お知らせ

閉じる

NBA ALL STAR2019 CHARLOTTE

2019.1.11更新

オールスターのファン投票が開始!

2019年2月18日にシャーロットで開催される第68回オールスターのファン投票がいよいよ開始された。去年に引き続きウェスタン/イースタンから各12名(計24名)が選出され、その各カンファレンスの最多得票選手がキャプテンとなり、自チームのメンバーをドラフトで指名する。

今年の目玉はそのドラフトの様子もテレビ中継されることが決まっていることだ。

オールスターゲームに参加する先発メンバーの投票権はファン(50%)、現役選手(25%)、バスケットボールメディア(25%)の3部門に分かれている。このうち選手とメディアは投票回数が1回と決めれているが、ファンは期間中であれば1日1回投票可能となっている。

またユニークな制度として、「2 for 1 Days」という票が2倍カウントされる日が設定されている。

オールスター日程

2018

  • 12 26
    1:00
    投票スタート

2019

  • 1 4
    5
    11
    12
    21
    2 for 1 Days ※
  • 1 4
    11
    18
    途中経過発表
  • 1 22
    13:59
    投票締切
  • 1 25
    番組『TNT NBA Tip-Off presented by Autotrader』でチームキャプテンと先発メンバー発表
※ 2 for 1 Days:投票が2倍カウントされる日
  • 2 1
    番組『TNT NBA Tip-Off』でリザーブ選手発表
  • 2 8
    チームドラフト
  • 2 16
    9:00
    セレブリティゲーム
    11:00
    ライジング・スターズ・チャレンジ
  • 2 17
    スキルズチャレンジ&3ポイント&スラムダンク コンテスト
  • 2 18
    10:00
    オールスターゲーム

投票に参加する方法

今回の投票は4つの方法が用意されている。各方法で共通ルールとなっているのは、1日1回最大10選手選択できること。1日の定義は東部標準時に準じているため、日本では14:00~翌13:59となる。

1

NBA公式サイトの特設ページ
(https://vote.nba.com/)

イースタン/ウェスタンの両カンファレンスからガード(2選手)、フロントコート(3選手)の合計10選手を選んで投票。ページの上の方に検索メニューがあり、ポジション、カンファレンス、チーム名などで絞り込める。

2

NBAアプリ

アプリから投票ページにアクセス。投票できる選手やシステムは1)の特設ページと同じ。

3

Google検索

ブラウザかgoogleアプリから検索して投票が可能。投票にはgoogleアカウントが必要で、ポジション、カンファレンス関係なく10選手を選択できる。
検索での投票方法は下記3種類が用意されている。

「NBA Vote All-Star」と検索

検索結果上部に各チーム名が表示されるので、投票したい選手が所属するチームを選択。

表示された選手一覧から、投票したい選手のチェックボックスを選択。投票したい選手全員を選択し終えたら「VOTE」ボタンを押す。

投票したい選手名で検索

検索結果上部に「NBA All-Star 2019 Voting:Select your picks」という枠が表示されるので、枠下部の「See ballot」を押す。

選手の顔写真と投票ボタンが表示されるので、ボタンを押す。なお、この選手名とチーム名検索は日本語でも可能。

チーム名で検索

試合結果や日程の下に「NBA All-Star 2019: Select your picks」という枠が表示されるので、枠下部の「See ballot」を押す。

表示された選手一覧から、投票したい選手のチェックボックスを選択。投票したい選手全員を選択し終えたら「VOTE」ボタンを押す。

4

Googleアシスタント

今年からGoogleアシスタントでの投票が可能に。スマートフォンやスピーカーなどGoogleアシスタント対応のものから、「OKグーグル、NBAオールスターと話して、○○○(選手名)に投票して」と話しかけて投票可能。
1日に10選手まで投票できる。

Official Partner of NBA