お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ローン・レンジャー

G
  • 吹替
  • 字幕

ハリウッド史上最もかみ合わないヒーロー×ヒーローが、聖なる力に導かれ巨悪に立ち向かう空前のアクション・アドベンチャー。

少年時代のある忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える戦士となった悪霊ハンターのトント。彼は自らの悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと、自らの聖なる力によって瀕死の男、検事のジョン・リードを甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺されたジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組むが、法に基づく正義の執行を求める彼と、復讐のために手段を選ばないトントとは、全くかみ合わないチームだった。

詳細情報

原題
The Lone Ranger
関連情報
製作:ジェリー・ブラッカイマー,ゴア・ヴァービンスキー
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-14 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

ローン・レンジャーの評価・レビュー

3.3
観た人
22233
観たい人
4744
  • −−

    Sarameさん2020/08/02 11:19

    アーミーさんの滲み出る気品をもって
    コミカルな演技が好き。
    すらりと長身でキラキラの瞳、白馬に乗ったら完全王子様なのに
    隙のある役のキュートさはさすが。
    ジョニーデップとの掛け合いも楽しかった!!

    ロケーションも最高にかっこいい✨

  • 4.7

    yuさん2020/08/01 17:14

    昔観たけど西部劇の知識つけてから観たら傑作でただのディズニーファンタジー西部劇じゃかった
    結構深いこと考えられる

    西部開拓の最大の結果といえる1869年大陸横断鉄道建設が舞台設定
    その中で西部の発展=鉄道を敷くためには入植者たちの土地や家、インディアンたちは鉄道会社にとって邪魔でしかない
    ジェシージェイムズのようなアウトローもこの時代に誕生したほど鉄道がもたらす文明化とカウボーイロングドライブ時代の終焉という典型的な歴史背景をプロットにしつつ
    騎兵隊、テキサスレンジャー、強盗団の弟、鉄道建設する兄、売春宿の娼婦とこの時代のだいたいの登場人物を上手く視聴者から観る悪と正義側に分けてる
    「正義なんてない」 は正しい
    テキサスレンジャーは全体のために銀行強盗するし鉄道会社は自分の手を汚さず強盗に邪魔な人物を殺させる

    そして銀に取り憑かれる人間の欲とそれが引き起こす惨劇も同時に語られる

    法を司るはずだったジョンが仮面を被り銃を握ることでこの西部において法は無意味なことを明らかにし、何が正義で悪かも不透明なこの時代の不確かさと文明化の背後の見過ごされてきた人々の犠牲を訴える
    そしてローンレンジャーは法が無意味な場所のアウトローとして去らなければいけない  

    この映画自体 トントの回想によって振り返る形で描かれていて歴史自体をを反省するような立ち位置

    いろんな歴史的事情とか背景が折り混ざって複雑なストーリーだけど一つ一つみていけばうまくまとまる 

    白い馬がファンタジーっぽくてディズニーらしかった笑 スーパーアクション+少しファンタジー要素で完全にリアリズムじゃないからそこが歴史を語る上でいい

  • 3.7

    かめさんさん2020/07/30 18:44

    DVD📀所有、再鑑賞。ゴア・ヴァービンスキー監督作品。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『J・エドガー』のアーミー・ハマー主演映画。

    アクション・アドベンチャー。テレビドラマや映画で何度も映像化された人気西部劇を基に、悪霊ハンターと正義のヒーローのコンビが巨悪に立ち向かう姿を活写する。個性的で好感の持てるキャラクターたちのほか、荒野を舞台にした派手なアクションなどにも注目。

    幼い頃に遭遇した悲しい事件への復讐(ふくしゅう)をもくろむ悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)は、そのスピリチュアルな力で死の一歩手前の男、ジョン(アーミー・ハマー)を救う。正義感の強いジョンは、目的を達成するためならどんな手段も用いるトントと衝突するも、愛する者を奪われたことで豹変(ひょうへん)。マスクを装着し“ローン・レンジャー”と名乗り、トントと一緒に巨悪に挑む。

  • 4.0

    MATTさん2020/07/27 19:21

    長いし、よく分からん。
    酷評でヤバかった映画。

    でもラスト15分くらいは何度見ても面白い!
    あー、ラスト15分もっかい見よう

  • 3.4

    ゆーまさん2020/07/27 16:11

    長いし飽きる。つまらない。
    最後の戦闘シーンは音楽と相まって良かった。
    劣化版パイレーツ・オブ・カリビアン。

  • 3.8

    とみーさん2020/07/26 22:07

    2019年に視聴。馬が地面を蹴り上げて走る音が気持ちいい。文字通り駆け抜けるようなクライマックスシーンが好き。
    作中にはところどころ中だるみを感じさせる瞬間もあったけど、終盤の盛り上がり具合を見たらすべてがどうでもよくなる。
    「ここからクライマックスですよ〜」と言いたげに流れるBGM(ウィリアム・テル序曲)は、1949年放送のドラマ版ではオープニング曲に使われていた。ドラマ版への強いリスペクトを感じる。

    癖の強いキャラクターを演じることが多いジョニデは今作でも安定した癖の強さを発揮していたし、アミハマは後に公開されるコードネーム・アンクルでの無口なロシアンスパイとは似ても似つかない、ヘタレでうっかり屋さんな検事を器用に演じていた。
    ディズニー映画らしからぬ極悪非道っぷりを貫く悪役にはウィリアム・フィクナーのダウナーな鋭さが見事にハマっていたし、とにかくキャスティングした人にお礼を言いたいレベル。

    ストーリーも分かりやすく作られていて助かった。

  • 4.3

    Shochimさん2020/07/26 15:57

    痛快な西部劇!
    後味すっきりな映画。

    パイレーツ・オブ・カリビアンの監督なだけあって、戦闘シーンもユーモアたっぷりで終始楽しめる。

    個人的には西部アメリカの風景が好きなので、壮大な西部アメリカを舞台にしているという点が、映画を何倍も魅力的にしている。

  • 3.6

    火の玉ジョニーさん2020/07/21 17:11

    面白かった

    トントとローンレンジャーのコンビはいいわ

    ジョニーデップはこういう役を楽しんでるように見えるしアーミーハマーもナイスガイ

    正義と悪がわかりやすいし列車のシーンなんか手に汗握って見てた

    要はオスカー取る作品よりラジー賞候補作品(なんか取っちゃったか)の方が好きなようです

    やったれ!キモサベ

  • 5.0

    ヨシダさん2020/07/16 23:59

    楽しく見れるから大好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!そしてアーミー・ハマーも好きになる

  • 3.4

    れーなさん2020/07/13 07:21

    私は好きなタイプの映画
    音楽もそうだしハラハラ感もあるし
    コメディーでもあるし面白い!!

    2人の掛け合い協力プレイよき!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す