お知らせ

閉じる

高画質日本語字幕版の第1話が、誰でも無料!

シグナル特集

無料動画

第1話(高画質日本語字幕版)が無料で観れる!

  • 予告編

  • 第1話

ドラマ情報

2016年、韓国ドラマの歴史を塗り替えたヒューマンサスペンスドラマの最高傑作!

シグナル画像1

現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じ、協力して未解決事件を追う新感覚のサスペンスドラマ。「ミセン-未生-」の演出家キム・ウォンソクと、「応答せよ」シリーズ(「応答せよ1988」最高視聴率:18.8%)や「鬼(トッケビ)」(最高視聴率:20.5%)など放送するドラマは軒並み大ヒットのTV局<tvN>が再びタッグを組んだ。

視聴者からは「今までの人生で最高のドラマ」「最後の1秒まで心臓をわしづかみにされた」など絶賛の声が相次ぎ、2%で成功と言われるケーブルテレビ局のドラマにもかかわらず、 異例の最高視聴率12.8%を記録。その人気は2016年アジア中でヒットした「太陽の末裔」と二分するほどになり、多くのパロディも生んだ。

韓国のゴールデン・グローブ賞ともいえる「第52回百想芸術大賞」では、作品賞、脚本賞、女性最優秀演技賞の3冠に輝くなど、ドラマ賞が開催されるたびにトロフィーが増えている事も話題になった。放送終了後は、シーズン2を渇望するファンの声も高く、2016年12月に脚本家のキム・ウニは続編をほのめかした。

そして2018年、ついに日本でリメイクされ、新しく生まれ変わる。日本版のタイトルは「シグナル 長期未解決事件捜査班」で、プロファイラー、パク・ヘヨン役を演じるのはテレビドラマ初主演の若手人気俳優の坂口健太郎。主題歌はBTS(防弾少年団)の「Don’t Leave Me」。2018年4月10日よりカンテレ・フジテレビ系火曜よる9時連続ドラマとして放送スタート。

あらすじ

“諦めなければ、未来は変えられる”―――無線機でつながる現在と過去、それぞれの想いが奇跡を起こす!

警察のプロファイラーであるパク・へヨン(イ・ジェフン)は、ある日廃棄処分となっていた古い無線機を見つける。すると、突然壊れているはずの無線機から声が聞こえてくる。声の主は刑事イ・ジェハン(チョ・ジヌン)だった。

ジェハンは15年前にヘヨンの同級生が犠牲となった未解決事件の手がかりを伝え、無線機は切れる。半信半疑なヘヨンだったが、ジェハンが残した言葉をもとに向かった場所で事件の重要な証拠を見つけ、刑事チャ・スヒョン(キム・ヘス)と共に謎を解き明かしていく。

これをきっかけにヘヨンとジェハンの無線機での交信が始まる。交信していくうちに、ジェハンが現代ではなく過去の人間であることをヘヨンは知る。一方、スヒョンは15年前に失踪した先輩刑事を捜し続けていた…。

シグナル画像1
シグナル画像2
シグナル画像3

人物相関図

韓国オリジナル版「シグナル」の相関図をチェック!

キャスト

実力派映画俳優たちが集結し、彼らの代表作として語り継がれるであろう演技を披露!

パク・ヘヨン役-イ・ジェフン

パク・ヘヨン役

イ・ジェフン

20代後半の現在の刑事。警察大学出身のエリートで未解決事件を捜査するプロファイラー。

*イ・ジェフンのプロフィール:1984年7月4日生まれ。2011年映画『高地戦』で新人賞を受賞し、『建築学概論』で広くその名を広めた次世代演技派俳優。「シグナル」で警察に対する認識のアップに寄与したと評価され、2016年初代警察庁人権広報大使に選ばれた。出演作:『建築学概論』『パパロッティ』『高地戦』「秘密の扉」

イ・ジェハン役-チョ・ジヌン

イ・ジェハン役

チョ・ジヌン

パク・ヘヨンと無線機でつながる過去の刑事。熱血的で正義感にあふれている。

*チョ・ジヌンのプロフィール:1976年3月3日生まれ。本名はチョ・ウォンジュンで、「チョ・ジヌン」は実は父親の名。イ・ジェハンそのものって感じで熱演した「シグナル」で多くのドラマ大賞を受賞した実力派俳優。イ・ジェフンと同じ事務所<SARAMエンターテインメント>に所属している。出演作:『悪いやつら』『暗殺』『パパロッティ』「アントラージュ(原題)」

