お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リンダリンダリンダ

G

ペ・ドゥナ、香椎由宇競演の青春バンド・ムービー! 3日後の本番に挑む即席ガールズ・バンドの奮闘を描く。

高校生活最後の文化祭に向け、オリジナル曲を作ってバンド練習を重ねてきたキーボードの恵、ドラムの響子、ベースの望。しかし本番まであと3日という時にギターの萠が指を骨折。このピンチにブチ切れたボーカルの凛子まで抜け、バンドが空中分解してしまう。困り果てた3人は、半ばヤケクソ気味にブルーハーツのコピーをすることを思いつく。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

リンダリンダリンダの評価・レビュー

3.6
観た人
18396
観たい人
6020
  • 3.6

    のすさん2021/06/13 21:01

    ジョダギリオーの嫁が綺麗すぎるこんな女子高生いてたまるか

    学園祭でバンド‼ブルーハツやんべ‼️️寝る前にする妄想みたいなコテコテの内容。浅黒い肌が見ていて気持ちいい。
    なんだかんだ良いシーンも幾つかあったのでコテコテも悪くないよ🎶🎶🎶
    「僕の右手」はちゃんと聴きたかったな🎶🎶

  • 3.7

    しろはねスタイルさん2021/06/11 09:25

    ボーカルがいない女子高生バンドが、偶然通りがかった韓国人留学生を入れてブルーハーツのリンダリンダを歌うという青春映画です。さながらミクスチャー。ミクスチャーもリンダリンダやったし。ブルーハーツを知らなかった松浦は韓国人留学生と完全に同じです。

  • 3.5

    masahitotenmaさん2021/06/11 05:35

    文化祭の直前にメンバーが抜け、バンド崩壊の危機に陥った女子高生3人が、韓国人留学生をボーカルに迎え、4人でTHE BLUE HEARTSのコピー演奏に励む青春映画。
    監督は山下敦弘で、女子高生たちの微妙な心の揺れや高揚を繊細に描き出し、爽やかな作品に仕上げている。
    韓国の女優ペ・ドゥナの起用が成功。この作品でも個性を発揮している。

    文化祭を数日後に控え、ギターの萌(湯川潮音)が指を骨折、ボーカルで設立に携わった凛子(三村恭代)もバンドを離れてしまう。
    途方に暮れた恵(香椎由宇)、響子(前田亜季)、望(関根史織)の3人は、たまたま目の前を通った韓国からの留学生ソン(ペ・ドゥナ)をボーカルに引き入れ、自作曲を諦めてTHE BLUE HEARTSのカバー演奏を目指す。
    文化祭ライブ当日まであと3日。
    4人の練習が始まる………。

    ラストの演奏曲は、当然「リンダ リンダ リンダ」だが、主題歌は「終わらない歌」
    湯川潮音がつなぎで歌うイギリス民謡「The Water is Wide」は美しい曲。

    「嫌いじゃないけど、好きじぁない」
    「どうだった?
    言えなかった」

  • 4.1

    ふみぃぃeeeeeさん2021/06/09 21:51


     今泉力哉監督が影響を受けている作品らしく、気になって鑑賞。等身大の青春を切り取っているのと、終盤のエモさ加減が大好き。

     
     バンドを組んでの国際交流。4人の間で気を遣わない関係性が良い。
     あくまでバンド活動も恋愛も高校生活の一部とする姿勢で、そのバランス感覚がすごく的確だと思った。

     
     会話劇での笑い所が多い点で、今泉監督が影響を受けたというのも納得。
     雨の使い方がとても素晴らしくて、エモさと集客を両方叶える1番の演出じゃんと感心してしまった。


     山下敦弘監督の他作品も観てみたくなった!!


    [2021年 106本目]

  • 3.0

    きくひめさん2021/06/08 21:48

    青春だわ〜
    文化祭でのバンドステージに向け練習、そして恋があり…授業はなかったけど😅
    ちょびっと小出恵介と松山ケンイチが!若いわ〜
    香椎由宇と前田亜季もちゃんと演奏してる…よね⁇
    なんだかみんな初々しくて、映画じゃなくて学園生活を見せられた感じで、とても自然だった。
    甲本兄弟の共演でもあったのね🤭
    もっとブルーハーツの歌聴けるかと思ったら、ちょっと物足りなかった…
    リンダリンダリンダなのに、主題歌は"終わらない歌”なんだ。ブルーハーツのライブ行った時"リンダリンダ''歌ってくれなくて、会場のみんなで大合唱したこと思い出したわ。
    #20210608@270

  • 3.7

    mumbleboyさん2021/06/06 16:32

    最近SNS等でThe Linda Lindasというバンドが話題で僕も大好きになったのですが、なんとなく彼女達のバンド名の由来の1つのこの映画を観直したくなりました。

