

  • −−

    INFERNOさん2017/11/05 13:53

    長い

    装填するシーン入れよ?

    刀は何でできているの?

    諏訪太郎の悪役って無理が有るよね
    全く合わない

    脇知弘こんなに演技下手だった?
    周りの影響でそう見えるのかな?

  • 2.6

    ともきちさん2017/10/09 06:20

    原作のコス着たセクシーなお姉ちゃん達が斬りまくります!
    ゲームのように画面に血飛沫が付く演出はgood!!

  • 1.0

    hanghaji1138さん2017/01/16 10:35

    これ見るより、ゲームをしましょう。
    ウーヴェ・ボル監督作品並みに原作を無視した映像作品だった。
    ひどいことにボルほど面白くない。
    ボルさん以下だし、ピュン様の足下にも及ばない。
    主役の手島優の妙に高いテンションが、観ているだけで不憫になってくる
    もうかわいそうな映像作品。
    ゾンビが素早く動き回ったらアウトでしょ、この原作でさ。

  • 3.0

    くろひょうさん2016/12/09 10:26

    う ー む 、悪 く 無 い !!
    (原作ゲーム知ってたので耐性が付いてた?)

    B級ゾンビアクション映画ですが、中々頑張っていたと思います(笑)
    (こっくりさん、アイズ、デスフォレスト5の監督さんです)

    まず、ビジュアル面…最高です!
    主演の乙黒えりちゃんは身体を仕上げて来てます(笑)
    (真っ赤なビキニ+黒マント、素晴らしかった)
    若き日の橋本マナミさんにも会えます♪
    (おそらく、マクラで掴んだ役だと思いますよ)
    妹役の中村知世ちゃん可愛かった!
    (セーラー服+ニーハイ+日本刀って最強)

    次に、殺陣&スタント…最高です!
    キチンとアクション映画してました!
    (スタント…いわゆる替え玉の使い方が上手でした)
    太刀筋が理にかなってる!
    (全ての武道に通じる円の動きですね〜)

    これだけで意外とお腹いっぱいになっちゃいます。
    (乙黒えりちゃんがアップに耐えられるビジュアルでずっと観ていられる)

    残念だった項目も挙げておきましょうかね〜☆
    (こっちも色々とありました…)

    左腕のタトゥーがシールですやん!
    (ヘソピ、腰のタトゥーは本物っぽいのに?)
    ハンドショットガンがリロード無しで連射可能!?
    (これこそゲームの世界ですね)
    妹ちゃんのスカートの中が見えない!
    (またしても夢、破れる…)
    あれ?ゴーゴー夕張のオマージュ!?
    (栗山千明ちゃんがキルビルで演じた制服に鉄球のキャラが本作にも登場)
    ヒロインの家系に流れる忌血を一般人に注入するとゾンビに?
    (このくだりはよく分かりませんでした)

    この作品を観ると、乙黒えりちゃんや橋本マナミさんへの仕事のオファーが増えると思うのですが…?
    (今から8年前ということを考えると、ブレイクはしなかったんですね)

    ヒロインと妹にあまりセリフを喋らせなかったのが良かったのかも?
    (それ、褒めて無いよね?)

    最期に…
    くろひょうの誰得?豆知識のコーナー!!
    原作ゲームを販売していたD3パブリッシャーは元々TSUTAYAでおなじみのカルチュアコンビニエンスクラブの関連会社だったそうです!
    その後、バンダイナムコゲームスに吸収合併されて今に至るみたいですね〜♪
    (それ、誰得!?)

    あ、余談ですが…ヒロインの妹の咲ちゃんは腹違いという設定らしいですよ(笑)
    (それ、誰得!?)

