お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

修羅の群れ

G

昭和8年、激動の時代の中で任侠に生きた男たちのドラマ! 主演は松方弘樹、元プロ野球選手の張本勲と小林繁も特別出演。

昭和8年の冬、加東伝三郎親分に見込まれた稲原龍二(松方弘樹)は、賭博の世界に足を踏み入れる。兄貴分の横山新二郎から任侠のイロハを教わった龍二は、すさまじい勢いで頭角を表わし、稲原組は巨大な一家を構成するまでに。しかしそれは、戻ることのできない修羅の道の始まりでもあったのだ…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ヒューマン邦画ランキング

修羅の群れの評価・レビュー

3.4
観た人
232
観たい人
109
  • 2.8

    かちゃぴんさん2021/09/26 07:47

    辻裕之監督って記録していたものを再生したら山下耕作監督のオープニングクレジット。そのまま観賞。
    次から次と濃いキャラ登場して楽しかったけど中身はそれほど熱くはならず、、

  • 3.0

    buccimaneさん2021/09/25 14:39

    任侠映画のリバイバル的内容だけどこれが最後から2番目の出演作のよう鶴田さんもお顔のシワシワが気になる。
    今更松方さんを立てる文太さんに懐の深さ感じたけどなんか文太さんだけ文太さんだけ80sぽい服装してて特に敵の事務所に乗り込んだときにまあ座りんさいと足組んだ時の白スリッポンが特にオシャレだった。
    ポン中の北島さんが撃つマシンガンには味方も被弾しそうで心配。

  • 3.2

    mitakosamaさん2021/09/23 22:52

    東映の実録ヤクザ映画の中でもかなり後の作品。稲川会の稲川会長をモデルにした話なんだそうな。

    60年代に全盛期だった任侠映画。
    70年代仁義なき戦いでヤクザの美化を辞めバイオレンスに特化したのに、10年経った84年に60年代任侠のノリに戻した。
    20年時代に逆光したんだもの。そりゃ時代錯誤ってものでしょ。

    そんな時代に即してないのに、さらに60年代オールスターでなまじ出演者が豪華。
    主演の稲原(稲川)に松方弘樹。稲原の良い兄貴分に鶴田浩二。稲原の若い衆になった愚連隊上がりの義兄弟に菅原文太と北島三郎。(サブちゃんの役ははモロッコの辰ってヤク中だぜ)更に後半に舎弟になる男に北大路欣也。
    他にも丹波哲郎や若山富三郎と豪華共演。

    昭和初期に柔道場で丹波哲郎にヤクザにスカウトされる稲原。その後鶴田浩二演じる兄貴に付き頭角を表す。
    湯河原で文太演じる愚連隊が若い衆になり、強引な手段で組織をドンドン大きくするが、鶴田浩二の兄貴が仁義云々で快く思わない。稲原は仁義を通して部下にも厳しく対応する。

    反社をこんなに美化するなんて、単純にやっぱりおかしいもんな。
    しかし賭場での客のやり取りにヒトコト言うシーン。「朝鮮人がどうのこうのは関係無い」云々ってタンカを切るのだが、めっちゃイキってその場にいた蜘蛛をムシャムシャ食う。この映画で一番面白かったよ。

    今作のノリを格好良いかどうかは人によるんだろうが、僕にはどう見ても古臭いとしか思えない。80年代中期とは思えん。
    事実、ヤクザ映画はビデオシリーズに縮小されるんだもん。

  • 2.4

    ゆりさん2021/09/23 12:28

    エロ 0 グロ 0で出演者だけは一流でした。つまらくもないがおもしろくもない。時間がある時に見るといいかも。。

  • 2.0

    森田和敬さん2021/09/23 10:23

    決して悪くはないんだけど
    <任侠物>ってジャンルの良いところを繋いだだけみたいな出来だった

    キャストの存在感で何とか繋ぎ止めてた
    脇に回っているとはいえ
    菅原文太と鶴田浩二の存在感が凄まじい
    松方弘樹も正面からブチ当たっているけど
    敵じゃなかった

