お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

【第6作】ハリー・ポッターと謎のプリンス

G
  • 吹替
  • 字幕

ついにヴォルデモートとの戦いに向け動き出すハリー。かつてない危機がホグワーツに訪れる!?

復活したヴォルデモートの脅威は人間界にも広がり始めていた。そんな中、ヴォルデモートとの最終決戦が近いことを予感するダンブルドア校長は、ハリーとともにヴォルデモートの守りをとく手がかりを探り、かつて学生時代のトム・リドル(ヴォルデモート)を教えたこともあるホラスを魔法薬学教授としてホグワーツに迎える。

お得なパック(1)

詳細情報

原題
HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
関連情報
原作:J・K・ローリング
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2008
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
275
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
販売終了2021-01-31
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ファンタジー洋画ランキング

【第6作】ハリー・ポッターと謎のプリンスの評価・レビュー

3.9
観た人
134785
観たい人
7784
  • 3.7

    もなさん2022/01/19 12:05

    ・ロンがクィディッチで活躍し大モテ
    ・ヴォルデモート孤児院時代
    ・薬草学の授業で"謎のプリンス"の教科書ゲット→授業チート
    ・ダンブルドアの水飲ませシーン
    ・ドラコがダンブルドアを殺そうとするところが佳境。ファザコンすぎて自分の中での正義との乖離が大きくて切ない。

  • 3.5

    青山さん2022/01/19 11:16


    こっから一気に面白くなくなります(個人の感想です)。
    とにかく話についていけなくなってしまいます。ここまでシリーズ順番にちゃんと観てきたはずなのに、なぜか毎回この話から振り落とされてしまいます。
    謎のプリンスさまの本とか、いろんな薬とか、最後に出てくる「箱」とかの新しいアイテム。薬の先生とかいろんな女子生徒とかのよく分かんない新キャラが目白押しなわりに、それぞれにあんまり意味はなさそう(原作読んでたら分かるのかもしれませんが)で、映画だけ観てて話を全部把握できる人いないんじゃないか説が浮上します。

    本作単体でのストーリーはあってないようなものといいますか、これまでにも続いてきた打倒ヴォルデモートへの道や、それぞれの恋愛模様などが引き続きお届けされるだけ。終盤でようやく進展や驚きの展開があるのですが、それだけ。
    「謎のプリンス」の正体とは......?というミステリー展開になるかと思えばそこはあんまり伏線とかもなくサラッと明かされるし、そもそも半純血のプリンスという概念が何なのかよく分からなかったです。

    ......なんて言いつつ、シリーズ通して観てきた身としては、ハリーとロンとハーマイオニーの恋愛模様が見られるだけでも「大きくなったねぇ......」と微笑ましくもイライラしてしまいます💕
    とにかくこの辺からロンのウザさがMAXになって、思えば操られたりとかが多いから可哀想ではあるんだけどなんか一気にロンのこと嫌いになっていきます。ロンに対するみんなの塩対応が面白すぎる。ハリーは父親の血を継いでるのか意外とSっぽいっすよね。嫌がるダンブルドアに無理やり......のシーンとか、絶対楽しんでるやん!と思ってしまいました......。
    あとハーマイオニー可愛いしルーナちゃそもめちゃくちゃ可愛いのでポッターがルーナのこと都合のいい女と思ってそうなとこちょっとキレた。

  • 4.8

    アル華さん2022/01/19 00:44

    title: HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
    2009・PG・2h 33min
    🍅84%🍿78%
    ⚫︎Review - - - - - - - - - - - - - - - - - ☞

  • 3.9

    Sさん2022/01/18 23:41

    テレビ以外でちゃんと見たの初めてかもしれん。結末知ってるからこそスネイプの言動とかにはひ〜!ってなる。クソおもろい

  • 3.7

    いそべ焼きさん2022/01/18 19:49

    ハリポタ全作見直しウィーク

    全体的にシリアスすぎてあんまり好きじゃない。。めちゃくちゃ重要回だけどね!あんなに可愛かったマルフォイが辛い顔ばっかりしてるし、スネイプ先生ずっと悪者に見える。あとこれは毎回だけどロンがかわいい。ダンブルドアって凄い人だけど良い人ではないよな。

    セクタムセンプラ!

  • 2.9

    Yujiさん2022/01/18 10:12

    ハリーポッター20周年にしてこのシリーズにハマりました。

    シリーズをいちから見直してやっと
    全く観ていなかった謎のプリンスまで追いついた…!