    最初に観たのが数年前と比較的最近だったのですが、もう大分忘れてて割と新鮮な目で見れました。多分この映画でペ・ドゥナを初めて見てそこから「ほえる犬は噛まない」とか「私の少女」とかを観たんだと思います。今作の内容については他で沢山書かれているし、そこまで深い話ではないのであまり書きませんが、やはりこうドキュメンタリー風に主人公達の3日間くらいをずっと映してるだけで最高ですね。自分もバンドとかやってみたかったけどちゃんとできなくてこういう感じの学校生活は送れなかったので憧れてしまいます。全編いいけど特に最後のライブの多幸感がすごいですよね。ただブルーハーツのカバーをやってるだけなのになんでこんなにアガるんだか不思議です。

    観終わって余韻が残る中、あのライブと似た感じをと思って「涼宮ハルヒの憂鬱」の26話のライブシーンを観直してみました。これは今作の1年後に作られてるけど、はっきりとわかるオマージュでしたね。曲風は全然違うけどステージとか観客の感じとか、何より涼宮ハルヒが使ってるギターが今作で香椎由宇が弾いてるItalia GuitarsのMondial Classicでした。それから更に今作とは関係ないけど「けいおん!」のライブシーンまで観てしまいました。女子がバンドやるっていうだけでめっちゃ見てて楽しいです。(両方ともU-NEXTで見れました)

    The Linda Lindasの映像はYouTubeにいくつも上がってるので是非見てみてください。この子達、本当に若い(10才から16才)けど全然ばりばりパンクやってます。すごくお勧めします。

  • 4.0

    Sさん2021/06/05 08:49

    ペドゥナを見るために!

    ザ・ブルーハーツなんて、って思ってたけどやっぱりビリビリ来るな…。

    先生のキャスティングはそういうことか 笑
    あと凛子が山村和也⚽️の奥さんなのもびっくり。

    Base Ball Bearのファンの子が2016年ごろ、高校の友達でいたけどまさかこの頃から活動してたのは知らなかった。

  • 4.2

    ジョンさん2021/06/01 15:26

    文化祭でブルーハーツのコピーをやることになった軽音部JKたちのお話。

    いいなぁー。高校時代にやり残したことなんて山ほどあるけど、一番の心残りはバンドを組んで演奏しなかったこと。だから憧れるなぁ。2000年代前半の時代感もちょっと憧れあるし。
    ブルーハーツの魅力は言わずもがな。エンドロールで本家はセコいって...。

    特に大きな事件はなく話が進むけど、台詞の少ない落ち着いた雰囲気がとても心地よい。女に生まれ変わったら自分もあの四人の中に入りたい!絶対仲良くなれる!

    キャストが最高。ペ・ドゥナが超可愛い。香椎由宇は大好き。松山ケンイチとか小出恵介もちょい役で出てる。ヒロトの弟の甲本雅裕も出てる!

    途中ラモーンズが出てきて、距離も遠いし偽物やと思ってたら、エンドロールで「ラモーンズさん」の文字があった気が...。あれ、本物なん?どっち!?

  • 3.0

    RikiTamanoさん2021/06/01 00:15

    忘れかけていた青春が包まれて送られてきたって感じの映画。

    紆余曲折あって、新たにメンバーを迎えたガールズバンド。迎えた留学生ヴォーカルは歌はもちろん日本語すらおぼつかない。
    そんな彼女が歌うのは、THE BLUE HEARTSの名曲達。
    中々息が合わないのだけど、毎日のように夜も明かすほどの練習を重ねて
    やっと形になる。

    練習しすぎてヘトヘトになって
    本番は寝過ごしてしまうし
    雨に降られてしまうけど、
    それでも本番は支えてくれた周りがなんとかオーディエンスを温めて、最高の舞台に上がることが出来た。

    バントなんてやってなかったけど
    なんか既視感のあるシチュエーションで
    これぞまさにエモーショナルな作品だった。
    ラストの終わらない歌はもう鳥肌。
    余韻に浸ってブルーハーツを聴いています。

  • 4.5

    こえださん2021/05/31 09:26

    宝物のような映画に出会ってしまった。
    青春がぎゅっとつまった作品。

    音楽が好きだからか、音楽経験があるからか、バンドものには弱い。

    全てが愛おしくて、尊くて抱きしめたくなるような、そんな映画でした。
    ソンさんの歌声や発音が、もうなんとも言えなく尊い。
    彼女たちの演奏するブルーハーツはただただ真っ直ぐで純粋で、、素敵すぎた。

    青春を音楽に捧げている、もしくは捧げた全ての人に見てほしい。
    余韻がすごくて、ずっとブルーハーツ聴いてる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す