お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ドブネズミのバラード

G

アウトロー界のカリスマ・瓜田純士の自叙伝を、松田悟志主演で実写化したバイオレンス・アクション。

歌舞伎町で生まれ、物心がついた4歳ごろには、金属バットを振り回していた瓜田純士。ガキの頃から狂気に満ち、脆く、格好つけていた彼は、本能のおもむくままに無軌道な思春期を過ごす。そして純士は「やるならとことんがいい。もう、殺しでもなんでもやる!」と息巻き、親友・ディウンと共に裏切り渦巻く極道の世界へと足を踏み入れていく。

詳細情報

関連情報
原作 瓜田純士
音声言語
日本語
制作年
2010
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

ドブネズミのバラードの評価・レビュー

2
観た人
33
観たい人
14
  • 2.3

    TRBさん2020/02/01 15:11

    映画というより再現Vのような感じ

    元アウトローのカリスマ
    瓜田純士の自伝小説の映像化

    朗読劇かな
    セリフを蕩々と読み聞かせ、イメージ画のように映像が付いていくような感じ

    暴力描写では、接写とモーションが多用されているので、記憶の残像といった感じなのかな
    どちらにせよ観にくい

    面白いとも面白くないとも言い難い

    そこまで文学性が高いわけではないけど、印象としては暴力性の高い太宰治

    タイトル通り、何がしたいのか分からずもがいて泥だらけなドブネズミのよう

    ジ・アウトサイダーのイメージが強い
    決して強い訳ではないが、何か目を引くものがある
    カリスマか?

    面白くないと切り捨てるには引っかかった作品。

    少なくとも、この人が書いた本を読んでみたい思った

  • 2.7

    KUMAGOさん2018/09/23 00:40

    瓜田純士氏の話。本を見ていないとわかりずらい部分はある、残虐性はあるけれどVシネでもなくリアルな新宿での裏社会のストーリーでおもしろかった。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す