アダルト
  • トップ
  • ランキング
  • 無料動画
  • 定額見放題
  • キャンペーン
  • 作品配信カレンダー
  • パ・リーグ
  • ジャンル
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • ライブ
  • アダルト
  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 中国・台湾・タイドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • 宝塚
  • 舞台
  • グラビア
  • パチ・スロ
  • スポーツ
  • バラエティ
  • ミュージック
  • ドキュメンタリー
  • アダルト

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

序の舞

G アプリでDL可: レンタル 購入
2時間19分 音声:日本語

『鬼龍院花子の生涯』『陽暉楼』に続く、宮尾文学の映画化第3弾。女流画家、松の壮絶な半生記。

明治の激動期を女手ひとつで二人の娘を育てた島村勢以(岡田茉莉子)。娘・津也(名取裕子)は、明治から昭和にかけ女流画家として一世を風靡していく。芸術にかける情熱と同じように師匠、恩師、画塾生の三人の男への愛憎劇が繰り広げられていく…。女性初の文化勲章を受章した日本画家・上松松園をモデルにした文芸大作。

序の舞

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

詳細情報

イメージを拡大する

あらすじ

明治の激動期を女手ひとつで二人の娘を育てた島村勢以(岡田茉莉子)。娘・津也(名取裕子)は、明治から昭和にかけ女流画家として一世を風靡していく。芸術にかける情熱と同じように師匠、恩師、画塾生の三人の男への愛憎劇が繰り広げられていく…。女性初の文化勲章を受章した日本画家・上松松園をモデルにした文芸大作。

関連情報

原作:宮尾登美子

最新!ヒューマン邦画月間ランキングもっと見る

生きちゃった 生きちゃった

幼馴染の厚久と武田。そして奈津美。学生時代から3人はいつも一緒に過ごしてきた。そして、ふたりの男はひとりの女性を愛した。

¥440

(0.0)

仲野太賀

1位

泣く子はいねぇが 泣く子はいねぇが

たすくは、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことねは、子供じみて、父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿をテレビで全国放送されてしまうのだった――。

¥550

(3.0)

仲野太賀

2位

アイネクライネナハトムジーク アイネクライネナハトムジーク

時を越えて気づく、〈出会い〉よりも大切なこと―。思いがけない絆が巡りめぐって、奇跡のような瞬間を呼び起こす、10年越しの恋の物語。

¥330

(4.4)

三浦春馬

3位

十代-恵子の場合- 十代-恵子の場合-

森下愛子の初主演作にして未DVD化の超レア作。レイプ、妊娠、ヤク中と、清純な女子高生の転落人生を過激に描く!

¥330

(3.3)

森下愛子

4位

人間失格 太宰治と3人の女たち 人間失格 太宰治と3人の女たち

世界的ベストセラーの誕生の裏にあった「死ぬほどの恋」― ヤバすぎる実話

¥440

(3.5)

小栗旬

5位

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

TBSだけが保管する、つまり〈世界にただ一つ〉の貴重な討論会の映像を、大きなスクリーンで観て頂きたいというプロデューサー陣の想いから、映画化が実現した。元東大全共闘、三島と交流のあった著名人、楯の会メンバー、三島文学に精通する文化人ら13人のインタビュイーが紐解くことによって、三島最大の謎である討論の翌年に決行された自決への想いまでもが炙り出されていく。そして、この討論会を今こそ見るべき理由が明確となっていくのだ。ナレーターは、三島由紀夫原作の舞台「豊饒の海」で主演を務め、三島文学を愛する東出昌大。監督は900番教室で実際に学んでいた、東京大学教養学部卒業の豊島圭介。討論バトルに感銘を受け、自身も元東大全共闘の面々に勇猛果敢に切り込んだ。まばゆい輝きと圧倒的な熱量を放つ三島の言葉が学生たちを貫き、現代の私たちにも本気で生きる瞬間を体感させる、衝撃のドキュメンタリー。昭和から令和への貴重な遺産である〈伝説の討論会〉が、50年の時を経て永遠に蘇る─!

¥440

(0.0)

三島由紀夫

6位

アルキメデスの大戦 アルキメデスの大戦

戦艦大和VS天才数学者 これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。

¥440

(4.4)

菅田将暉

7位

カイジ ファイナルゲーム カイジ ファイナルゲーム

1996年より講談社「ヤングマガジン」にて連載が開始された、大ヒットコミックス「カイジ」。映画シリーズ2作、『カイジ 人生逆転ゲーム』・『カイジ2 人生奪回ゲーム』は共に大ヒットを記録し、日本を代表する超人気シリーズとなった。色褪せぬ知名度と人気を誇る本シリーズが、実力派俳優陣を加え、オリジナルストーリー&シリーズ最終回として9年ぶりに帰って来た。

¥440

(3.4)

藤原竜也

8位

序の舞の評価・レビュー

3.3
観た人
236
観たい人
98
  • 3.9

    Knaさん2021/05/22 09:30

    あー上村松園さんを題材にした映画だったのね(と、見始めてから気がついた)

    父親がハッキリ分からず母子家庭ってのは知ってたけれど、これ松溪(モデルは多分鈴木松年)とそんなハッキリ関係があったって言う描写入れていいのか…と思ったらやっぱり当時も噂はあったのね…でも良いのか…

    子供を産んで絵を描きながら育てるところで話は終わりで、女流画家としての人生で一番ドラマチック?と言うか激動な部分を作品にしてるんだなぁと。
    でも「焔」の下図みたいなのを無理矢理20代の頃に描かせてるので「あぁ映画だな…」とちょっと思ってしまった。
    あの作品描いたの40代でしょ確か