チャ・スヒョン役

キム・ヘス

長期未解決事件専門チームのリーダー。ベテラン刑事。

*キム・ヘスのプロフィール:1970年9月5日生まれ。1986年映画「カムボ」でデビュー。出演作:『10人の泥棒たち』『観相師-かんそうし-』「職場の神」

アン・チス役-チョン・ヘギュン

アン・チス役

チョン・ヘギュン

ソウル地方警察庁広域捜査隊係長。

*チョン・ヘギュンのプロフィール:1968年8月16日生まれ。2016年「ドクターズ~恋する気持ち」で頼りがいのないヘジョンの父親役や、「雲が描いた月明り」ではホン・ラオンの父親役を演じるほか、「華政(ファジョン)」『王の運命 -歴史を変えた八日間-』などにも出演。

キム・ボムジュ役-チャン・ヒョンソン

キム・ボムジュ役

チャン・ヒョンソン

警察庁捜査局長。出世欲が強く、そのためならどんなことでもする。

*チャン・ヒョンソンのプロフィール:1970年7月17日生まれ。様々な作品にベテラン脇役として華を添えている彼は2014年にはKBS人気バラエティ「スーパーマンが帰って来た」でテレビでは見ることのできないパパとしての姿を見せ、人気を集めていた。出演作:『シュリ』「ファントム」「サイン」「スリーデイズ~愛と正義~」など。

キム・ゲチョル役-キム・ウォネ

キム・ゲチョル役

キム・ウォネ

長期未解決事件専門チームの刑事。

*キム・ウォネのプロフィール:1969年4月6日生まれ。名脇役の彼はドラマ「花郎」でパク・ソジュン扮するムミョンを後ろから黙々と助けるウルク役を演じるほか、2017年3月現在韓国で放送中の人気ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」ではコミカルなヤクザを、「キム課長」では経理部長のチュ・ナムホ役を熱演。他にも「偽ファミリー」(2015)、「ひとり酒男女」(2016)などに出演。

チョン・ホンギ役-イ・ユジュン

チョン・ホンギ役

イ・ユジュン

長期未解決事件専門チームの証拠物鑑識員。見かけによらず繊細な感性の持ち主。

*イ・ユジュンのプロフィール:2009年映画『願い』で強烈なインパクを残した彼は、2011年『悪いやつら』、2012年『パパロッティ』など多くの作品に出演。2017年2月にナムグン・ミン、ヨン・ジョンフンらが所属する<935エンターテインメント>と専属契約を締結。

チャン・ヨンチョル役

ソン・ヒョンジュ

事件のキーパーソン。

*ソン・ヒョンジュのプロフィール:1965年6月24日生まれ。演劇の舞台で経験を積んで、1991年KBS14期公開採用タレントとしてデビュー。様々なドラマを脇から盛り上げながら俳優としての道を着実に切り開いた彼はついに、<2012年SBS演技大賞>で最高の栄誉である大賞を獲得。名俳優の彼が脚本家のキム・ウニとの縁で「シグナル」に特別出演、長年培ってきた演技力ですごい存在感を魅せ、ファンを喜ばせた。

見どころ

緊迫感のある人間ドラマと緻密に構成された伏線の数々…このドラマは何度も見返したくなる!

古びた無線機を通してつながった現在の刑事と過去の刑事。彼らが未解決事件を追う中で溢れ出す感情の揺れ動きにも多くの視聴者が惹きつけられた。「大切な人を守りたい」「伝えられなかった想いを届けたい」といった過去の事件から複雑な想いを抱える刑事たちの想いを無線機が繋ぎ、奇跡を起こす。

「サイン」「ファントム」「スリーデイズ~愛と正義~」などサスペンスに定評のある脚本家キム・ウニが描き出すリアリティのある描写や計算しつくされた伏線が、緊迫感のある物語と人間ドラマを盛り上げ、「最後まで観たら、また最初から見返したくなる」と構成の巧みさも絶賛された。

また、作品を通しての「諦めなければ、未来は変えられる」という希望と願いを込めた強いメッセージは「エピソード毎に泣かされた」と多くの視聴者たちの涙を誘った。

さらに、出演者の顔ぶれが凄い!特に、ヒロイン‘チャ・スヒョン’を演じるキム・ヘスは、バツグンの演技力を誇る人気女優。本作では初々しい新米女刑事から、キャリア15年のベテラン刑事の姿まで、20代前半と40代を見事に演じ分けた。過去のシーンでは切ない片思いを、現代ではイ・ジェフンと緊迫した捜査劇を紅一点として大活躍。

過去の刑事役‘イ・ジェハン’を演じるチョ・ジヌンも映画界でも大活躍する人気俳優。強い信念を持つ愚直な役柄を熱演し、胸が熱くなるような名シーンを作り上げた。

シグナル画像1
シグナル画像2
シグナル画像3
シグナル画像4
シグナル画像5
シグナル画像6
シグナル画像7
シグナル画像8
シグナル画像9
シグナル画像10
シグナル画像11
シグナル画像12
シグナル画像13
シグナル画像14
シグナル画像15
シグナル画像16
  • ツイート
  • シェア

その他、おすすめ動画はこちら!

ページTOPへ

Official Partner of NBA