お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青春H 半分処女とゼロ男

G

相手のセックス経験の数が見える奇妙な才能を授かった男の童貞喪失劇を描く異色ラブ・コメディー!

警察官の桜木健一郎は自身の股間にぶら下がっているものをシゴくことで、自分も含めた人間の額に浮かぶ数字が見えるようになる。ある日、彼女と初めてエッチしたと話す後藤の額の数字が4になっていたことで、童貞の健一郎はセックス経験の数だと確信する。かねてから処女とヤルことを目標としていた健一郎が最近気になる陽子という女性の額には、0.5という中途半端な数字が浮かぶ。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

青春H 半分処女とゼロ男の評価・レビュー

3.2
観た人
26
観たい人
57
  • 3.0

    くるーぞーさん2020/08/01 16:39

    チ○コをこすると人の額に数字が現れるという能力を
    持った男の話。
    数字の数がセックスの経験人数だと思った主人公ですが
    じつは・・・!!
    途中まではコメディでだんだんサスペンスになり
    クライマックスはホラーという確かに想像できない
    展開だけど尺が長すぎだと思う。追跡シーンとか
    あんな長くする必要ないし。
    でオチも意味不明でどうせ続編なんてないのだから
    スパッと終わらせて欲しかったな。
    だから佐藤佐吉は少女ホラーやってればいいんです!w
    それとしじみさんはあいかわらずカワイイのですが
    女子高生という設定はありえないでしょうよw

  • 3.5

    buccimaneさん2018/10/05 00:50

    なんといっても制服を着っぱなしなのがアナーキーで良かったし着たままシゴき倒すのとか痛快だった。
    絶対やった数だと信じて疑わないからしてやられるけど後から考えると記憶喪失にすることないと思うしデリヘルのサービス内容だったりだいぶ遠回りしたな。
    60〜70分の尺だったらよかったのに。
    やっと結ばれた絡みのしっとり感はさすがしじみさんだな。

  • 3.0

    ヒルコさん2018/09/17 17:12

    あっ面白い!「終わってる」に続いて、二作目の青春H鑑賞ですが、これも面白かった。始まり方やら終わり方やらどう言うことか全くわからないけど、個人的にそれは特に気にならなかったです。コミカルな主人公も、脇の山本浩司もしじみも良かった。軽い気持ちで楽しめる娯楽映画でした。

  • 3.7

    てつへいさん2017/01/21 21:35

    青春Hセカンドシーズンの第6作。殺し屋イチの監督です。
    突然記憶喪失になって不思議な能力を身に着けた主人公、特定の条件下で人の額に数字が見えます。

    予想外でした。いやー、おもろいな。長いけど。
    まぁ下ネタ感満載のコメディなんですが、今までの青春Hシリーズよりかはエロティックさはありません。しじみファンにはお勧め。

    実はこの監督の自伝にも近いストーリーで、若いころは「0」か「0以外か」がかぎ分けられたそうです。大人になったらわからなくなったそうですが。

  • 3.8

    ユウタさん2016/10/11 01:58

    #愛#セックス#死#笑い
    エンターテインメントが凝縮されてるって思える作品!
    1つの事象でも表現の仕方を変えると全然違うものに見えるそういう面白さが見れる!

    こういう低予算の映画っていろんな物が無い中でなんとか作ろうとしてるから昔の日本映画みたいな1人1人1つ1つの面白さが感じられて良い

    「あなたはこの話し笑いに変えられますか?」

  • 3.9

    夜空のパンケーキさん2016/04/02 19:08

    記憶をなくした警察官が額に現れる数字が見え始める。
    それは経験人数だと結論を出し処女を探すのだが実はある意味を持つ数字だとわかり始め…。
    『キル・ビル』や『嫌われ松子の一生』で俳優として出ている佐藤佐吉監督作。

    馬鹿げているようで実は凄くよく練られた脚本と重いテーマを描いた秀作。
    笑えるところも結構あって楽しい映画でした!
    ただ、ラストはちょっぴり意味不明…本当は深い意味があるのかも知れませんが、難解でした。

  • 2.7

    ちゃんこなべさん2016/02/04 13:49

    「俺は誰なんだ?」
    警察官の桜木はある日、自分のことに関する記憶がなくなってしまう。それと同時に人のおでこに数字が見えるようになり…

    先日ラブドワンズを見て絶命しそうになりながら2秒でDVD差し替えたのがこちらの半分処女とゼロ男。こんな時助けてくれるのはやっぱり青春Hです。

    今回、記憶をなくした桜木くんが何とか頑張って自分の情報を集めるわけですが、「桜木さん、前に処女とエッチすることが使命なんだ…とか言ってましたよねw」という友人の言葉を受け"処女とエッチすれば何かが分かる…!"と直感します。
    それからはひたすらに桜木くんの大奮闘を見守るわけですがコレがなかなか面白い。こんな展開でありながら全く恋愛映画ではないんだよなあ。

    物語の展開や発想などはよく出来てると思うけど、それゆえに投げっぱなしのラストが気になる…

    劇中、「半分処女ってどういう状態なんだ?」って議論になり、色んな憶測が飛び交うシーンでふと思い出したのは、3年間彼女が居ながら童貞だったために「前戯王」ってあだ名がついた後輩。彼は元気だろうか…いまだに王様なのだろうか…

  • 3.9

    片腕ファルコンさん2015/09/24 23:28

    ナニコレー!!何か物凄い映画!!全く次の展開が予想できない…!!

    多くは語りませんが…
    突然、人の額に数字が見えるようになった警官。しかも股間をこするとその数字が見える…。同僚は[3] 近所の外国人は[55] 自分は…[0]

    この数字は意味するのはいったい…!?
    ここまでにしておきます。

    普通の映画に飽きてる方は必見!!

    [青春H]というシリーズなのですが、エロ要素はほとんどないので誰でもご覧いただけます!(笑)

    普段、家で独り言言いませんけど
    途中から「すごい…」を連呼してました。。

    佐藤佐吉キライだったけど、一気に見直しました。

    ※あれ?これもレビュー少ないのは分かるけど評価低いですね。。何でだろ。。

    2011年公開なんですね、固定されたランキングが更新された。。

    ◆2011年マイベスト8位◆

  • 3.5

    かおりちゃんさん2015/08/06 08:09

    おもしろかったけど、これは一体どういうことだってばよ!
    深く考えずとりあえず笑おうと思ってたら急にシリアスぶっこんでくるし、最後まで謎が残るし。
    でも声出して笑える秀逸なセリフやシーンがいっぱいあった。
    特に、主人公が警官の制服のポケットから手を入れてちんこさすりながら真面目な顔でいろんな人に話しかけてるところとか、そんなことしてるくせに勃起を恥じらいおさめようとするところとか笑ったな。
    持田茜の体を舐めたあとの「君は全体的に甘いんだね!」っていうセリフも良かった。
    間延びしてるかんじはあったものの、もともと短い作品だったのでそんなに気にならなかった。
    この監督の脚本好きだな。殺し屋1もこの人ってなんか意外だが。
    山本浩司は安定して素敵だった〜
    しかしラストがまじ意味不明!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す