お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

南瓜とマヨネーズ

G

女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるために、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。しかし、ツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ-)と偶然、再会を果たす。過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

南瓜とマヨネーズの評価・レビュー

3.5
観た人
43838
観たい人
27196
  • 2.7

    めしいらずさん2021/06/16 11:42

    男女の別れにおいては、男はいつまでもひきずり女はきっぱり断ち切ると言われがちだけれど、勿論その逆だって当たり前にある。主人公は自分にとって辛い方策を選ぶことでしか彼氏を支えている心持ちになれなかったし、支えることでしか幸福を感じられなかった。夢を応援すると言いながらそのじつ寄生し、そんな自分に依存しているように見える。結局それは自分も彼氏も傷つくことであるし、二人の心の距離を遠ざけることでもある。良かれと思ってすることが相手にとっては悉く間違いなのだ。おそらく一緒にいると彼氏もろとも不幸に堕ちていく女性なのだと思う。フラれてからも彼に会えば期待せずにいられない。彼女はきっとこの先も間違え続けるだろう。
    臼田あさ美とオダギリジョーの役どころが余りに似合っていて殆ど素地に見えてしまうほど。

  • 3.5

    ちゃーとさん2021/06/15 17:10

    きっときっかけだっただけで、最初の関係からは前から離れてしまっていたのだと思う。結局、依存していたのは彼女の方だったのかな

  • 3.6

    bluemercenaryさん2021/06/15 14:04

    ヒモ的存在だった彼氏がいつしか離れていく。
    半分以上自業自得。
    余韻がじわじわ来る、さりげないエンディングが本当に良かった。
    冒頭から一貫した不思議な空気感が心地良い青春ドラマは観て損はない秀作。

  • 3.5

    りんごさん2021/06/15 03:05

    距離感って難しい〜。
    相手のためだと思って頑張っても相手はそれを望んでなかったり、結局何がしたかったのかわかんなくなったり、

  • 3.0

    AOIさん2021/06/14 23:56

    ツチダが1番可愛く見えたのがハギオといる時やったような気がするのが切ない。最後仲野太賀の笑顔が可愛過ぎたー!

  • 3.4

    ロックウェルアイズさん2021/06/14 09:27

    先日鑑賞した『街の上で』の中に原作漫画のロケ地巡りのシーンがあったのもあり、前から気になっていたので鑑賞。
    ミュージシャンのせいいちと、せいいちにミュージシャンで居続けて欲しい恋人のツチダ。
    ツチダに音楽を続けて欲しいがために、援交まがいのことをしてまで、お金を稼ぐツチダ。
    そのことがばれ、2人の関係はほぼ終わったが、居場所がないので、2人で同じ屋根の下暮らし続けるおかしな関係に。
    そんな時、土田の前にかつての恋人ハギオが現れ…

    8割ツチダの物語。
    ストーリーは良くも悪くも平坦で、大きな変化というよりは少しずつ変わっていく感じ。
    恋愛経験小学生レベルの自分は、「で?だから?」となってしまったけど、これが現実なのでしょう。
    もう少し人生経験積めば印象も変わってくるのかな?
    ただ『花束みたいな恋をした』のように、ちゃんときっぱり別れてから、何かから解き放たれたかのように吹っ切れる、というのは良かったです。
    そこからのラストもとても良い感じ。
    ツチダを演じた臼田あさ美さんは清楚な感じと生々しく生活感溢れる感じが、過去と現在ではっきりわかるほど演じ分けられており流石でした。
    若葉さんと太賀さんはもう完全に好きになりました。

    ツチダとハギオが再会した夜、いい感じになったあのシーン。
    ツチダが「実はわたし、付き合ってた時にハギオの子供妊娠してた」と言い出し、「おろしてあげた」と言う。
    ハギオは「ふーん、そんなヤってたっけ?」と他人事。
    これはちょっと受け付けなかった。
    おろして“あげた”って何だよ。
    まあ、物語なんで熱くなってもしょうがないですが、ちょっとこの辺のやり取りで興ざめ。
    あと、音楽監修がやくしまるえつこさんらしいんですが、やくしまるえつこっぽさをもう少し感じたかった。
    あんま下北感も伝わってこないし。

    振り返ってみると、何があったのかよく思い出せない93分。
    いづれ観返そうと思いました。

  • 3.5

    あいりさん2021/06/14 04:30

    「せいちゃんから振ってくれないかな。」ってセリフが痛い程よくわかった。責任を全て相手に押し付けてるだけなんやろうけど。
    太賀がとにかく良い。特に最後の歌のシーンが沁みた。

  • 3.8

    みちゃんさん2021/06/14 00:10

    なんか全体的に登場人物にイライラしてしまった。
    ハギオ性格クソすぎる、、でもこういうちゃらんぽらんで適当に生きてる人ってなんでか分かんないけどモテるんだよな、、って思いました。

    映画の「愛がなんだ」に話が似ている気がしました。

  • 3.8

    soraさん2021/06/13 13:56

    せいちゃんから振ってくれないかなって気持ち分かる。自分から断ち切って嫌われる勇気がなくて、相手に責任を持たせたい、みたいな。二人を選ぶ立場から優位な気持ちになりながらなにもできなくて浸ってるのもなんかせつない。

  • 3.6

    hmyさん2021/06/11 22:17

    周りから肯定される恋愛以外はダメみたいな風潮、別にいいやんって思っちゃうな。
    ネガティブも楽しもうよ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る