お知らせ

閉じる

偶然 in Japan特集

無料動画

予告編と主演のTAKUYAさんのインタビュー映像、リウ・デフ監督のインタビュー映像が無料で見れる!

  • 予告編

  • TAKUYAインタビュー

  • 監督インタビュー

あらすじ

大分・湯布院を舞台にした切ないラブストーリー。

28歳の中国人女性、娜娜(ナナ)は予備博士生である。心理学を専攻し、人の心理を読み取るのはプロ並みだが、自身の心理把握には全く素質がない娜娜。最後だと思った論文がまた落ちてしまい、喪失感と虚しさで全ての意欲がなくなる。

その翌日、変なメールが届く。発信元が日本式の漢字で書かれた名前で、最初は迷惑メールだと思ったが…。開けてみると迷惑メールよりも衝撃的な内容が書かれていた。

「自分は日本人の事業家」と名乗る男の名前は会田武志。1年前に婚約者を失い悲しみに陥っていたが、偶然SNSで娜娜の写真を見て、自分の元恋人と余りにもそっくりだったのでメールを送ったというのだ。

一度、娜娜に会いたいという武志。娜娜は提案を受け入れ、日本行きの飛行機に身を託すが…。

偶然 in Japan画像1
偶然 in Japan画像2
偶然 in Japan画像3

キャスト

グローバルユニット<CROSS GENE(クロスジン)>のTAKUYA主演!

会田武志役-TAKUYA(CROSS GENE)

会田武志役

TAKUYA(CROSS GENE)

30歳の日本人。大手企業の取締役。

外見、経歴に家柄まで、全てを持った男。だが実は、その男の事情はこうだ。1年前、愛する女性がいて、結婚を目前に控えていた。しかし妙なことにその愛する女性は、特に写真を撮るのが嫌いだった。二人で撮った写真がたった一枚もない程…。結婚式数日前、その女性は大雨の日、急な用事があるからと出かけたまま、永遠に帰ってはこなかった。そんな彼の元には彼女のどんな痕跡も残されていなかった。しかし、娜娜が日本にやって来て、自分でも知らないうちに妙な感情に囚われる。

娜娜(ナナ)役-ナンション

娜娜(ナナ)役

ナンション

28歳の中国人。予備博士生。

5年間心理学博士課程を踏んでいる。大学を卒業し、友達は皆就職したり、結婚したりしたが、 娜娜は長年、図書館で本と共に生きてきた。最近、本当に最後だと思って書きあげた論文が通らなかったことから、完全な絶望に陥る。偶然、 日本から自分を招待するメールを受け取り、ただで海外旅行に参加しようと、無計画に日本へ飛んで行く。

王子明役-リウィンルイ

王子明役

リウィンルイ

30歳の中国人。会田武志の秘書。

忠犬の典型的な秘書。指示されたものだったら何でもこなす万能マンだ。中国から日本に留学に来た間、 会田武志の会社に就職した。中国語と日本語ができ、理想家の武志と違って現実的で冷徹だ。長い外国生活でポーカーフェイスが可能になり、競争の激しい日本で生き残るために必死に努力した。

徵羽风役-キョホウ

徵羽风役

キョホウ

30歳の中国人。会田武志の幼馴染。

自由な魂。一ヵ所に留るのが一番嫌いで、気持ちに従い、風に従って自由に生きていく。武志を見に来てから湯布院の魅力に囚われて、ずっとここに留まっている。自称、旅館の「副支配人」だ。一度きりの人生だからと言って、死ぬ時もかっこよく死ぬことを目指し、好奇心も多くて気になることは必ず分かるまで調べる。いつも面白いことを探し回り、面白いことが起きれば目つきが変わる男。

智美役-大川信子

智美役

大川信子

42歳の日本人。会田武志の従姉。

旅館のマネージャー。母方の祖父が中国から渡ってきたため、少しだが中国語が話せる。ストレートで自分の感情表現に長けている。

TAKUYAプロフィール

-

名前:寺田 拓哉(てらだ たくや)

生年月日:1992年3月18日

血液型:O型

身長:188cm

CROSS GENE(クロスジン)のボーカル担当で俳優としても活動している。2008年「第21回 JUNON SUPER BOY CONTEST」審査員特別賞。韓国JTBCバラエティ番組「非首脳会談」(2014年〜2015年レギュラー出演)で、韓国内で最も注目される日本人となり、2014年12月「大韓民国韓流大賞国際交流大賞」受賞。「2017 世界で最も美しい顔100人」ランキングでは、日本人ではトップの42位を獲得。

キーワード1:旅行

偶然 in Japan画像1

劇中、娜娜はある招待に乗り、無計画に日本へ飛んで行きます。そこで全く予想もしていなかった男に出会い、自分でも知らないうちに妙な感情に巻き込まれていくことに…。

毎回、旅行は全て話を残す。毎回、夜明けは全て美しくはない。毎回、人生には全てしばらく止まるべき瞬間がある。

人生を一つの旅と考えるならば、必ず、速度を止め、休むべき瞬間があるのである。

その瞬間は夜明けを待つ直前のように暗くて寂しいけれど、必ず夜明けはやってくる、太陽は昇る。

暗い夜が過ぎ、必ずやってくる夜明けは、おそらくこの世の中でたった一つ残った「変わらない法則」であろう。だから私たちは暗闇に耐え、苦しくても耐える。

これは正に私たちが日常からしばらく離れ、「旅行」に出る理由である。

  • ツイート
  • シェア

その他、おすすめ動画はこちら!

ページTOPへ

Official Partner of NBA