お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

羊と鋼の森

G

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。生み出された音は、「森」の匂いがした―

将来の夢を持っていなかった主人公・外村は、高校でピアノ調律師・板鳥に出会う。彼が調律したその音に、生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れる。ときに迷いながらも、先輩調律師・柳やピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。そして、ピアニストの姉妹・和音と由仁との出会いが、【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

羊と鋼の森の評価・レビュー

3.5
観た人
12059
観たい人
10048
  • 3.3

    tuki53さん2021/08/03 22:37

    ピアノしてる人は響くよなー弾きたくなる!
    今TOKYO MER見てて、鈴木亮平と仲里依紗の組み合わせが好きだから嬉しかった🤣

  • 4.0

    ゆうかぴょんさん2021/08/03 19:11

    映画館で見たかったなー。

    調律師さん、家によく来てくれてたけどこんな想いでやってくれてたんだなと知れて良かった。
    ピアノ弾きたくなった。

    *2021年39本目

  • 3.7

    WESTさん2021/08/01 00:53

    ピアノの調律師のお話。
    私的に良い作品だと思いましたが、分かりづらい表現をしているから評価低いのかなと思う。

    外村の頼りなさからだんだん自信をつけていくところとか感情移入しやすいし、
    ピアノの響きを森のせせらぎに例えて表現してるのは好きでした。

    吉行和子の台詞無しでも存在感が半端ない!

  • 3.5

    えすさん2021/07/31 00:30

    とても温かくて

    社会人1年目の
    この時期にピッタリな作品

    先輩方の台詞が
    私の心にグッときた


  • 3.4

    Yuiさん2021/07/30 08:13

    原作の本が好きで本読んでからだったけど、雰囲気はそのままで良かった。
    萌音ちゃん萌歌ちゃんのピアノうますぎでビックリした!

  • −−

    Shinさん2021/07/29 18:18

    ピアノの調律師として挫折しつつ、成長していく様子がわかりやすかった。

    けど、森とピアノの関係性をもう少し明確にして欲しかったな。
    自然の音、自然の美しさと、ピアノの音色とかを表現してるんかな?その辺の描写はちゃんとしてほしかったな。

    後半、萌音の話みたいになってたのがマイナスだったな。
    入れ込みすぎちゃう?

  • 3.6

    らぐさん2021/07/29 18:11

    原作未読。
    一見、地味に見えるけれど、堅実さと上品さと真面目さを併せ持った映画でした。

    特に、息がピッタリ・上白石萌音/萌歌姉妹だからこそのピアノ連弾シーンは圧巻。

    ただ、全体的に流れる空気が落ち着いていて静かなので、疲れた状態で鑑賞してしまうと寝ちゃうかも…

  • 3.8

    Zuratanさん2021/07/29 12:46


    繊細で綺麗な映画。

    エンディングいいなと思ったら久石譲と辻井伸行だった。
    小説版の方は言葉がより美しく表現されて
    いるので、そちらも是非。

    "僕はその音に憧れてここにいる。”

  • −−

    せんなさん2021/07/25 20:13

    しんみりといい映画!

    調律師の物語ということで、ピアノの音をたくさん聴けるので耳が幸せでした。曲を弾いてるのももちろん良いのだけど、ピアノの音単音をこれだけ多く聴けるのは、ほかの映画ではなかなか無くて素敵です
    硬い音・柔らかい音とか、正直違いはなんとなくしか分からないけど、存分にピアノの音を聴かせてくれる見せ方に惚れ惚れしました

    小説原作らしく、文学的な表現が多くて、それを違和感なく映像に落とし込んでるように感じました。特に森のシーンが印象的だった。心に響いた台詞もとても多く、何度も見てもっと解釈を深めたいし、原作も読んでみたいです

    自分に自信が持てなくて、たくさん失敗も重ねるんだけど、悩みながらもまっすぐに調律師としての仕事と、ピアノを弾く人たちと向き合っていく、外村を演じる山崎賢人が見事でした。外村の周りの人々がみんなあたたかく見守ってくれているのもあって、失敗にハラハラしつつも、こちらも外村を「がんばれ…!」と応援しながら観ていました。
    優しくて頼もしく、時には厳しく外村を導く、鈴木亮平演じる先輩調律師・柳がとても魅力的!紋付袴姿が崇めたりライブハウスのシーンなんて完全に柳さん中心の物語だったし、とても重要で魅力ある役だった眼福…!

    森永悠希が出てくるパートがすごく好き。あのシーンの最後の笑顔。あれひとつであの場の2人がどちらも救われてるのがわかって心動かされました。

    映画全体を通して描かれる、佐倉姉妹パート。外村が初めて2人と出会う場面、あの一瞬の立ち居振る舞いとピアノの音だけで2人のキャラクターをこれ以上ないくらいきっちり表現しててすごい…!ピアノの音色ってあんなに変わるんだ
    お互いを思いやって、自分の才能に悩んで。そんな2人が最後に出した結論。ラストシーンに心が晴れやかになりました。

    エンドロールへの入り方も好きだった。ラストシーンから響き続けるピアノの音で、最後の最後まで聴き惚れることができました。

    ピアノに向き合う人々の思いとピアノの音を、じっくり堪能できた映画でした

  • 4.0

    ばずっとさん2021/07/22 17:40

    ピアノの世界とはあまり馴染みがないからどうかと思ったが、思った以上に楽しめた。
    上白石姉妹の仲の良さがホンマに良かった。この映画を感動さすのに一役買っていた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る