    とツッコミたいところもあるけれど、明治の一般家庭の雰囲気や画塾の雰囲気、絵を描くシーンなんかは単純に見ていて楽しい。あと名取裕子さんの演技好き

    家庭持ちの男性の子を妊娠してしまい産むなんて話は別段珍しくないけれど、親子の壮絶なやりとりは凄く印象的だった。面白かった

  • 3.5

    torakkichiさん2021/04/19 08:13

    まず、ちきりやさんが三条室町にあって、母の実家が六角室町なのでめちゃめちゃご近所さんなのにびっくりしたところから始まり…。

    上村松園さんの生きざまはいつも男っぽいなあ、あっぱれ、さすが芸術家!と思っていたので大好きだけど、映画にしたらこうなるんですな。

    これを観ると、ほんとに鈴木松年さんがこんなこと言ったのかなとか竹内栖鳳さんはこんなことしたのかなとか想像が尽きなくて面白い。

    女性としてはドロドロの愛に生きて、でも作品の女性像は清らかで美しくて、うーん、芸術ってすごい。

    『焔』って六条御息所なんだけど、あんな状況で作品が生まれたかのように描いたのも面白かった。

    そしてラストで枕絵まで描いて得たお金で買った堕ろし薬をのんで、それでも助かった子が、あの松篁さんなのか…、この映画では。

    うーん、あんなに才能があって華やかに思える人にも底知れぬ苦労があるということですな。

  • 3.1

    じろじろさん2021/04/18 13:10

    宮尾登美子さん原作
    日本画家上村松園さんの半生からインスバイアされたフィクション

    女子が絵描きで生活するということ
    さまざまな壁と現実

    その時々の絵画が挟み込まれ、作者の心情を想像します。

    2021年いろいろな問題が持ち上がり、性別とは、ただ人間であることに皆が気づく

  • 2.0

    uneさん2021/04/17 11:13

    ご存じ上村松園をモデルとした本作。

    その生涯は概略であれば数多の美術史に記されているので大筋わかっている。
    大河ドラマのように、
    どうなるか道筋はわかっていても、映像で見てしまうと(脚色たっぷりにせよ)世の中の約半分を嫌いになる作品。

    あまりにざわついたので、
    その後「君の名前で僕を呼んで」を観てコンディションを保った。

    意欲作ではある、
    各俳優の美しい時を切り取ったという意味で2.0。
    それ以外は何も評価できない。

  • 3.5

    ダオさん2021/04/16 20:53

    シン・エヴァに骨抜きにされましてポォーっとしていますが、気持ち切り替えていかないとね。

    というわけで序の舞。1984年につくられた中島貞夫監督作品。日本画家の上村松園をモデルにした宮尾登美子の小説を原作にしたもの。明治の世、古い慣習を尊ぶ京都を舞台に未婚の母として強く生き抜いた女流画家の波乱の生涯は……。

    いま何気に世間を賑わしていますが、このお話もいわゆる枕営業の類となりますかね? こうなるわなぁってところゆえフィルマーさんの星もこのあたりなのかなと。

    だいたい人間ってのはどんなにいいカッコしていても下半身は別人格と思っておいて間違いはない。組織で上を狙うなら尚のこと。ソレ利用するくらいの気概がなきゃダメでしょう、まぁ受け口のブサイクなボスには要注意なわけだが……。

    この映画でも名取さん脱がされちゃったのかなぁとか思っちゃうわよねぇ。ってBSでも胸にボカシ入れなきゃダメですかね。

  • 3.1

    りょんさん2021/04/13 11:15

    モデルとなった女流画家には興味を持ったが
    映画としての出来はどうだろう。
    役者の方々は好演なだけに実に勿体ない。

    (スコア内訳)
    配役…………3
    物語…………3
    序盤…………4
    終盤…………3
    台詞…………3
    音楽…………3
    演出…………2
    リピート… 2
    オススメ… 3
    総評…………3

  • 2.5

    kotopさん2021/04/12 20:58

    せいさん26歳が実年齢と離れ過ぎてて継母かと思った
    しまさんの花嫁化粧が怖かった
    音質が悪いのもあって字幕が欲しかった

  • 3.6

    キムチさん2021/04/12 09:13

    上村松園をモデルとする映画ということに興味を持ってみる。これまで中島貞夫監督の映画は見た覚えがないが、名取裕子の体当り的演技も含めて割と好ましかった。

  • 3.5

    怒髪猫なんじゃったさん2021/04/10 18:11

    原作は宮尾登美子の同名小説の🎬化です。

    実在した女流画家である上村松園をモデルに描いた女の一生を描く物語です。


    明治の激動期に女手一つでふたりの娘を育てた島村勢依・・次女津也は異常な程に絵画に執着して育った。
    そしてやがて女流画家として一世を風靡する程になっていく。


    この映画は次女津也(上村松園)の物語なんだがその母親の勢依の女の一生を描いた映画である・・岡田茉莉子が演じる母親の映画であった。


    主役は女流画家役の名取裕子であるのだがもうひとつ物足りなさを感じさせた映画でもあった。

  • 3.3

    うるゆんさん2021/04/10 13:26

    反対されても子を産んでも絵を描く事にしがみつく主人公を演じる名取裕子さん、肝の据わった女優さんなのだなと思った。三田佳子さんも控えめながらも美しくて妖しい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

「序の舞」:評価・レビュー

レビューを投稿してください。
平均評価:

(5点満点中 点 / レビュー数 件 )

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。



    Rakuten TV ガイド

    Rakuten TVアプリ

    公式SNS・ソーシャルメディアのご紹介

    RakutenTVをフォローしよう
    表示モード:
    スマートフォン
    PC