  • 2.6

    片腕マシンボーイさん2016/10/31 15:53

    ジャンプ漫画で大好きなんが「ジョジョ」や「ハンター×ハンター」今連載中の作品ではダントツで「ワールドトリガー」でしてね
    逆に「ドラゴンボール」や「ワンピース」はあまり好きでは無いんです
    その作品達で何が違うかって言ったら
    あまり好きでは無い方は友情や怒りでパワーアップする根性論でなんとかなる作品で
    好きな方は根性だけじゃどうにもならんから頭や個々の能力を最大限に引き出して使おうぜ作品やと思うんです
    本作は途中まで面白かったのに最後の最後で「ドラゴンボール」になってしまった残念な作品でした…

    ゾンビが跋扈する世界で父の仇である妹を探す剣の達人のアヤや娘をゾンビに殺されたレイコがゾンビ狩りをする話

    ゾンビ達の特殊メイクを担当するのは今年「アイアムアヒーロー」でも話題になった藤原カクセイ
    「吸血少女VS少女フランケン」で改造少女を演じ印象を残した乙黒えりが水着にマントで剣術の達人という何とも素敵なヒロイン
    さらにまだ幼さも残る橋本マナミが何故か弾を込めなくても連射できるショットガンをもつ胸元が色っぽいサブヒロイン
    そしてボウケンイエローこと中村知世が制服に日本刀というこれまたそそられる悪のヒロイン
    さらに悪役に低予算映画で数々の珍役を演じる諏訪太郎
    もうこっち系の人にはそそる要素が盛りだくさんなんですがね
    って言うか途中まではわ〜い!楽しいなぁ、って観てたんですがね…

    もう終盤はマヂ「ドラゴンボール」で一気に冷めたさ
    ヒロインが気合でスーパーヒロインにパワーアップして目で追えないくらいのスピードで動き出したんで一気に冷めましたさ

    あとなヒロインの相棒のデブがうるさいんとタトゥーのシール感が減点!
    ペイントとかヘナとかいくらでも手はあるのに明らかなシール…
    藤原カクセイはなんとも思わんかったのか?

  • 2.0

    おびわんさん2016/08/13 04:29

    ゲームが映像化してる!

    裸見せるだけ目的の人の
    塗ればに笑いました。

    ストーリー。あるのか?w
    馬鹿にしながらみれました。

  • 3.5

    すとんこさん2016/04/04 22:18

    C
    ゲーム原作の映画化☆
    チープでペラペラの内容なのは百も承知!誰もそんなの期待はしてないよね(  ̄▽ ̄)?なにが観たいかって、そりゃ可愛い水着のネーチャンですよ!!
    そう言った意味で本作は個人的に満足♪この娘で続編作って欲しかったな(ノ_・。)

  • 2.3

    lunesさん2016/03/12 13:44

    ゲームの映画化。
    本家のゲームは不祥事でものすごく話題になったけれど、この映画は特に内容的にも特に話題にはあがらないような出来。
    だからといってつまらなすぎるという訳でもなく、
    まぁ邦画のB級映画としてこんなもんだろうという許容範囲のレベル。

    おすすめはできないけど、興味があれば!
    地味に脇くんが出てる・・。
    (2009/8/29)

  • 2.0

    イチロヲさん2016/01/23 19:07

    ゾンビ増殖の一因となっている人体実験場を目指して、剣術使いのビキニの姉ちゃんが敵中突破を図る。プレステ2のSIMPLE2000シリーズ(2000円のゲームソフト)で初登場して以来、いまだにカルト人気が続いている同名ゲームの映像化。私が学生時代にハマりまくったゲームなので、原作には深い思い入れがある。

    「低予算ながらゲームの中身を実写で再現してみました」的な、企画先行の典型的パターン。褒められるのは、特殊メイクとビキニとオッパイぐらい。それだけあれば十分とも思われるが、その他の部分がいろいろとヒドイため、両者を相殺するとヒドイところのほうが残ってしまう。

    殺陣の拙さはもちろんのこと、血しぶきや火花といった特殊効果が合成になっているため、主人公が返り血をまったく浴びないし、ゾンビの四肢切断の描写も極端に少ない。ゲームから実写へのコンバートにおいて、一番興味を引かれる要素のいずれもが残念なことになっている。

    トルネード・フィルム製作ということもあり、「大体こんな感じの作品だろうなぁ」と察しがつきやすいので、大体の人は鑑賞後のダメージを最小限度に抑えることができるだろう。原作ゲームのコアなファン、または動く女体が見たいだけの人にはオススメできる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す