    この後の展開を一応把握はしているから
    置いてかれずに見れたし、何が起きているかもわかった。

    魔法界で起きている重大事件と
    10代の恋愛劇のギャップが凄すぎて耳キーンなる
    きっと初見だとハーマイオニーのヤキモチシーンしか楽しめなかっただろうなあ

    今後を知ってるからこそ
    ニワトコの杖をめぐるトリックと、分霊箱をめぐる物語がここから始まってると思うとワクワクする。
    続きを早く観てしまいたい。

    ハリーポッターは訳がわかったうえで見直した方が圧倒的に面白いね。

    あとやっぱり小説を読んでからの方が面白い。

    映画だけだと物語のキーとなる大事なことや伏線が一言のセリフや
    全くの説明なしで、「魔法界はそういうもの」みたいに進んでいくから。

    回を追っていくごとに画のカラー加工しすぎて慣れないと観づらい印象。

    映画のスピード感 0.7
    感動 おもしろさ 0.5
    意外性 ストーリー性 0.6
    映像と音楽 0.6
    印象的かどうか 0.5

  • 4.5

    Shoさん2022/01/18 01:25

    プリンスの正体、スネイプ先生の本性が明らかになり、マルフォイの闇堕ちなど見所はたくさんあったけど、
    個人的に1番の見所はハーマイオニーとロンの焦ったい恋模様です

    それにしてもダンブルドア校長の死は辛い〜〜

  • 4.0

    SKさん2022/01/18 00:24

    こちらも久しぶりに鑑賞。好きな作品だけど個人的には「謎のプリンス」っていってるくらいだからもう少しそこを丁寧に描いて欲しかったけど尺的にきつかったのかな。

  • 3.6

    影千代さん2022/01/16 23:31

    22011
    ついにダンブルドアが。。
    ハリー達の年齢が要因か、これまでで最も学園ラブコメ色強い。そしてそれがちょっと邪魔。ラベンダーはあんな振られ方する必要あるんか?
    ドラコはこのまま悪者になってほしくないなぁ。

  • 4.4

    えるどらさん2022/01/16 23:27

    12/28視聴 感想を後回しにしていたら期間が空いてしまった。

    半純血は誰だ…!
    今回も推しと一緒に視聴。
    推しはダンブルドア先生だいすきだったから一緒に見てて胸が苦しくなった。

    昔の記憶だとすごく面白かった記憶があったが、実際に見てもめちゃくちゃ面白かった。
    ただ強いて言うならスネイプ周りの尺がもう少しだけ欲しかった。
    あえて省いているのかもしれないけれど、最後の「頼む」にしろ「アバタケタブラ」にしろ全然わからんすぎる(後に明らかになるのは知っているけれども)
    仕方ない、仕方ないのはわかっているが少しだけ省いてる感というか、走っている感というかがあったなぁ。
    原題が「半純血のプリンス」なんだからもうちょっとだけ欲しかった。
    せっかくスネイプの回なのにダンブルドアとトムの話が濃すぎるし、恋愛話入れてたり、分霊箱関係の下りもやらないかんしで全然スネイプ掘り下げられてない感じがして…。
    いや、たしかに今回はたしかにスネイプ回ではあったんだけどさ…。
    無くてもいいけど、無くてもバッチリ面白いんだけど、もう少し欲しかったっていうワガママ!

    あの教科書、昔見たときは「持ち主はスネイプだったのか」くらいしか感じなかったけど、見直すとスネイプがあの教科書にかける思いが伝わってきて涙が溢れた。
    魔法薬学の先生になるほどの魔法薬に関する膨大な勉強量、彼はとても真面目に研究し、自分なりの正解を導き出していた。
    自分もこの年になると、何かの答えを出すことの難しさは想像できる。
    スネイプという人間の根っこの部分があの教科書からは伝わってくるのだ。
    だからこそ彼が「セクタムセンプラ」という危険な呪文を考案したことの辛さが増す。
    ジェームズから己を守るための攻撃呪文だったのか、リリィを守るために闇の魔術に対抗する呪文を考案したのか、まじめで優しいはずのスネイプがあの呪文を作った事実が私の胸を締め付ける。

    そして今回は分霊箱の概念が初出やったんやね。
    アイテムや話の構成が、リドルの日記初登場の「秘密の部屋」に似てたような気がしないでもない。
    トムリドルの日記と、スネイプの教科書とか。
    それからダンブルドアと一緒に分霊箱巡り。
    この後もより知ることになるけどダンブルドア先生も無敵超人じゃないんだよね。
    たしかに天才だけどやっぱり普通の人間で、ハリーたちと同じ魔法使いで、怖いものも、トラウマも、ある。
    だからやっぱり死ぬときは、死ぬ。

    恋愛話がけっこうがっつり挟まれていたけど、個人的にはすごく楽しかった。
    自分が大人になったからかもしれないけど、フィクションの中の思春期の子供たちは色恋沙汰で一喜一憂しないとダメだ。
    というか、学園ものやってて色恋沙汰のひとつもないほうがおかしい。
    終盤のシリアス展開、「炎のゴブレット」以降複雑で重いストーリーと吊りあわせるように挟まれる恋愛展開は物語の本筋にも溶け込んでいき脚本の強さを感じた。

    久しぶりに見た「謎のプリンス」は、大人になったからこそわかる人間の生き様の美しさを感じた。
    やんわりとした記憶ですきだったが、今見てもやっぱりすきだった。
    やっぱり「謎のプリンス」はシリーズでいちばんすきかもしれないな。

    「さて、いよいよ「死の秘宝」。
    ヴォルデモートと最終決戦だ!!
    年末駆け込むぞ!!!!!!!」
    って気合いであの時は見てた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました