お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

リアル鬼ごっこ

G

山田悠介原作、石田卓也、谷村美月競演の異色ホラー! 人口削減“鬼ごっこ”の決死の逃亡劇を繰り広げる。

現代の日本。巷では“佐藤”姓の人々が次々と亡くなる奇怪な現象が勃発していた。そんななか、高校生の佐藤翼は、敵対する不良グループに追われ全力で走っていた。そして追いつめられた瞬間、翼は別のパラレル・ワールドへとワープしてしまう。そこでは独裁者が、佐藤姓を持つ人々を標的に“捕まれば死刑”という究極の鬼ごっこを強要していた。

詳細情報

関連情報
原作:山田悠介
音声言語
日本語
制作年
2007
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-07-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

リアル鬼ごっこの評価・レビュー

2.4
観た人
11836
観たい人
565
  • 2.2

    Mさん2020/07/31 13:36

    んー…酷め(笑)
    小中学生向けな感じですかね。
    セットとかも学園祭レベルですな(笑)
    みんな演技もそこそこお下手…
    シリーズ観ようと思ったけど、無理だな(笑)
    続きを見ようとは思わなかった。
    石田卓也のUP多くて肌が可哀想になった。

  • 3.5

    Kentoさん2020/06/29 01:13


    山田 悠介の小説の映画化です

    一時期大ヒットしましたねー

    俳優陣は豪華ですよね(笑)

    設定はシンプルながら観てしまう設定
    だと思います

    鬼のビジュアルとかワイヤーとかは
    良かったと思います
    (初登場シーンのインパクトが強いです笑)

    いつか見返します

  • 1.5

    世界鬼さん2020/06/14 22:46

    5日目の終盤から始まり、リアル鬼ごっこが終わってからが長かった。
    結構演技派俳優が集まってる様に思うんだけど、映画の雰囲気や周りの演技力に合わせてるのかな?だとしたらすごい。

  • 3.0

    パストエンパイアの逆襲さん2020/06/01 04:06

    映像化がきっと難しかったんだろうな、
    原作をアレンジし過ぎて原型がない。

    鬼ごっこと佐藤というキーワードぐらい、
    パラレルワールドとか、、、
    死のリンクとか、、、、

    凄いのぶち込んで、
    ちっとも面白くならないのに、
    5まででてるという衝撃。

  • 2.5

    ぺーさんメモさん2020/05/19 14:44

    原作未読 リアル鬼ごっこ凄い流行りましたよね。特にちっさい子供とかで流行ってた印象がありました。

    聞いたことはあるけど、観たことなかったので視聴。

    泣きました。
    パラレルワールドが絡むストーリーだったのがとてもビックリしました

    でも佐藤さんを探して殺害する意味が薄い、

  • 3.2

    めざましさん2020/05/19 11:21

    原作とはかなり違う内容となっている。アクションや残虐性など見どころはあるが、いかんせん原作とはかけ離れているため、原作ファンからは評価が悪い。女性が体を上下に真っ二つされるシーンは印象に残る。

  • 3.1

    ジエノーさん2020/05/19 00:00

    主人公を佐藤健とかにせんかい!!!!

    名字が佐藤の人が全員殺されちゃうパラレルワールドに行っちゃった佐藤くんが佐藤くんと佐藤さんと佐藤のご飯なお話。

    皆若い!
    で、皆演技が芋!!!

    「カミングアウトは早いほうがいいぞ」ってパラレルワールドの出来事を何持ちこもうとしてんの、、、ってオイーーーーーー!って感じです。

    谷村美月はこの頃から妙なエロさを出してたんすね。

    2020年209本目

  • 1.7

    人生の無駄遣いさん2020/05/18 21:04

    大切な妹を守るため。
    家族を殺した鬼を倒すため。
    鬼との死闘を繰り広げる。

    2020年爆発的人気を博し社会現象にまで
    なった作品。

    収監少年ジャンクで連載され
    本日をもって最終回を迎えた。

    そう!皆さまご存知!!

