お知らせ

閉じる

八村塁、渡邊雄太、比江島慎、馬場雄大 日本人4人が出場中!!

サマーリーグとは例年7月に行なわれるトーナメント大会で、その年にドラフト指名されたルーキーやキャリアの浅い選手、ドラフト外からのNBA入りを狙う猛者たちが参加する“若手の登竜門”。NBA2年目の渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)はもちろん、史上初の日本人ドラフト1巡目指名八村塁も参加する。さらに、比江島慎(栃木ブレックス)はニューオリンズ・ペリカンズで、馬場雄大(アルバルク東京)ダラス・マーベリックスの一員としての参加が決定した。今年のサマーリーグは、有望な若手はもちろん日本人プレイヤーもチェックできる、例年以上に注目のステージなのだ。

八村塁

  • 八村塁

    八村塁RUI HACHIMURA

    (ワシントン・ウィザーズ 1巡目9位)

    身長:203cm 体重:104kg ポジション:SF/PF  大学:ゴンザガ大

    史上初めてドラフト1巡目指名を受けた日本人プレイヤー。ペリメーターエリアからの的確なジャンパー、217cmのウィングスパンと身体能力を生かしたディフェンスに定評がある。2018-19シーズンには、最も優秀なSFに贈られる「ジュリアス・アービング賞」を受賞。NBAではもちろん、AKATSUKI FIVEの一員として日本代表での活躍も期待されている。

  • 渡邊雄太

    渡邊雄太
    YUTA WATANABE

    (メンフィス・グリズリーズ)

    身長:206cm 体重:93kg ポジション:SG 大学:ジョージ・ワシントン大学

    昨シーズン、2004年の田臥勇太(当時 フェニックス・サンズ/栃木ブレックス)以来となるNBAデビューを果たした万能戦士。206cmのサイズに似合わぬ機動力を生かしたディフェンスが売り。2ウェイ契約2年目の今シーズンは、グリズリーズ定着を実現するためにも、サマーリーグではオフェンス面での存在感を発揮したい。

  • 比江島慎
    MAKOTO HIEJIMA

    (ニューオリンズ・ペリカンズ)

    身長:190cm 体重:88kg ポジション:SG 大学:青山学院大学

    変幻自在のステップワークでディフェンダーを手玉に取る、日本屈指のオフェンスマシン。昨シーズンはオーストラリアへ渡り、自身初の海外リーグでのプレイを経験した。今夏はステップアップするための場として、バスケットボールの本場アメリカを選択。憧れの地で、大型新人ザイオン・ウィリアムソンとの“共演”が楽しみだ。

  • 馬場雄大

    馬場雄大
    YUDAI BABA

    (ダラス・マーベリックス)

    身長:198cm 体重:90kg ポジション:SF 大学:筑波大学

    類いまれなジャンプ力を生かした豪快なダンクが持ち味。豪快なプレイに目が行きがちだが、沈着冷静な状況判断や精度の高いジャンプシュートも一級品だ。昨シーズンはアルバルク東京を頂点に導くとともに、ファイナルMVPも受賞。日本での勢いそのままに、自身が目標に掲げるNBAのステージに近づけるか。

  • ザイオン・ウィリアムソン

    ザイオン・ウィリアムソン
    ZION WILLIAMSON

    (ニューオリンズ・ペリカンズ 1巡目1位)

    身長:201cm 体重:129kg ポジション:PF  大学:デューク大

    近年のカレッジバスケシーンで最も注目された逸材。サイズ不足を補う屈強な体躯とパワー、驚異的なファーストステップのスピードを兼ね備えており、マークマンをいとも簡単に振り切って豪快なダンクを繰り出す。アンソニー・デイビスのトレードが合意に至ったペリカンズにおいて、1年目からエースとしての役割が求められるはずだ。

  • ジャ・モラント

    ジャ・モラント
    JA MORANT

    (メンフィス・グリズリーズ 1巡目2位)

