お知らせ

閉じる

「くまのプーさん」実写映画!12月5日(水)先行配信開始!

プーと大人になった僕特集

予告編

君と過ごせば、どんな日だって、大好きな日。

映画情報

劇場大ヒット!『美女と野獣』のディズニーが贈る奇跡の物語!

プーと大人になった僕画像1

「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」くまのプーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが交わした約束と、一緒に過ごしたかけがいのない日々との永遠の別れ──。

ロンドンを舞台に、主人公の大人になったクリストファー・ロビンと、100エーカーの森を飛び出したプーさんと仲間たちが繰り広げる物語。

親友プーさんとの奇跡の再会によって、クリストファー・ロビンが、忘れてしまった「本当に大切なモノ」を思い出す感動のドラマ。

あらすじ

プーさんと大人になった親友クリストファー・ロビンとの再会と奇跡の物語!

プーと大人になった僕画像1

親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ち、大人になったクリストファー・ロビンは、日々の仕事に追われ、会社から託された難題と一緒に時間を過ごせない家族との問題に悩んでいた。

そんなクリストファーの前に突然現れたプー。久々の再会に、喜びと懐かしい日々を感じながらも、また仕事に戻らなければならないクリストファーに、「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」とプーは問いかける。

彼が忘れてしまった本当に「大切なモノ」を届けるために、プーと仲間たちは“100エーカーの森”を飛び出し、彼が家族と住むロンドンへと向うのだが・・・。

見どころ

長年愛され続けているディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」が初めて実写映画化!

- 

 

大人になったクリストファー・ロビンが、プーさんと仲間たちとの奇跡の再会で“忘れかけていた大切なもの”を取り戻す感動のドラマが実写映画で登場。20代、30代女性からファミリーまで幅広い層に人気を博した2018年秋最高の感動作です。

主人公の大人になったクリストファー・ロビンを演じるのはイギリスを代表する人気俳優ユアン・マクレガー、そして日本語吹き替え版キャストは、実写映画の吹替声優初挑戦の堺雅人!

- 

 

プー、ピグレット、ティガー、イーヨーといったおなじみのキャラクターがかわいらしさをそのままに、実写映画として登場!ロンドンや100エーカーの森で大活躍!

- 

 

“「なんにもしない」って、最高の何かにつながるんだ。” “ちょっとの思いやりと、ちょっとの気遣いが全てを変えるんだ。”

など、プーがクリストファー・ロビンに贈る言葉に感動の嵐!

キャラクター

主演を務めるのは、ユアン・マクレガー!

クリストファー・ロビン役-ユアン・マクレガー

クリストファー・ロビン役

ユアン・マクレガー

【吹替え版:堺雅人】

少年時代に、サセックスのハートフィールドにある“100エーカーの森”でプーたちと過ごす。現在は、ロンドンにあるウィンズロウ商事のかばん部門で働いている。

イヴリン・ロビン役-ヘイリー・アトウェル

イヴリン・ロビン役

ヘイリー・アトウェル

【吹替え版:園崎未恵】

クリストファー・ロビンの妻。 仕事ばかりのクリストファー・ロビンとすれ違っている。

マデリン・ロビン役-ブロンテ・カーマイケル

マデリン・ロビン役

ブロンテ・カーマイケル

【吹替え版:遠藤璃菜】

クリストファー・ロビンとイヴリンの娘。クリストファー・ロビンに言えずにいることがある。

プー-ジム・カミングス

【吹替え版:かぬか光明】

いつもハチミツの事ばかり考えているクリストファー・ロビンの親友。

ピグレット-ニック・モハメッド

ピグレット

ニック・モハメッド

【吹替え版:小形 満】

プーのことが大好きな、心優しいがとても臆病なコブタ。

ティガー-ジム・カミングス

【吹替え版:玄田哲章】

お調子者で、いつも陽気。飛び跳ねる事が大好きなトラ。

イーヨー-ブラッド・ギャレット

【吹替え版:石塚 勇】

シッポをよく失くす、おっとりしたお人好しのロバ。

カンガ-ソフィー・オコネドー

【吹替え版:片岡富枝】

ルーのお母さんで、森のみんなを見守る優しいカンガルー。

ルー-サラ・シーン

【吹替え版:木村皐誠】

カンガの子で、やんちゃな頑張り屋さん。

ラビット-ピーター・キャパルディ

【吹替え版:瀧田直樹】

森で一番の働き者だが、頑固で怒りっぽいウサギ。

スタッフ

監督は『007 慰めの報酬』『ネバーランド』で知られるマーク・フォースター!

プーと大人になった僕画像1

監督:マーク・フォースター

脚本:アレックス・ロス・ペリー/トム・マッカーシー/アリソン・シュローダー

ストーリー:グレッグ・ブルッカー/マーク・スティーヴン・ジョンソン

キャラクター原案:A・A・ミルン/E・H・シェパード

製作:ブリガム・テイラー/クリスティン・バー

製作総指揮:レネ・ウルフ/ジェレミー・ジョーンズ

撮影監督:マティアス・クーニスヴァイゼル

プロダクション・デザイン:ジェニファー・ウィリアムズ

編集:マット・チェシー

衣裳デザイナー:ジェニー・ビーヴァン

視覚効果スーパーバイザー:クリストファー・ローレンス

アニメーション・スーパーバイザー:マイケル・イームス

共同プロデューサー:スティーヴ・ガウブ

音楽:ジェフ・ザネリ/ジョン・ブライオン

劇中歌: リチャード・M・シャーマン

原題:「Christopher Robin」

日本劇場公開日:2018年9月14日

コメント

ユアン・マクレガーさんと堺雅人さんの感想コメントはこちら!

クリストファー・ロビン役

ユアン・マクレガー

僕は自分の仕事が大好きだから、仕事ばかりしてきたことに後悔はしてない。でも、バランスが悪かったんだ。

プ―の言うように、「何もしない時間」をつくることが一番の時もある。今回この役を演じたことで、それが出来たんだ。オフの時間を、心底楽しめたのは初めてかもしれない。

この作品は、ライフスタイルのバランスを見つめ直すことの大切さを伝えている。「いま」だからこそ見てもらいたい、人々がいま必要としている映画だと思うよ。

俳優/日本語吹替版クリストファー・ロビン役《声の出演》

堺雅人

プーの親友である大人になったクリストファー・ロビンの心の葛藤や悩みが丁寧に描かれていて、子供から大人まで楽しめる映画。

「"なんにもしない"って・・・最高の何かにつながるんだ」といったプーのなにげない言葉のひとつひとつに、はっとさせられます。

仕事や家庭でいろいろなことがあると思いますが、この映画を観て、ゆっくりとした時間を過ごして頂ければと思います。

  • ツイート
  • シェア

その他、おすすめ動画はこちら!

ページTOPへ

Official Partner of NBA