お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バットマン フォーエヴァー

G
  • 字幕

最強最悪の敵役に超個性派俳優が登場! 最強の相棒・ロビンとともにバットマンの死闘が始まる!

ゴッサム・シティーに新たな強敵が出現した。虚飾と邪悪、ふたつの顔を持つトゥーフェイス。そして、恐るべき洗脳マシンを発明した謎の怪人・リドラーだ。共通の敵バットマンを葬るべく同盟を組んだ彼らは、街を破壊し、バットマンをおびき寄せる。そのとき最強のパートナー・ロビンが登場した。

詳細情報

原題
BATMAN FOREVER
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1995
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

バットマン フォーエヴァーの評価・レビュー

3.3
観た人
7626
観たい人
1469
  • 2.8

    ttttさん2021/06/19 20:57

    スーツに乳首がついている…(途中で消えたけど)おしりアップのカットっているんかしら。
    キャラ多いとごちゃつくわな。豪華なんだけど。ゴッサムがなんか明るいし…。
    若かりしニコールキッドマンが良かったです

  • −−

    seuyuさん2021/06/11 21:14

    ・すべてはジム・キャリーなんだわ。ジム・キャリーがすごすぎて、なんかもう、すごい(語彙力)
    ・いやほんとに、このリドラーすごすぎて、なんだ?ひええ……
    ・とか言いながらトミー・リー・ジョーンズのトゥーフェイスもすごいよねぇ。
    ・ヒロインにニオール・キッドマンだもん…そりゃ美しいよ…
    ・俳優陣もキャラクターも豪華すぎてなんのお祭りなのか…だいぶポップだしね、お祭り回でも構わないよ……
    ・ぶ、ブルース、君はそれでいいのかい?
    ・アルフ大好き。
    ・バットマン作品の中では幸せな方のバットマンだと思うの
    ・クリス・オドネルはイケメンなので正しくディックなのであった…
    ・てかロビン出るとちょっとテンション上がるよね

  • 3.0

    tsumumikiさん2021/06/10 18:55

    出演者は豪華なオールスターバージョン。せっかくロビンが登場したのにお祭り騒ぎをしているような内容だった。

  • 3.5

    masatoさん2021/06/06 12:48

    バットマンがヴァル・キルマーに代わり、イケメンヒーロー感がアップ
    監督もティム・バートンじゃなくなり、娯楽性がアップしてダーク感が無くなったけど、

    どうしても主役のはずのバットマンよりも他が目立っちゃうのねぇ〜。

    相棒のロビンも増えたし、ヒール役も2人いるし。オマケにヒロインまで。豪華だけど主役に同情する。😏

  • 4.3

    カッパミューさん2021/05/23 12:22

    これまでのバットマン作品と違い、色鮮やかになった印象。

    キャスト陣も色濃い。
    ヒールがトミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、ドリュー・バリモアて・・・

    頭が狂った天才クイズ王“リドラー”&顔の半分がケロイド化した元検事“トゥー・フェイス”。
    今回も悪役が強し!能力じゃないよ。キャラクター性、演技力ね!

    サブタイトルが何故“フォーエヴァー”なのかが気になる。
    スタッフ、キャストを一新したことが関係しているのか、
    ティム・バートンは完全に製作側へ。バートン色がかなり薄くなって仕上がっていた。

    マニアックさは消えたけど、メチャクチャな悪役と戦うバットマンはやっぱり面白い!

    テーマ曲も素晴らしい!!!
    少年時代に頭の中をずっと流れていたカッコイイサントラ。

  • 3.2

    ひでやんさん2021/05/20 21:46

    監督、キャストを一新して描くバットマンシリーズ第3弾。

    冒頭からトゥーフェイスとのスリリングな戦いがあり、金庫の脱出から自由の女神への衝突という派手なアクションが炸裂。

    前2作のダークな要素は薄れ、娯楽性が増した今作は、リドラー&トゥーフェイスという最狂コンビに対し、バットマンとロビンがタッグを組む。両者の激しい攻防戦や、相棒となるロビンの誕生秘話などを豪華キャストで贈る。

    バットマンのイメージがようやく定着したところで主役が交代するのはキツイ。ヴァル・キルマーに慣れるまで少し時間がかかった。

    とにかく敵キャラが濃すぎる。ジム・キャリーの顔芸、ヘンテコ衣装、コミカルな動きが強烈で、トミー・リー・ジョーンズを食う怪演だった。コミック要素が強い敵キャラは、気を抜くと幼稚なコスプレごっこに見えちゃうので、そうならないように意識を集中した。

    アクションは派手だが少々見づらい。アングルを変えたアップや引きのカット割りが多い分、迫力がいまひとつだった。カメラワークやカット割りはティム・バートンの方が好みかな。

    元曲芸師のロビンはアクロバットがバトルで活かされず、見せ場が少なかったのが残念。トゥーフェイスの誕生秘話は30数程という雑さで、ラストはあまりにも間抜けだった。

  • 3.7

    せっちさん2021/05/15 20:38

    本作も魅力的なキャラたくさんで面白かった。監督交代によりダーク感は少し減ったものの、その分コメディ要素というかエンターテイメント要素多めだった。トゥーフェイスもリドラーも振り切ってて過去作に負けない華やかさ。やっぱバットマンは悪役ありきだなと思わせてくれた。ロビンの活躍も孤独に戦うバットマン初の相棒ということで気持ちの部分の変化も見れて楽しめた。

  • 3.5

    無印キャットさん2021/05/14 01:35

    トゥーフェイスの倒し方がね…、SWの
    パルパティーンの死に方に似てましたね。
    ジムキャリーが演じるバットマンに頭脳戦を
    挑むリドラーは良いキャラしてましたね。途中
    オカマ口調になるのが気になりましたが。
    今回のバットマンでキャスト一新という事で
    不安がいっぱいでしたが、案の定不安的中。
    ティムバートン監督の世界観を受け継ぐ事は
    出来なかったみたいですね。

  • 3.7

    アカリさん2021/05/12 11:48

    バットマンがマイケル・キートンからヴァル・キルマーに変わった1弾目...ていうかヴァル・キルマーはこれっきりなのか。
    バットマンの相棒、ロビンが誕生する回でもある。でも純粋に相棒と言えるまでが長いから最後は「おお〜」ってなる。次回はバットマンとロビンの話らしいからかなり興味深い。でもバットマンがヴァル・キルマーじゃないのが悲しいけどジョージ・クルーニーも気になる。

    そして今回の悪役が2人いてしかもトミー・リー・ジョーンズとジム・キャリーという豪華さ。今回はジム・キャリーのあのノリに着いて行きましょう。それくらいにキャラが濃い。
    やっぱり90年代まっただ中だから全体的にポップで、最先端の技術を活かして同時の観客にウケそうな内容でした。

  • 2.5

    8787さん2021/05/05 21:20

    内容は別に普通なんだけど、トミー・リー・ジョーンズとジム・キャリーのイカれたキャラが兎に角楽しい。

    何気にドリュー・バリモアも出てたのな。

    2021-201

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す