    “鬼滅の刃(キツめのえいが)”
    〜リアル鬼ごっこ編〜


    原作小説:山田悠介ファンの方、ならびに
    “鬼滅の刃”ファンの方
    まことに申し訳ございません。
    ちょっとした出来心なのでお許しください


    パラレルワールドの日本では王様の命令で
    “佐藤”姓は鬼ごっこをし、捕まったら
    収監され殺されるというルールが発令され

    突如パラレル世界に飛ばされた主人公は
    訳も分からないまま“鬼”から命がけで
    逃げる。
    そして、パラレル世界の妹から聞かされる
    衝撃の事実。それは命が繋がっていること

    パラレル世界の妹が死ぬと
    元にいた世界の妹も死ぬ。

    2つの世界の妹を守る為に
    お兄ちゃんが活躍する作品。


    感想としては“無惨”の一言です。
    原作ファンの私としては
    大幅に設定変更しすぎて、もはや別物。
    オリジナル作品として視聴したとしても
    緊迫感はないし、設定はヒドイし
    (原作の設定も正直アレですが)
    かなり“キツめ”の仕上がりとなってます。

    ※余談ですが、学生時代の私は本作を
    わざわざ公開1週目に劇場に赴き、観賞し
    家に帰るまで「クソが…クソが…。」と
    呟き続け、後に『クソの呼吸 無駄遣い』を
    会得するに至ったのは、また別の話。

    大人気マンガ“鬼滅の刃”は未読のため
    なんとなくでパロってしまったことを
    重ねてお詫び申し上げます。

  • 3.0

    片腕マシンボーイさん2020/05/08 15:14

    「世田谷区、39丁目」に続いてパラレルワールド転送モノを

    佐藤さんが追っかけまわされてぶっ殺される世界にトリップさせられるよ!って話

    これは原作に忠実なんかな?シンプルに佐藤さんが次々ぶっ殺されるんだけ観たかったんやが、パラレルワールドに関わるゴタゴタとかが邪魔くさくて鬱陶しかったわぁ
    いやな、つまらなくは無かったんよ、評判良くないし初代「携帯彼氏」の柴田監督の作品やから、どうかなぁ?とは思ったが、柴田監督は大好きな「がっこうぐらし」や、意外と良作だった「もうひとりいる」も撮っているからな、よし!信用してみよう!つって観てみたんよ(ほんとの理由は3作目に賢ちゃん出ているから観たかっただけ!)
    そうな、そのパラレルワールドとか、王様とか、ちょいちょいダサいポイントが鼻についたものの、園子温版よりは上出来やった思うわ(ただし、たっくんのビキニブリーフとか西村映造のJK大殺戮みたいな見どころが無いのも確か…)

    あとな、ポンコツ映画やと思って見始めたんに、吹越満とか柄本明とか出てきたんにはビックリした!NEO様も出てくるが活躍は無しだ!スンスン
    他にもメインクラスで谷村美月とか大東駿介とかでているんやが、主人公だけ全く知らんかったんやが…誰や?
    ってか改めて2作目以降のキャスト見てみたらかなりこのシリーズ豪華キャストやな、なんでマシンボーイったらいままでスルーしていたんか?ワクワク、とりあえず2作目は阿部純子ちゃんがヒロインやから楽しみ〜

    さて、マシンボーイは残念ながら佐藤マシンボーイやないマイナー苗字やから殺される心配は無いんやが、そうな、もしマシンボーイがハンター側やったら、とりあえず佐藤二朗をなんとしてでも発見して二度とフガフガ言えないように喉掻っ切ってやるよなぁ!ぺろぺろ
    佐藤佐吉はポンコツ映画界になくてはならない人材やから絶対に生き残って欲しい!ぺろぺろ
    他に佐藤さん誰がいたっけ、つって検索したら佐藤かよちゃんがもはや別人やんけ!ってくらい変貌していてビックリ!韓国の美人ってみんなあんな顔よなぁ…ゲラゲラ
    健はうちのおかんが大ファンやから頑張って逃げて欲しいわ

    そうな佐藤って多い苗字の割にマシンボーイが好きな人少なくてホッとしたわぁ、遠慮なく鬼ごっこに励んでくれ!がんばれ!がんばれ!

  • 2.5

    Suamaさん2020/04/26 04:17

    なんか一時期流行ったな…
    そん時、どうでもよすぎて観なくて
    今になってやっと観たけど別に特別面白いわけじゃないし、発想だけはまぁまぁ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す