お知らせ

閉じる

日本人史上2人目のNBAプレーヤーとなった渡邊雄太を特集。
彼の軌跡と今後期待されることとは。

日本人2人目のNBA出場という快挙も通過点に過ぎない。
渡邊雄太の目はその先を見据えている。

 2018年10月28日(日本時間)、渡邊雄太が日本人2人目のNBA出場を果たした。田臥勇太以来実に14年振りの快挙である。試合時間残り4分31秒、ウェイン・セルデン・ジュニアと交代してコートに立つと、その3分後、田臥勇太と同じくフリースローで初得点を記録した。

 バスケットボールの競技人口は、全世界で4億5,000万人といわれている。その4億5,000万人の中から最高峰のNBAと契約できるのは、ツーウェイ契約を入れてもわずか510人に過ぎない。さらにベンチ入りできるのは13人までという規定がある中で、NBA出場を果たすことがどれだけ大変なことか、想像の及ばぬ世界である。しかし当の渡邊はデビューの後「まだまだあくまでスタートライン。自分の目標はもっと高い所にあります!(本人のツイートより一部抜粋)」とツイート、満足することなくさらなる高みを目指している。

 渡邊のプレイを一言で表すなら「現代的」である。206cmという長身ながら走力があり、ハンドリングが上手く、スリーポイントを打てて、全ポジション守ることができる。これらの長所は、ここ数年のNBAのトレンドに見事に合致している。

高校卒業後渡米、ドラフトから漏れるもサマーリーグでの活躍で
グリズリーズとの契約を勝ち取る。

 渡邊が進学したジョージ・ワシントン大学はNCAA1部では中堅クラスの大学である。渡邊の在学中、NCAAトーナメント出場は叶わなかったが、2016年にはNCAAトーナメント出場を逃したチームの頂点を決めるトーナメント、NITで優勝を果たしている。また渡邊個人は、大学最終年の昨季、カンファレンスの最優秀守備選手賞を受賞した。

 ドラフトでの指名から漏れた渡邊は、NBA入りを目指し、ブルックリン・ネッツの一員としてサマーリーグに参加する。残したスタッツは、5試合平均24分、9.4点、4.2リバウンド、そしてブロックは驚異の1.6を記録した。この活躍が認められ、渡邊はグリズリーズとのツーウェイ契約を勝ち取ることになった。

リーグ唯一無二のガテン系チーム、グリズリーズが欲した
渡邊雄太のディフェンス力。

 グリズリーズのチームスローガンである”Grit and Grind”という言葉は、ブルーカラーが汗水垂らして日々ハードワークする姿を想起させる。チームのスタイルはその言葉通り泥臭く、攻守ともにフィジカルにプレイし消耗戦を粘り勝つというものである。

 昨季、現代バスケへの転換を目指すも失敗、久々にプレイオフを逃したグリズリーズは、”Grit and Grind”への原点回帰を目指している。今オフはドラフトにおいてもFA市場でも、ディフェンス重視の選手獲得を貫いた。ドラフトで指名したジャレン・ジャクソン・ジュニアとジェヴォン・カーターは、共に大学時代、所属カンファレンスの最優秀守備選手賞を獲得している。昨季Atlantic 10の最優秀守備選手賞を受賞した渡邊の獲得もこの流れに沿ったものである。

 プレシーズンで渡邊に与えられたプレイタイムは短かった。しかし持ち前のディフェンス力でアピールすると、主力を休ませた10月7日のインディアナ戦では21分出場、11得点の活躍を見せる。オーバータイムに持ち込む値千金のスリーポイントを決めた後、ベンチにいた主力選手たちとハイタッチを交わす姿が印象的だった。

目指すはグリズリーズのローテーション入り。
そのための鍵はスリーポイントだ!

渡邊の今季の主戦場はNBAの下部リーグに当たるGリーグになる。Gリーグは、メンタルの未熟さやバスケットボールIQの欠如など、何かしらの理由でNBAには行けないものの、能力はNBAクラスという選手で溢れている。彼らと切磋琢磨することで、渡邊はNBAでも通用する技術や、当たりの強さを学んでいくだろう。

 グリズリーズにおいては、三番手のパワーフォワードの座を掴むことが1つ目の目標になる。当面のライバルは、ベテランのオムリ・カスピである。フットワークや運動量など、すでに渡邊の方がカスピより優れている点はある。しかし、限られた時間の中で結果を出す知恵と技術ではカスピに軍杯が上がる。渡邊にはカスピの良いところを盗みつつ、コートで自分を表現できるようになって欲しい。

 今後の渡邊のキャリアにとって鍵となるのは、間違いなくスリーポイントである。すでにNBAでも通用している走力とディフェンス力に、安定したスリーポイントという武器が加わった時、我々はグリズリーズのベンチに常に渡邊の姿を見ることになるだろう。

10/7 プレシーズン 対ペイサーズ
渡邊雄太ハイライト&インタビュー

渡邊雄太関連動画

Official Partner of NBA