    身長:190cm 体重:79kg ポジション:PG 大学:マレー州立大

    プレイメーカーとしてもスコアラーとしてもトップクラスのコンボガード。昨季は平均24.5点、5.7リバウンド、10.0アシストと、八面六臂の活躍でチームをけん引した。どんな相手でも物怖じしない強気なメンタリティの持ち主で、リーダーシップもある。14歳の頃には、AAUでザイオン・ウィリアムソンとともにプレイしていた。(出場なし)

  • RJ・バレット

    RJ・バレット
    RJ BARRETT

    (ニューヨーク・ニックス 1巡目3位)

    身長:201cm 体重:91kg ポジション:SG/SF  大学:デューク大

    カナダ出身のレフティは、攻守両面でどんなプレイも器用にこなす万能性が売り。デューク大のチームメイトであるザイオン・ウィリアムソンより、高い評価を与える識者も少なくない。切れ味鋭いドライブからのリングへのアタックは、これから幾度となくハイライトで取り上げられるだろう。長らく低迷するニックスの救世主となれるか。

  • ディアンドレ・ハンター

    ディアンドレ・ハンター
    DEANDRE HUNTER

    (ロサンゼルス・レイカーズ → アトランタ・ホークス 1巡目4位)

    身長:201cm 体重:102kg ポジション:SF/PF  大学:バージニア大

    今年のNCAAトーナメントで、チームを全米一に導いたスウィングマン。218cmのウィングスパンと複数のポジションをこなせる器用さ、チームプレイを優先する利他的なマインドがある。最大の強みはディフェンスで、ガードからビッグマンまで対応可能。長距離砲としても有能で、3&Dとして息の長い活躍が見込まれる。

  • ダリアス・ガーランド

    ダリアス・ガーランド
    DARIUS GARLAND

    (クリーブランド・キャバリアーズ 1巡目5位)

    身長:188cm 体重:79kg ポジション:PG  大学:バンダービルト大

    果敢に放つ3ポイントレンジからのプルアップジャンパーや精度の高いフローターで、オフェンスの流れを一気に引き寄せられる力がある。ピック&ロールの使い方が巧みで、ターンオーバーが少ないのも魅力。父ウィンストンも1987年のドラフトでバックスに指名され、7シーズンにわたってNBAでプレイした経験がある。

schedule

注目試合はこちら

下記試合は日本語解説付きで配信予定!

ソルトレイクシティ・サマーリーグ
7月2日(火)AM10:00 グリズリーズ vs ジャズ
7月3日(水)AM8:00 スパーズ vs グリズリーズ
7月4日(木)AM8:00 キャバリアーズ vs グリズリーズ
MGM Resorts NBA サマーリーグ(ラスベガス)
7月6日(土)AM8:00 ネッツ vs マーベリックス
7月6日(土)AM10:30 ペリカンズ vs ニックス
7月7日(日)AM8:00 ペイサーズ vs グリズリーズ  
AM11:00 ウィザーズ vs ペリカンズ
7月7日(日)AM10:00 ロケッツ VS マーベリックス
7月8日(月)PM12:30 クリッパーズ vs グリズリーズ
7月9日(火)AM4:30 マーベリックス VS キングス
7月9日(火)AM6:30 ネッツ vs ウィザーズ  
AM10:30 ブルズ vs ペリカンズ
7月10日(水)AM8:30 グリズリーズ vs サンズ  
PM12:30 ウィザーズ vs クリッパーズ
7月11日(木)AM4:30 マーベリックス VS クロアチア代表
7月11日(木)AM8:30 ペリカンズ vs キャバリアーズ
7月12日(金)AM7:30 ウィザーズ vs ホークス  
AM11:30 グリズリーズ vs セルティックス

news

※7月2日~12日までのリーグ戦を経て、上位8チームが13日から行われるトーナメントに参加。

料金プランを選択

※楽天モバイルご利用の方にキャンペーン実施中です。詳しくはこちら。
はじめての方は、7月1日~7月8日の期間無料
購入後、いつでも解約可能です。
Official Partner of NBA