    山下耕作ってヘンな所で芸術を出すから嫌い
    しかも
    はだかの王様みたいに自分だけ悦に入ってる
    天皇とか言われてる監督にロクなのは居ないね

  • 4.0

    筑前助広さん2021/09/23 00:31

    ――ヤクザファンタジーは、これがいいんです!これでいいんです!――

    古き良き、ノーストレスのヤクザ映画。主人公のモデルは伝説的な大親分。故に徹頭徹尾、仁義あるヤクザとして描かれている。最近のヤクザ映画は仁義など糞くらえ的だが、これは主人公の気風がよいので、楽しんで視聴できる。ヤクザファンタジーとも取れるが、これがいいのよ。鶴田浩二が最高さ♪

  • 3.0

    渡辺智子さん2021/09/22 06:21

    先日見た座頭市物語でおれたちゃ御法度の裏街道を行く渡世なんだぞ、いわば天下の嫌われ者だ、みたいなセリフがあったけど、そういう視点のあるやくざ映画は面白いんだけど、ここ迄実在の組長を美化したような映画はなぁ😅と思ってしまう、キャストは豪華で見せ場たっぷりなんだけど。その筋の人やヤクザファンタジーが好きな人向け。鶴田浩二の貫禄だけで0.5点加算w

  • 3.0

    sobayuさん2021/09/21 22:59

    他にも実録もののヤクザ映画はたくさんあるけど、ここまで美化甚だしく感じるのは憎まれ役がいないからかな。和製ナルココリードなんでしょうね。

    私でも分かる豪華キャストで飽きなかった。モロッコの辰が「モロッコ」って呼ばれてるの面白かった。そっちなんだと思って。サブちゃんの愛嬌とスター性を見た。

  • 3.0

    Nireさん2021/09/21 22:27

    ▼9/20/21鑑賞
    【Hulu】
    https://twitter.com/LionGAOH/status/1439673322401189888

  • 3.5

    ピッコロさん2021/09/20 15:22

    神奈川水滸伝

    今週は、松方さん。
    兄貴、オラにも盃くだせぇ!
    兄貴の男気に惚れやした!!!

    "修羅の群れ"って、タイトル通り、"修羅"ばっか出てくる映画。
    松方の兄貴、菅原の兄貴、北大路の兄貴、丹波のおやじ、若山のおじき、鶴田の親分、さぶちゃん♪
    また、"スターにしきの"発見できんかった!笑

    それぞれ主役級の役者さん勢ぞろいで、しかも濃い面子が揃ってるんで、まぁお腹いっぱい!
    ちょっとだけ胃もたれするけど…。笑

    松方さんは学生時代~親分になるまで、長い年月を描く作品なんだけど、40代の松方さんに学生時代の松方さんは無理あるでしょ?って。
    ずいぶん老けた学生さんだなぁ~って。
    そこから時代は、戦争に突入、広島、長崎…。
    そして戦後と時代が移り変わっていく…。

    その間、松方さんにメロンメロンしちゃった酒井和歌子さんと結婚し、子供も出来て、幸せな家庭が出来て、めでたしめでたし…。なんてなるわけもなく、そこから松方さんの日本統一が始まるって感じ。

    ビックリしたシーン
    ①蜘蛛を食べた松方さん
    蜘蛛をパクリと食べる松方さん。
    たぶんカッコいいシーンなんだろうけど、カッコいいかなぁ?笑

    ②サブちゃん登場!
    今作の主題歌"神奈川水滸伝"も担当してるサブちゃん。
    今作では松方さんと盃をかわす"モロッコのテツ"としても登場する!
    役者サブちゃん初めてみたけど、カッコ…。よくはないけど味はあった!
    んで、サブちゃん、サブマシンガン使って戦ってたけどズルくね?
    この時代のヤクザさんは、みんな日本刀なのに、一人だけサブマシンガン!セコくね?

    ③切れ者、菅原の兄貴!
    今作のもう一人の主人公ともいえる菅原の兄貴!
    こちらも松方さんと盃をかわすんだけど…。
    切れ者の役なんで、次から次へと傘下を増やしていき組織を拡大していく…。しかし、手に負えなくなっていき…。


    こうやって"修羅の群れ"は、どんどん拡大していき、日本統一へと近づいていくのだなぁ~と大変勉強になりやした!オッス!!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました